スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > TRI2019

OTANI TALK

TRI2019

OTANI TALK TRI '19 記事一覧

伝統と新しさを備えた、大谷大学での学び。:大谷大学は開学以来めざしてきた理念をさらに鮮明化するため、2018年4月より3学部体制へと生まれ変わりました。新体制の大谷大学と共に新しく谷大生活をスタートさせた学生たちは、2年目の歩みを進めています。新しい時代を担うであろう彼らがこの1年間、大谷大学でどのような気づきを得、学びを深めてきたのか、また、どのような自分になりたいのか。各学部を代表し1学科から、2年生の学生2名と先生1名にホンネで語り合ってもらいました。

OTANI TALK TRI '19 ARCHIVES

  • 文学部:(先生)廣川 智貴 × (2年生)赤松 将成 × (2年生)吉川 愛理寿

    大谷らしいグローカルな国際人に

    コースが再編されて初めての入学となった赤松君と吉川さんは、それぞれ、ドイツ語と中国語を頑張っています。自分で選択することの自由さと重みを認識しながら、それぞれの言語の世界にどっぷりと浸って、意欲的に語学を学んでいます。難しいながらも楽しい授業を通して、将来は語学を生かした仕事をしたいと希望するようになりました。大谷大学で国際文化を学んだ者として将来どう活躍していくのか、先生の期待を受けながら、着実に歩を進めています。
    OTANI TALK TRI 文学部 対談ページ|(先生)廣川 智貴 × (2年生)赤松 将成 × (2年生)吉川 愛理寿 : 大谷らしいグローカルな国際人に ≫

  • 社会学部:(先生)柴田 みゆき × (2年生)後藤 望月 × (2年生)森本 達也

    最新技術を学んで思いやりを感じられる社会をつくる

    自分に足りないものを補うために、苦手なことにもチャレンジしている森本君と後藤さんは、2年生になり、授業が面白かった先生のゼミを選びました。それぞれ熱心に取り組んでいる活動があり、忙しい日々を送りながらも、新しい技術を取り入れてモノを生み出す過程にワクワクしています。技術を使うことで人間は本当に幸せになれるだろうかと反芻することの大切さを教えられ、今まで以上に人とのつながりの温かさに意識を向けています。
    OTANI TALK TRI 社会学部 対談ページ|(先生)柴田 みゆき × (2年生)後藤 望月 × (2年生)森本 達也 : 最新技術を学んで思いやりを感じられる社会をつくる ≫

  • 教育学部:(先生)塩見 知利 × (2年生)井上 広陸 × (2年生)岡村 英里子

    プロになるための4年間を自信に変える

    「大学で楽しいのは、図工の授業!」と言い切るほどお気に入りの授業を提供してくれるのは、元映画監督志望のユニークな先生。自由度が高くてのびのびできる図工の授業をはじめ、懇切丁寧に教えてもらえるピアノの授業などをこなしながら、井上君と岡村さんは、幼稚園教諭か保育士になることを目指しています。ただ先生になるだけではなく、何か特技を持った先生に。子どもたちの将来を考えてあげられる先生に。2人の夢は、どんどん具体性を帯びてきています。
    OTANI TALK TRI 教育学部 対談ページ|(先生)塩見 知利 × (2年生)井上 広陸 × (2年生)岡村 英里子 : プロになるための4年間を自信に変える ≫

Home > OTANI TALK > TRI2019

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです