ここからサイトの主なメニューです

Home > 外国人留学生関連情報 > 在留資格

外国人留学生関連情報

在留資格

在留期間の更新

留学生(在留資格「留学」)として日本に在留を許可される期間は、法務省入国管理局により、3月、6月、1年、1年3月、2年、2年3月、3年、3年3月、4年及び4年3月のいずれかに決定されます。 なお、3月の場合は在留カードが交付されません。
在学中に在留期限を迎える場合もしくは、進学・研究期間延長等で引き続き研究活動を行い日本に滞在するときは、在留期間更新の手続きが必要です。
入国管理局は、在留期限の日の3ヶ月前から更新許可申請を受け付けますので、在留期間の満了する当日までに、必ず手続きを行ってください。
手続きを怠り、在留期限を一日でも過ぎて滞在すれば「不法滞在」として扱われ罰せられますので、くれぐれもそのようなことなきようご留意してください。

用意するもの (1)在留期間更新許可申請書
用紙は入国管理局で入手、または法務省ホームページからダウンロード
※申請書のうち、「所属機関等作成用1.2」については、学生支援課で作成
 します。
(2)パスポート
(3)在留カード
(4)日本での生活経費支弁能力を証明する書類
   (奨学金受給証明書、預金通帳の写し等)
(5)手数料4,000円(2014.2現在)
(6)写真1枚(4cm×3cm 最近3カ月以内に撮影)
(7)その他(入国管理局の判断により他の書類等を求められる場合)

上記に加えて、下記の証明書が必要

正規課程在籍者
【大学院/文学部】
在学証明書(①)/成績証明書(②)
非正規生
【留学研究生】
研究期間予定証明書(①)/研究内容証明書(②)
科目等履修生(単位修得者のみ):「単位修得証明書」
進学予定者
【大学院/文学部/留学研究生】
入学許可書等(③)
問い合わせ先 ①学生支援課
②教務課
③入学センター

※大学が発行する各種証明書は、申込日より事務休止日を除き2日後に発行します。

在留資格の更新

留学生(在留資格「留学」)として日本に在留を許可される期間は、法務省入国管理局により、3月、6月、1年、1年3月、2年、2年3月、3年、3年3月、4年及び4年3月のいずれかに決定されます。 (3月の場合は在留カードが交付されません)
在留期限を超えて、進学・進級・研究期間延長等で引き続き研究活動を行い日本に滞在するときは、在留期間更新の手続きが必要です。入国管理局は、在留期限の日の3ヶ月前から更新許可申請を受け付けますので、在留期間の満了する当日までに、必ず手続きを行ってください。
手続きを怠り、在留期限を一日でも過ぎて滞在すれば「不法滞在」として扱われます。

Home > 外国人留学生関連情報 > 在留資格

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです