ここからサイトの主なメニューです

Home > 外国人留学生関連情報 > 就職支援

外国人留学生関連情報

就職支援

在学している留学生への就職支援について

●日本で就職を希望する留学生は、キャリアセンターが企画する、在学生対象のすべての就職支援企画に参加することができます。
●キャリアセンターには、学内国際交流チームのメンバーがおり、留学生の就職については個別に相談に応じ、また希望者には求人紹介を行っています。
●留学生対象の学外企業セミナー等の案内を個別に紹介しています。
●至誠館キャリアセンターの学生向けの掲示板には、留学生向けコーナーを設けており、最新の情報を掲示でもお伝えしています。

就職活動プロセス

日本における就職活動の流れについては、別添PDF「就職活動プロセス」を参照してください。

情報収集は早めに

日本の企業は、新卒者の採用について、優秀な人物を確保するための最大の機会として位置づけています。多くの企業がこのように考えているため、就職活動の準備は早めに取り組むよう心掛けてください。本格的な就職活動は第3学年(修士は第1学年)の後期からスタートしますが、それまでの事前準備も重要です。
就職活動を有効に進めるためには、大学のキャリアセンター以外にも、外国人雇用サービスセンター、学生職業センターなどの公的機関が行う就職活動のガイダンス、インターネットの学生向け就職サイトなどを利用して、就職活動のための幅広い情報収集を行い、積極的に活動を行うことが必要です。面接で失敗しないためには、事前に、自分は将来どんな仕事がしたいのかなど、詳細な自己分析や業界・企業研究を行っておくこと、また、本格的な就職活動を始める前に、興味のある業界や会社の情報を集めるなどの準備をしておくことを心がけましょう。大学や出身国の留学生の先輩へのOB・OG訪問や、日本で就職活動を行う留学生同士の情報交換なども有効に活用して、就職活動を成功させましょう。

志望動機はしっかりと

会社の面接では必ず志望動機が聞かれます。このとき、「有名企業だから」「経営が安定しているから」などの理由では、その面接をパスすることはできません。この会社で自分は何をしたいのか、そして会社にどう貢献できるのかを具体的に説明することが必要です。そのためにも、自己分析、業界・企業研究を早いうちからじっくりと行いましょう。キャリアセンターが企画するセミナーやガイダンスを受講したり、個別面談でアドバイスを受け、志望動機を伝えられるようにしましょう。

就職後の在留資格に留意した就職活動が必要

日本に在留する外国の方々は、在留資格ごとに定められた範囲でしか活動を行うことができません。留学生が日本で就職する場合は、現在の「留学」の在留資格を「人文知識・国際業務」「技術」等の就労可能な在留資格に変更しなければなりません。

卒業後に就職活動をする場合の在留資格

在学中に就職が決まらない場合は、在留資格「就職活動継続を目的とする『特定活動』」180日が与えられます。この在留資格での在留期間更新は、1度しか許可されません。したがって、就職活動目的での滞在は、最長で1年間のみ可能です。その場合、大学からの推薦状や経費支弁書などの手続き書類が必要となります。

在留資格変更許可申請時に必要な書類
①在留資格変更許可申請書
②パスポート及び在留カード(提示)
③在留中の経費支弁証明(送金証明書や通帳の写しなど)
④大学等の卒業・修了証明書
⑤大学等からの推薦状
⑥継続して就職活動を行っていることを明らかにする書類
(就職活動記録、企業の選考結果通知書類など)

※上記⑤の推薦状はキャリアセンターで発行しますが、下記の事項を条件とします。
・大学(大学院を含む)または短期大学部の正規課程卒業・修了者であること。
・「進路・就職システム」に「進路希望」登録を行っていること。
・在留資格変更許可申請時に必要な③と⑥の書類を、推薦状の申請時までに提示すること。
・キャリアセンターで、これまでの就職活動及び今後の就職活動についての面談を受けること。

※推薦状の交付を受けた者は、下記の事項を厳守してください。
・在留資格変更許可後のパスポート及び在留カードを提示すること。
・就職活動の状況を毎月キャリアセンターに報告すること。
・連絡先を変更する際、また帰国する際には、キャリアセンターに報告すること。
・資格外活動を行う場合には、許可される範囲内で行うこと。
・日本国法令を遵守すること。

内定後から採用までに期間がある場合は、「一定期間ごとに連絡を取ること」等を条件に滞在が可能となります。この場合、「就職活動継続を目的とする『特定活動』」から「内定後採用までの在留を目的とする『特定活動』」へ在留資格変更許可申請を行う必要があります。
内定を得たら、必要書類をそろえて、原則的には1月以降(東京入国管理局は12月以降)に住所を管轄する入国管理局へ申請し、入社前に在留資格変更の許可を受けておかなければなりません。手続きの不備により不許可にならないよう、必要となる情報について、正しくかつ適切な時期に把握しておくことが重要となります。

インターンシップの活用

本学には3種類のインターンシップ・プログラムがあり、厚生労働省でも「留学生向けインターンシップ」を実施しています。「働くことのイメージをつかみたい」「自分がどんな仕事に向いているのか知りたい」「勉強していることが社会で通用するのか知りたい」など、みなさんが抱いている疑問や不安を解消するためにも、興味のある業界や職種のインターンシップには積極的に参加しましょう。厚生労働省実施のインターンシップは、期間中の傷害・賠償責任保険を国が負担します。

就職活動のスタート

文学部第3学年、修士課程第1学年の2月以降になると、多くの企業で筆記試験や面接が開始され、10月1日以降に企業から正式な内定が通知されますので、そこまでが勝負です。ただ、文学部第4学年、修士課程第2学年の秋以降にも追加で採用活動を行う企業もあり、翌春の卒業直前又は卒業後にも採用される場合もありますので、あきらめずに就職活動を続けることで、日本での就職を実現してください。内定を得られていない留学生や、就職活動に不安を感じた際には、キャリアセンターに遠慮なくご相談ください。

Home > 外国人留学生関連情報 > 就職支援

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです