ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2015 > (短)幼児教育保育科 p.02

OTANI TALK

2015

(短)幼児教育保育科 p.02


このページに掲載している情報は、取材当時(2014年度)のものです。

02:今一番楽しいことは、大学生活!

藤本:入試はどの方式でしたか?

杉本:私は自己推薦入試です。実はその前にAO入試を受けたんですけど、それには落ちてしまったんです。でも大谷大学一本に絞ると決めていたので、AOがダメだったら自己推薦入試、それがダメだったら一般入試って、ひと通り受けられる順番で受験するつもりでいました。AO入試は倍率も高かったし、エントリーシートを書いたときに、なんで保育士になりたいのかという目的意識がまだぼやけていて、はっきりしないまま出してしまったので落ちたのかなと思って、そこからもう一度大学のことを見つめ直しました。自分はこういう保育士になりたくて、それには大谷大学のこういうところが良いということを明確にして、それで自己推薦入試で合格できました。

対談の様子

藤本:そういう風に自分であれこれ調べて対策を見つけていく姿勢こそ、大学で身につけるべき目標だよね。あなたの場合は、どこが悪かったのかを自分で見つけることができたんだね。課題を発見したらそれを自分で解決していく。大学はそういう習慣をつけていくところだよ。授業以外のときはどんなことをしていますか?

杉本:飲食店でのアルバイトか、ピアノの授業に備えて練習をしたり、課題をやったりしています。1日まるまる休みという日があまりなくて、たまにそういう時があると一人で自転車に乗ってぶらっといろいろなところに行きます。京都は地元と比べて平たんなので、どこへでも行けますね。山登りも好きで、大文字山には2回登りました。

藤本:アウトドア派なんですね。山登りなら、京都では愛宕山が有名ですよ。

杉本:まだ登ったことないです。誘われたらすぐに行くんですけど。大文字山も、最初は大学の野外活動の授業で行きました。それが良かったので、2回目は友達と行って、「大」の字の中心で大の字になって写真を撮りました。楽しかったです。

藤本:充実してるね。今一番楽しいことは?

杉本:大学生活全部です。勉強は大変ですけど、やっぱり自分がやりたい幼児教育について学べているし、同じ夢を持っている友達とおしゃべりするのも楽しいです。今は本当に大学が楽しいです。

Home > OTANI TALK > 2015 > (短)幼児教育保育科 p.02

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです