ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2015 > 社会学科 p.01

OTANI TALK

2015

社会学科 p.01


このページに掲載している情報は、取材当時(2014年度)のものです。

OTANI TALK 2015 社会学科 対談|(先生)赤澤 清孝 × (学生)二所宮 岳 自らの強みを生かして高齢者に寄り添う存在に
真宗大谷派の教師資格を取るために谷大で学ぶことに決めた二所宮君ですが、門徒の方々と付き合う中で高齢者を身近に感じ、社会福祉士の受験資格が取得できる社会学科を専攻しました。地域のお年寄りの話を聞きに行って伝記を作成する授業では、緊張もしましたがじっくり話に耳を傾けることができました。今後はフィールドワークの経験を重ね、持ち前の「引き出す力」を生かして社会に貢献できるようになりたいと、研鑽を積んでいます。

01:選択肢を広げた学科選び

赤澤:なんで大谷大学に入学しようと思ったの?

二所宮:実家が寺をやっていて、祖父が昔、僕が大谷大学に入ってくれたら嬉しいと言っていたのをずっと覚えていたんです。それで高校3年生になってからオープンキャンパスに来てみて、見に行ったもう一つの大学より良いなと思って、ここにすることに決めました。一般入試で、3教科型と2教科型で2回受けました。

赤澤:どんなところが良いと思ったの?

二所宮さん 二所宮:キャンパスの雰囲気です。僕は新潟県の上越市出身なんですけど、京都らしい雰囲気が好きだなと思いました。

赤澤:今は四角いビルみたいな建物の大学もあるけど、大谷大学には尋源館とか歴史のある建物もあるし、確かに雰囲気はあるね。でも新潟から谷大に来る人は珍しいんじゃない?

二所宮:新潟は親鸞聖人の流罪地ということで結構お寺が多いので、意外と新潟の人はいると思います。僕も新潟県人会というサークルに入っていて、ほとんど活動はないんですけど、地元の話をしたりしています。新潟は広いから、上越の話をしても通じないこともありますけど。

赤澤:じゃあ入学する前に知り合いもいた?

二所宮:いえ、元からの知り合いは誰もいませんでした。でも入学が決まって住むところを決める時に大学のパンフレットで寮の紹介を見つけて、僕みたいに遠いところから来ている人ばかりなら境遇が同じだから僕も入ってみたいなと思って、寮に入ることにしました。入学式の前日が入寮日だったのでその日に京都に来たんですけど、すぐに仲間ができました。寮生は20人中15人くらいが真宗学科なので、そこから広がっていったりして、他学科にも友達ができました。大学に入って友達をつくるというところが心配だったので、良い仲間ができて良かったです。

赤澤先生 赤澤:大谷大学には実家がお寺の学生のほとんどが真宗学科か仏教学科を選んでいると思うんだけど、二所宮君が社会学科に来たのはなんで?お寺は継ぎたくないと思ったの?

二所宮:いえ、やっぱり大谷派の住職資格が必要だと思って谷大に来たんですけど、社会福祉士の資格がほしくて社会学科にしました。最初は真宗学科と迷いましたけど、まだ決めるのは早いかなと思いまして。社会福祉士と大谷派教師資格の両方を勉強して、4年のうちに2つの資格を取るのがきつくなってきたら、そのときにどちらかを取る形にすれば良いと親とも相談しました。将来も福祉系の仕事に就きたいと思っているので、まずは社会学科に入って、資格を2つ取れるという選択肢を残しておいたら良いかなと思いました。

赤澤:将来のこともしっかりと考えて大学を選んだんだね。

Home > OTANI TALK > 2015 > 社会学科 p.01

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです