ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2013 > (短)仏教科 p.01

OTANI TALK

2013

(短)仏教科 p.01


このページに掲載している情報は、取材当時(2012年度)のものです。

OTANI TALK 2013 (短)仏教科 対談|(先生)西本 祐攝 × (学生)小谷 文也 多様な人間関係を深い視点で学ぶ
短仏の学生には高校から進学する人を中心に、一度社会人を経験した人、すでに別の大学で学位を取得した人、キャリアを終えて学び直しに来ている高齢の人など、さまざまな立場の人がいます。実家の寺を継ぐべくやってきた小谷君も、仲間との学びの中で様々な刺激をうけながら、物事を多面的に見る視点を養っています。

01:お寺を継ぐために、大学に入り直した

西本:大谷大学短期大学部仏教科(以下、短仏)を選んだ動機を聞かせてください。

小谷さん 小谷:僕は実家がお寺なんですけど、短仏なら家を継ぐためにどうしても必要な真宗大谷派教師資格が取れるというのが一番大きな理由でした。他に資格に必要な科目のみを履修する資格取得コース(※)もありますけど、短仏に入った方が学びの幅が広がると言うか、取れる授業も多いんです。
(※ 真宗大谷派教師資格を2年間で取得することを目的とし、仏教科の科目等履修生制度に開設されているコース)

西本:教師資格を取るということだと、谷大じゃなくても大谷専修学院とか他の専門学校、あとは大学院もあったりするけど、そこはあまり考えなかった?

小谷:そうですね。専修学院は1年間の寮生活で、それはそれで楽しいかなとも思ったんですけど、やっぱり自分のやりたいことはやりつつ、じっくり勉強もできるというのがいいかなと(笑)。

西本:自分のしたいこともしながら、しっかり勉強もできるというのは大学の一つの特徴ですね。短仏のことはどんなきっかけで知ったの?

小谷:僕はオープンキャンパスにも参加していなくて、インターネットで検索してホームページを見て知りました。ここなら2年間で資格が取れると。

西本:小谷君はすでに他の大学を卒業して、結婚もしていて、家がお寺だから大谷派の教師資格を取ろうと思ってここに入学したんだよね。一見すると、他の学生とは違う感じがするけど実は特別な存在というわけでもなくて、短仏にはわりとユニークな経歴の人が多いですね。2年間で教師資格が取れるということもあって、大学を卒業してから来る人も多くて、学年によっては半分ぐらいがそういう人ということもあります。

Home > OTANI TALK > 2013 > (短)仏教科 p.01

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです