ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2016 > 歴史学科 p.03

OTANI TALK

2016

歴史学科 p.03


このページに掲載している情報は、取材当時(2015年度)のものです。

03:先輩と一緒に祇園祭でボランティア

松浦:アルバイトは?

丸尾:まだしてないです。

松浦:そうか。経験としてやっておいた方が良いかとも思うけど、まあ学生時代は自由な時間が大事やから、経済的に大丈夫やったらそれはそれで良いかもね。就職したら嫌でも働けるから。

丸尾さん 丸尾:バイトは経験できるならやりたいと思っているんですけど、以前、先輩に誘われて祇園祭のボランティアに行ったんです。ああいう人の役に立てるようなこともやりたいなと思っています。

松浦:へえ、祇園祭のボランティアか。どういうことするの?

丸尾:祇園祭の時は台風が近づいてて雨が降っていたので、合羽を着て外国人の対応をしたり、ごみを拾って分けたりしました。すごく大勢の人が来てて、全国から来た観光客にいろいろ聞かれたりしたんですけど、自分も京都に来て2か月くらいで、地名や通りの名前もまだわからないくらいだったので大変でした。

松浦:今はだいたい道も覚えた?

丸尾:この近辺は何とか。

松浦先生 松浦:京都は道が縦と横やから覚えやすいと思うよ。僕も初めて京都に来た時は地図を買ったよ。結構観光客の方が調べて来はるから、よく知ってたりしますよね。

丸尾:そうなんですよね。場所はわかっても見るべきものがわからん、とかいうのがあって大変でした。時代祭のボランティアも先輩から声をかけてもらってたんですけど、授業と重なってたので行けませんでした。

松浦:経験できることは、時間があるときに何でもやってみたら良いですね。丸尾君は先輩から誘ってもらうことが結構あるんだね。

丸尾:はい。いろんなことに声をかけてもらってます。ありがたいです。

Home > OTANI TALK > 2016 > 歴史学科 p.03

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです