ここからサイトの主なメニューです

Home > 入試情報 > 就職内定者インタビュー記事 2013「わたしの未来ノート」

入試情報

就職内定者インタビュー記事 2013
「わたしの未来ノート」

人文系の学びの中に、見えてくるわたしの未来:今、あなたはどんな「未来」を思い描いていますか?

このページに掲載している情報は、公開当時(2013年度)のものです。


イメージ:キャンパスライフ 人文系の分野を学びたいけれど、就職は大丈夫かな…
大学卒業後のイメージがわかなくて、不安を感じている人も少なくないかもしれません。
この春、大谷大学から社会へと大きくはばたいた先輩たちが、在学中にどんなことを考え、どんなふうに過ごしていたのか。先輩たちの経験が、きっとあなたにヒントをくれるはず。
あなたの未来のこと、一緒に考えてみましょう。

プロフィール

金田真実さん:文学部 人文情報学科 2012年度卒業(・高校卒)

金田 真実(かねだ・まみ)

京都府・大谷高校卒。理系と文系の間のような「人文情報」学科に興味をもち、大谷大学に入学。/文学部 人文情報学科 2012年度卒業。就職活動を始めた頃は、業種を絞らずに興味のある企業や職種を見ていたが、大学のアルバイト検索システムで見つけた短期アルバイトきっかけにイベント業を知り、志望。/株式会社コンベンション リンケージ 勤務(コーディネーター)。





平野絢子さん:文学部 哲学科 2012年度卒業(・高校卒)

平野 絢子(ひらの・あやこ)

静岡県・藤枝明誠高校卒。さまざまな歴史的名所が身近にあって、物事を深く考えられそうな京都で哲学を学ぶことができる大学を探し、大谷大学に入学。/文学部 哲学科 2012年度卒業。5年後・10年後も成長が期待できることから、エネルギー業界を志望。特に、就職した会社は女性が活躍できる点に惹かれた。就職活動時には、キャリアセンターをフル活用した。/伊藤工機株式会社 勤務(営業)。





谷元亮友さん:文学部 歴史学科 2012年度卒業(・高校卒)

谷元 亮友(たにもと・りょうすけ)

福井県・敦賀高校卒。小学校の頃から歴史が好きで、文化財の多い京都で、歴史を身近に感じながら学びたいと思い、大谷大学に入学。/文学部 歴史学科 2012年度卒業。インターンシップで病院の事務を体験したことがきっかけとなり、その仕事に興味を持った。就職活動時にはキャリアセンターのスタッフはもちろん、友人や先輩の体験談も参考にした。/市立敦賀病院 勤務(総務企画課)。





START > 大学時代を振り返って

Home > 入試情報 > 就職内定者インタビュー記事 2013「わたしの未来ノート」

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです