ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2016 > 文学科 p.01

OTANI TALK

2016

文学科 p.01


このページに掲載している情報は、取材当時(2015年度)のものです。

OTANI TALK 2016 文学科 対談|(先生)浦山 あゆみ × (学生)今井 冬馬 変わり者の先生に育てられ、教師をめざす
高校の古文の先生に影響を受け、自らも国語教師になる夢を抱いて大谷大学に入学した今井君は、所属する文学科でも、一風変わった先生方に囲まれて刺激的な毎日を過ごしています。漢字の羅列には苦手意識があるけれど、独創的な世界が広がる中国文学の面白さを説かれ、少しずつ興味もわいてきました。教員免許を取得することを目標に、学校ボランティアに励んで、先生として苦労話ができる日に備えています。

01:面白い授業をしてくれる先生に出会った

浦山:出身はどこ?

今井:奈良県の生駒高校です。

浦山:ちょうどこの夏に行ってきたよ、高校訪問で。すごい坂を上っていくんだよね。

今井:そうそう。めっちゃしんどいところです。

浦山先生 浦山:階段を見た途端、気持ちが萎えたわ。でも見晴らしが良いですよね。あそこで毎日上り下りしてたら鍛えられたでしょ?

今井:そうですね。この前久しぶりに行ったら、ハーハー言ってしまいました。

浦山:大学生になってから行ったのかぁ。そう言えば向こうの先生が「大谷大学に行ってる学生も来てくれる」って言ってました。あれ、君のことやったんや。

今井:どうかなあ?谷大には生駒高校から2人来てるんです。僕は指定校制推薦入試制度で受けたので、誰が一般入試で受けて入ってきてるのかは知らなくて。

浦山:なんで指定校にしたの?

今井:文学科に行きたくて。でもどの学校に行ったら良いかはわからなくて、指定校のリストを見たら大谷大学に文学科があったので。

浦山:文学科って少なくなってるんだよね。言語表象学科とか、そういうカッコ良さそうな名前に変わってるから。文学に目覚めたきっかけは?

今井さん 今井:高校の国語の先生が面白い授業してたから。古文の教え方がうまくてわかりやすかったし。内容を先に教えてから細かく指導してくれました。先に全体の内容がわかってるから、細かい文法もやりやすくて。

浦山:自分も先生になりたいとか?

今井:はい、教職課程を取ってます。せっかく高校で国語って面白いって気づかせてもらったから、自分も高校生にそう思ってもらえると良いな、と思って。

浦山:珍しいね、古文を楽しく教えてくれる先生って。そういう先生に巡り合うのはすごくラッキーだよ。頑張って教職取ってください。

Home > OTANI TALK > 2016 > 文学科 p.01

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです