ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > Advance2019 > 歴史学科 p.04

OTANI TALK

Advance2019

歴史学科 p.04


このページに掲載している情報は、取材当時(2018年度)のものです。

04:大学と家と語学学校とライブ

井黒:今打ち込んでいることは何かある?

中原:英会話学校に通って、英会話を習ってます。人と喋るのが苦手だってこともあるし、英語ができると世界が広がるので。

井黒:へえ。英会話学校だから、もちろんお金払ってるんだよね?結構高いでしょ?そう考えると、これまでの語学の授業がもったいなかったなって思わない?大学の英語の授業って、すごい良い機会だからさ。もう一回学生生活をやるなら、語学の授業をすごくいっぱい取るよ。その時間を使って先生と喋ってれば、それだけで学費の元が取れる気がする。

中原:僕、授業形式だとダメなんですよね。語学学校は先生と僕ら2,3人くらいの小さなグループで、先生が話を振ってくれるんで。

中原さん

井黒:それは自分の取り組み方だよ。学生の頃は「あ~、必修だあ」とか思って語学の授業が面倒だと思ってたんだけど、今はこんな機会があるんだったら生かさないともったいないって思うね。俺らみたいに世界史を研究する人間にとっては、外国の言葉を学ぶのは本当に必要だと思うよ。そして外国語をやるときは、その言葉で理解しちゃった方がいいね。例えば外国語で何かを言われたとき、いったん日本語に直してるでしょ?「日本語ではこういうことだ」って変換してるんだよね。そしてその返事をするときは、日本語を他の言葉に変換するから、2回変換してるんだよ。それは漢文を読むときも同じで、「日本語だったら」って考えてるでしょ。その途中で意図せずに自分自身の思いとか経験を織り込んじゃってるわけ。だから本当は、自分の文化を介在させないでそのまま理解しちゃうといいんだけどね。まあ授業もあって英会話もやって、なかなか勉強好きだね。

中原:好きでやってることなので。

井黒:バイトは?

中原:してないです。今のところ仕送りで何とか。

井黒:じゃあ時間は結構あるの?学校と家との往復で、たまに語学学校でしょ。学校に行かなかったら何してるの?

中原:本読んでたり、ゴロゴロしてたり。たまに趣味のライブ行ったり。今「乃木坂46」に興味持ってて。夏休みに寮の先輩と一緒に名古屋ドームであったライブに行ったんですけど、あの時はヤバかったですね。5万人くらい来てて、帰りは駅までの道が参勤交代みたいに行列になってました。

井黒:昔からそういうライブとか好きだったの?

中原:そうですね。以前は「AKB48」のファンでした。なんか、恥ずかしいですけど。

井黒:いいじゃん。じゃあ趣味があるんだね。ちょっと安心したよ。ずっと学校と家との往復だけじゃ心配になるからね(笑)。

井黒先生



OTANI TALK 2017 歴史学科 対談ページ|(先生)東舘 紹見 × (学生)中原 大貴 : 教科書では学びきれない歴史の面白さを味わう ≫

Home > OTANI TALK > Advance2019 > 歴史学科 p.04

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです