スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 入試情報 > 入試のポイント・変更点

入試情報

入試のポイント・変更点

知れば、チャンスが広がる。 【AO入試】[セミナー型(専願制 ※面接受験以降)]文学部:歴史学科|社会学部:現代社会学科・コミュニティデザイン学科|教育学部:教育学科 幼児教育コース/[学科論文型(専願制)]文学部:真宗学科・仏教学科・哲学科・文学科・国際文化学科 【自己推薦入試(専願制)】全学部全学科 【公募制推薦入試(併願可)】全学部全学科 【一般入試】全学部全学科:[第1期]・[第2期]・[第3期]/[大学入試センター試験利用入試]前期・後期

自己推薦入試[専願制]

POINT 1:自らを推薦してもらう、面接重視の入試です。

大谷大学の自己推薦入試は、面接を重視し、受験生の「大谷大学で学びたい」という意欲を評価する入試です。各学科が指定する「自己推薦項目」に基づいて、志望理由や自己推薦〔自己PR〕、入学後の学習計画などを記入した「自己推薦書」を出願時に提出。その内容をもとに面接を行います。

本学の学部・学科・コースを選ぶ理由:本学で何を学びたいのか、なぜその学部・学科・コースを選ぶのか、志望理由をまとめます。/自らが得意とする分野や経験、そして熱意を伝える力:自分の経験、性質、技術、関心など、それがどのように志望学部・学科やコースに合うのかをPR。そして「どうしても学びたい!」という熱意を表現します。/知的探求心と入学後のビジョン:入学後の学習計画をまとめます。知的探求心と学びのビジョンが求められます。

POINT 2:インターネットで出願できます。

インターネットから24時間出願可能で、志願票記入や入学検定料の計算が便利です。自己推薦書のダウンロードも可能です。

インターネット出願ページ(外部ページ)は9月上旬よりアクセスできます。

POINT 3:高等学校等からの推薦書は不要。社会人も受験可能です。

求める人物像は、「本学の教育理念をよく理解し、本学で学ぶことに強い意欲を持った人物」。ですから、高等学校等の成績は問いません。社会人の方の受験も可能です。

自己推薦入試 詳細 入試要項等ダウンロードページ
MOVIE:自己推薦入試の受験をめざす方にオススメ!関連ムービー
大学案内/入試要項の資料請求はこちら【お問い合わせ(大谷大学入学センター)】075-411-8114[受付時間:平日 9:00-17:00]

PAGE TOPに戻る

AO入試[専願制 ※セミナー型は面接受験以降]

POINT 1:学びの取り組みの中から人物を選ぶ、育成・教育型の入試です。

大谷大学のAO入試は、まるで授業。学力を測るだけの一発勝負の入試ではありません。受験生と大学が複数回やりとりを重ねるなかで、受験生自らが課題を見つけ、調べ、考え、伝える力を養います。受験中にも学びながら成長し、学部・学科の研究内容を理解しながら受験していく、育成・教育型の入試、いわば学ぶ力を評価し、合否を判定する入試です。この育成・教育型の入試で選抜するのは、「大谷大学をもっとすごくしよう」という気持ちを持った人たちです。
オープンキャンパスで入試対策の講義を実施しますので、積極的に利用しましょう。

大谷大学 オープンキャンパス2018 総合案内ページ

POINT 2:学部・学科によって「セミナー型」と「学科論文型」に分かれます。教育学部教育学科 初等教育コースのAO入試は実施しません。

  • 【セミナー型】対象学部・学科:(文学部)歴史学科/(社会学部)現代社会学科・コミュニティデザイン学科/(教育学部)教育学科 幼児教育コース

    ●出願にあたってセミナーを受講することが必要です(事前申込要)。
    ●グループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションなどの取り組みに重点をおいて判定します。

    AO入試 セミナー型 セミナー参加申込
    AO入試 セミナー型 詳細

  • 【学科論文型】対象学部・学科:(文学部)真宗学科・仏教学科・哲学科・文学科・国際文化学科

    ●セミナーはありません。
    ●論文を書く力や添削後の伸び幅に重点をおいて判定します。


    AO入試 学科論文型 出願書類ダウンロード
    AO入試 学科論文型 詳細

MOVIE:AO入試の受験をめざす方にオススメ!関連ムービー
大学案内/入試要項の資料請求はこちら【お問い合わせ(大谷大学入学センター)】075-411-8114[受付時間:平日 9:00-17:00]

Home > 入試情報 > 入試のポイント・変更点

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです