ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2013 > 社会学科 p.03

OTANI TALK

2013

社会学科 p.03


このページに掲載している情報は、取材当時(2012年度)のものです。

03:夢はパラリンピック金メダル

志藤:これから寮を出て一人暮らしをすることになると思うんだけど、中さんはチャレンジャーだよね。子どもの頃から前向きだったの?

 中 :いえ、中学生くらいまでは自分からはあまり出ていきませんでした。何がきっかけになったのかは自分でも覚えていないんですけど、中学くらいからかな。クラブばっかりするようになりました。

対談の様子 志藤:どんなクラブ?

 中 :視覚障がい者の野球とかバレーボールです。視覚障がい者ができるスポーツはほとんどやってて、中3のときに、国体の後に行われる障がい者のスポーツ大会で金メダルをもらいました。

志藤:それはやる気になるね。京都に来てもそういうスポーツはやろうと思った?

 中 :はい。去年パラリンピックで日本が金メダルを取ったゴールボールをやりたくて、できればパラリンピックに行きたいです。ゴールボールは京都が一番盛んだって言われてたので、それもあって京都にある大谷大学にしました。

志藤:じゃあパラリンピック金メダルが目指す目標?

 中 :はい。

志藤:すごいな。じゃあ念願通り京都に来れて良かったね。



OTANI TALK Advance 2015 社会学科 対談ページ|(先生)志藤 修史 × (学生)中  麻 : 忙しさは、真にやりたいことを選ぶためのエッセンス ≫

Home > OTANI TALK > 2013 > 社会学科 p.03

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです