ここからサイトの主なメニューです

Home > 外国人留学生関連情報 > 学習・研究支援

外国人留学生関連情報

学習・研究支援

授業の履修

外国人留学研究生は、研究期間中は必ず1週間に5科目(10時間)以上の科目を履修しなければなりませんので、指導教員の指導のもとに研究計画をたて、履修科目を決定してください。
履修を決めた科目については、やむをえない理由がある場合を除き、欠席は認めません。必ず授業に出席してください。授業の欠席が続くと、在留資格を失い帰国を命ぜられる場合があります。やむをえず授業を欠席する場合は、指導教員に相談してください。

指導教員の初回指導日

研究期間はじめのオリエンテーション時に、指導教員の初回指導日をお知らせします。以下の内容を話し合ってください。
(1)研究課題の確認と研究計画の設定
(2)履修科目の決定
(3)履修科目の単位修得について

単位の修得

通常、履修している科目の単位は認定されません。ただし、希望者については、日本語能力を考慮して、指導教員の同意があれば、履修している科目の単位を修得することができます。単位修得を希望する方は、指導教員と相談のうえ、教務課で手続きを行ってください。
※単位を修得できない科目もありますので、ご注意ください。

定期試験 【単位修得を希望する場合】

単位修得の手続きを行った方は、各学期末に実施される定期試験を受験してください。履修科目の成績については、翌学期開始時に「履修単位通知書」(成績表)を配付し、お知らせします。

「研究報告書」の提出

研究期間を満了する時には、「研究報告書」を提出しなければなりません。定められた期日までに教務課へ提出してください。研究期間を満了し「研究報告書」を提出した方には「研究期間証明書」を発行します。

成績に関する証明書の発行

研究期間満了時に本学での成績に関する証明書を発行し、所属大学へ送付します。
所属大学での修了時期の都合等で、研究期間途中に証明書を発行する必要がある場合は、教務課へお問い合わせください。

響流館『利用証』

響流館にある図書館や総合研究室に入室するときは『利用証』が必要です。入学後のオリエンテーション時に配布します。
詳細は、教育研究支援課(響流館1F)までお問い合わせてください。

学内ネットワークシステム『OUNET(オーユーネット)』 アカウント

図書館、総合研究室、慶聞館PC設置教室ではパソコンが自由に利用できます。
学内のネットワークシステム『OUNET(オーユーネット)』を利用するためには、アカウントが必要となります。ので、OUNET利用説明会に必ず出席してください。
なお、アカウントを取得する場合には、外国人留学研究生証が必要です。 
詳細は、教育研究支援課(響流館1F)までお問い合わせてください。

語学学習支援室「GLOBAL SQUARE」

留学生のためのバザーや、日本人学生との文化交流行事を実施しています。
日本人学生との交流や自習など、気軽に利用してください。

Home > 外国人留学生関連情報 > 学習・研究支援

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです