ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > Advance2019 > 哲学科 p.02

OTANI TALK

Advance2019

哲学科 p.02


このページに掲載している情報は、取材当時(2018年度)のものです。

02:映画や漫画を題材にする授業

脇坂:1年生の時に考えていたことと変わったことはありますか?

村岡:本当にいろんな人の意見を多方面から聞いてきたので、こういう考え方の人もいるんだなって、視野が広がったと思います。

村岡さん

脇坂:特に哲学科はいろんな人がいるよね。

村岡:人数少ないのに個性的ですよね。同い年だけじゃなくて後輩もユニークで。後輩はみんな勉強熱心な人が多くて、見習わないといけないなって思います。

脇坂:学年によってカラーがあるんだよね。2年生以降でおススメの授業はありますか?

村岡:藤枝先生の「人間学」。『マトリックス』とか『山椒大夫』とか、映画をたくさん観て、その中で哲学的なものを見つけるみたいな。「こういう哲学の話題があります」って先にテーマを紹介してくれて、その後に「これを観たらわかりやすいよ」って言って映画を観るって感じです。授業中に泣きそうになったこともあります(笑)。

脇坂:今までどんなテーマをやったの?

村岡:確か、「幸福とは何か」ってことだったかな?自分の利益が全部なくなった主人公に幸福はあるのか、とか。『山椒大夫』に出てくる安寿は、お母さんを探すためだけに持ってたものを全部捨てたんだけど、そこに幸せはあるのか、って。

脇坂:幸せの問題で『山椒大夫』を扱ったのかあ。藤枝先生、準備大変やっただろうなあ。映画がめちゃくちゃ好きやないとできないなあ。

村岡:藤枝先生、目がキラキラしてました。めっちゃ映画好きなんやと思います。

脇坂:他に何かおススメの授業はありますか?

村岡:釆睪先生の「日本ポップカルチャー論」です。『君の名は。』とか『まどマギ(※)』とか、アニメや漫画を題材にして、それがどういう位置づけになるのかとか。

脇坂:へえ、釆睪先生、そういう授業をされるんだ。

村岡:面白い話を前振りにして、授業につなげていく先生が多いですね。

脇坂:すごく準備をしてるんだと思いますよ。大谷大学には、そういうのがうまい先生が多いよね。でも私はできないなあ。仕方ないよね、それぞれだから(笑)。

脇坂先生

(※まどマギ……『魔法少女まどか☆マギカ』。2011年1月から4月まで毎日放送(MBS)ほかで放送されたテレビアニメ作品。)



OTANI TALK 2017 哲学科 対談ページ|(先生)門脇 健 × (学生)村岡 桜 : 大学生的な、あまりに大学生的な充実度 ≫

Home > OTANI TALK > Advance2019 > 哲学科 p.02

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです