ここからサイトの主なメニューです

Home > 外国人留学生関連情報 > 資格外活動

外国人留学生関連情報

資格外活動

資格外活動(アルバイト)申請について

留学生の皆さんの日本での活動目的は、研究や学習であり、そのための在留資格「留学」ではアルバイトはできません。
事前に資格外活動の許可を受けることにより、週28時間以内(長期休暇では1日8時間以内)のアルバイト活動を行うことができます。
本学では、学生支援課が取りまとめて入国管理局へ申請取次を行います。
※「資格外活動許可申請」については、本学職員が申請取次を行うので、留学生が直接入国管理局へ申請することを原則として認めません。

はじめてアルバイトをする方は、まず指導教員へ研究の支障とならないか相談してください。
指導教員が特に支障ないと判断したら、学生支援課で申請書(学術交流協定校の留学生は別様式の本学所定申請書もあります)を配付します。
申請書のほか、学生支援課が入国管理局京都出張所へ申請する当日にパスポートおよび在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書)を預かります。
入国管理局にて資格外活動許可が下りたら、パスポートと在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書)をただちに返却します。
資格外活動許可の有効期限は、在留期間の期限と同じです。在留期間更新・在留資格変更の場合は、改めて資格外活動許可申請を行わなければなりません。

アルバイト先(本学以外の場所)が決定すれば、本学所定様式による「アルバイト証明書」を学生支援課まで受け取りにきてください。アルバイト先にアルバイト内容・労働時間等を証明してもらい、学生支援課まで速やかに提出のこと。
アルバイト先が追加となったり変更したときも、その都度アルバイト証明書を取ってください。

用意するもの (1)資格外活動許可申請書【学生支援課にあります】
(2)パスポート【学生支援課が預かって入国管理局に提示します】
(3)在留カード    
(4)アルバイトの内容を証明するもの【職種・勤務時間・賃金等明記されたもの】
(すでに資格外活動許可を持っていて、アルバイトを行っている人のみ)

詐欺に注意!

「資格外活動の範囲外のアルバイトを斡旋できる」と留学生を雇用し、働かせたあとで脅すという詐欺事件が発生しています。認められていない業種や認められていない場所でのアルバイトは厳禁です。

Home > 外国人留学生関連情報 > 資格外活動

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです