ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2019 > 文学科 p.01

OTANI TALK

2019

文学科 p.01


このページに掲載している情報は、取材当時(2018年度)のものです。

OTANI TALK 2019 文学部文学科 対談ページ|(先生)泉谷 瞬 × (学生)土手下 汐里 継続が創作における一番の才能
子どものころから百人一首を通して古典作品に親しんできた土手下さんは、文学部を探すなかで、伝統ある大谷大学を見つけました。通学時間はかかりますが、高校生の頃から続けてきた創作を講評してもらう機会も得て、生き生きと授業を受けています。自分では手に取らないであろう作品と出会える授業は、文学研究に臨む姿勢を考える良いきっかけになっています。高校とは圧倒的に自由度の違う学園祭もやり切り、今は次なる目標を探しているところです。

01:今では貴重な文学科を探して

泉谷:大谷大学に興味を持ったきっかけは?

土手下:文学部に入りたくて。日本語の表現の幅を広げたいなと思って文学部を探している時にここを見つけたんです。そうしたら高校の先生が谷大の卒業生で、勧めてもらったので。

泉谷:母校の卒業生に勧められて、っていうパターンは結構多いんですよね。

土手下:あと、私は滋賀県出身なんですけど、県内の大学には文学部がなかったんですよ。

泉谷先生 泉谷:文学部がある大学っていうのは、今や貴重になりつつあるのかもしれないですね。じゃあ文学科一本で考えてたんだね。

土手下:心理学科も考えたんですけど、やっぱり本に興味があったのでこちらにしました。幼少期から本を読むのが好きで、図書館に行ったりして、いろいろ手を出してました。

泉谷:今はどうですか?本を読めてますか?

土手下:なかなか難しいですね。でも忙しかった学祭も終わったので、また読みたいなと思っています。ミステリーが好きなので、夏休みの前までは『シャーロック・ホームズ』シリーズを読んでて、夏休みは、読んだことがなかった『ハリー・ポッター』シリーズを読んでました。

泉谷:日本の作家で興味があるのは?

土手下:東野圭吾さんとかですね。

土手下さん

泉谷:確かにミステリーって面白いよね。そういうところから小説にたくさん入っていく道もいいですよね。もともと文学や小説に興味があった?

土手下:そうですね。国語の授業は好きでした。『羅生門』とか。あとは題名も覚えていないですけど、教科書に載ってたけど授業では扱わなかった作品とかも面白いと思ってました。

泉谷:学校の授業時間は限られているからね。先生としても全部教えたいと思うんだけどね。でもそういうのを興味を持って自分で読むというのは非常に良いと思います。

Home > OTANI TALK > 2019 > 文学科 p.01

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです