ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2015 > (短)幼児教育保育科 p.01

OTANI TALK

2015

(短)幼児教育保育科 p.01


このページに掲載している情報は、取材当時(2014年度)のものです。

OTANI TALK 2015 (短)幼児教育保育科 対談|(先生)藤本 芳則 × (学生)杉本 志織 やりがいのある夢に向けて全力投球!
谷大の幼児教育保育科で学びたいと強い希望を抱いていた杉本さんは、AO入試での失敗を分析し、教訓を生かして自己推薦入試でのチャレンジで見事合格、あこがれの大学生活を始めます。実体験を通して子どもの心に寄り添った保育士を養成するカリキュラムや、同じ夢を持つ友達、学び方を教えてくれる教員や先輩、学びをサポートする研究室など、すべてにおいて満足し、楽しく充実した毎日を過ごしています。

01:雰囲気の良さに惹かれて受験を決意

藤本:なぜ大谷大学を選びましたか?

杉本さん 杉本:高校生のとき京都であった進路ガイダンスのイベントに行ったんです。正式な名前はわかりませんが、京都にあるいろいろな大学が集まってブースを出して、各大学の先生方が「ウチの大学はこんなことをやっています」って教えてくれるイベントでした。たまたま大谷大学のブースの前を通りかかったら幼児教育保育科があることに気づいたので「ちょっと話を聞いてみようかな」って思ったのが、大谷大学を知ったきっかけです。

そのときに説明をしてくださった先生がとても親切で、何を聞いてもすごく感じ良く教えてくれて、こういう先生がいる大学ならきっと素敵なんだろうなと思って、イベント直後のオープンキャンパスに行きました。大学の構内に入った瞬間からなんだか温かみを感じて、キャンパスを回るときも学生スタッフの方が本当に親切に案内してくださったんです。他の大学のオープンキャンパスにも行ったんですけど、ここの雰囲気の良さは何か他とは違う感じがして、大谷大学を受験することを決めました。大学のパンフレットやホームページを見て、教育方針とかカリキュラムにも目を通したんですけど、全て魅力的に感じました。

藤本:具体的には、どういうところが魅力だった?

杉本:まずは、小規模なところです。

藤本:確かにね。誰が休んでいるのかもすぐにわかりますし。今は西村先生がお休みされているから、教員は9人ですね。4月から復帰されたら10人になって、ひと学年、先生1人あたり8、9人の学生数なんですよ。これは手厚いよね。

杉本:ですよね。人数が少ないと学生同士でも仲良くなれるし、先生方とも距離がすごく近いです。大学って、怖い教授がいて厳しい授業をやるというイメージだったんですけど、ここは先生と学生の距離が本当に近くて、授業でわからないところはなんでも聞けたり、先生がとても親切にしてくださいます。

藤本先生 藤本:教員をあだ名で呼んだりね。私なんかフジモンって呼ばれてますよ。お笑いのタレントさんと同じなんでしょ? あだ名は構わないけど、せめてそのままじゃなくて、もうちょっと工夫してほしいな。

杉本:呼びやすいし親しみやすいからだと思います(笑)。
それから、男女共学というのも良いと思います。保育学とか幼児教育学があるのは女子大が多いんですけど、やっぱり女子だけじゃなくて男子が混ざることで保育に対する考え方にも違いがあると思うので、そこも魅力的でした。

藤本:力仕事は任せられるしね。今は男子は1割くらいいるかな。確かに共学の幼児教育学科がある大学は少ない印象がありますよね。

Home > OTANI TALK > 2015 > (短)幼児教育保育科 p.01

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです