ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2019 > 仏教学科 p.07

OTANI TALK

2019

仏教学科 p.07


このページに掲載している情報は、取材当時(2018年度)のものです。

07:顔も知らない子と文通

畠:今、お気に入りのボールペンを使って、顔も知らないTwitterで知り合った友達と文通してます。めっちゃ本名バレてるんですけど(笑)。共通のTwitterの友達から知り合ったんですけど、「文通したいなー」って言ったら「あ、しよ~」ってなって。でも普通やったら住所とか悪用されると思うんで、SNSでの付き合いから現実の関係につなげていくのは、多分やっちゃいかんと思うんですけど。

山本:知らない子にどんなこと書くの?

畠:ちょうど昨日手紙が来てて。東京の子なんですけど、京都国立博物館でやってる「京のかたな」っていう特別展を見に来はったらしくて。ついでに京都の有名なところを全部巡ったみたいで、京都への愛がめっちゃ綴られてました。

山本:そういうのもいいね。自分のペースでできて。Twitterみたいにすぐに返さなきゃいけないとかなくて。

畠:そうなんです。手紙が届いたときのめっちゃうれしい感じが好きで。もっと文通が流行らへんかなって思います。

対談の様子

山本:趣味なんですか?

畠:今文通してるのはその子だけなんで、趣味って言えるほどでは……。

山本:書くことが好きなんだね。

畠:そうですね。感想文とか好きです。

山本:じゃあ書く仕事したら?雑誌の編集者とかコピーライターとか。

畠:私、販売したいんです。人と接していたい。

山本:将来はそういう仕事が良いのか。

畠:はい。人と接する仕事がしたいです。

山本:人の話を聞いたりするのが好き?

畠:好きです。話すのも好きやし、聞くのも好き。「生きてる」って感じします。何か買いに来たおばあちゃんとかと世間話するのがめっちゃ好きで。「今日寒いねー」「そうですね」とかいう話をするのがめっちゃ好きです。

Home > OTANI TALK > 2019 > 仏教学科 p.07

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです