ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2017 > (短)仏教科 p.01

OTANI TALK

2017

(短)仏教科 p.01


このページに掲載している情報は、取材当時(2016年度)のものです。

OTANI TALK 2017 (短)仏教科 対談|(先生)藤元 雅文 × (学生)片岡 明日香 芽生えた疑問は学びの第一歩
実家でも寮でもお経に触れてきた片岡さんですが、折に触れて「大切ですよ」と言われる仏教の言葉が、自分とどう結びつくのかわからないと言います。「まずは疑問を持ち、自分なりに考えることが大事」と言ってくれる先生に背中を押され、より積極的に学ぼうと気を引き締めます。寮やサークルでできた仲間との楽しい時間を大切にしながら、真宗大谷派の教師資格を取ったら国際文化学科に編入し、大好きな英語を思い切り学ぼうと考えています。

01:違和感なく入学し、楽しんでいる

藤元:短期大学部仏教科に入学してこられた理由は何ですか?

片岡:真宗大谷派の教師資格を取りたいと思いまして。

藤元:ということは、お家は……。

片岡:お寺です(笑)。でも兄がいて、大谷大学の3年生なんですけど、多分家を継いでくれると思います。私は、親から「資格は取っておいて」って言われたので。

藤元:それには抵抗はなかったですか?

片岡:なかったです。お寺に住んでるんだってずっと思って来たので。オープンキャンパスにも来て、研究室に行って話をさせていただいたりしました。先生方も寄り添ってくれる感じがして、親しみやすいと思いました。

対談の様子

藤元:それは良いですね。大学に入ってみてどうですか?

片岡:最初は履修登録とか自分で何もかも決めないといけなかったので、難しかったです。でも寮の先輩方にいろいろ教えていただきました。

藤元:相談できる人が身近にいる環境だったんだね。最初は戸惑いもあったと思うけど、いつ頃から慣れてきた?

片岡:ゴールデンウィーク明けくらいからですかね?今はもう全く普通で、一番楽しいのはサークルです。アメリカ民謡研究部っていうカントリー系のサークルに入っています。

藤元:どんなところが楽しいですか?

片岡:みんなでひとつの音楽を作り上げていくところです。やりがいがありますね。みんなフレンドリーですし、ワイワイやりながら音楽の楽しさを知れるサークルだと思います。初心者でも先輩方が優しく教えてくれますし、ギターのコードさえわかればほとんど弾けると思います。

藤元:高校でも部活とかで楽器をやってたの?

片岡さん 片岡:いえ、私は全くの初心者で、高校の時は写真部でした。小さい頃からデジカメで撮るのが好きで。自分の好きなものを取るというのが部のモットーだったので、本当に自由にやってました。

藤元:大谷大学にも、冬になるとタンチョウヅルを撮りに北海道に行きたくてウズウズする先生がいるんですよ。「『共に生きる』を考える」を教えてる藤原先生ですけどね。意外でしょ。機会があればそういう話もしてみると面白いと思いますよ。

Home > OTANI TALK > 2017 > (短)仏教科 p.01

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです