ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > 2013 > 仏教学科 p.01

OTANI TALK

2013

仏教学科 p.01


このページに掲載している情報は、取材当時(2012年度)のものです。

OTANI TALK 2013 仏教学科 対談|(先生)山本 和彦 × (学生)川村 亜沙美 「仏教の大谷」で調べることの楽しさを知る
不本意ながら仏教学科に入学した川村さんは、大谷の真髄である真宗の教えや仏教学に触れて、史料を読むことや経典比較の面白さに目覚めていきます。インドでサンスクリットを学んだユニークな先生のもと、海外への憧れも芽生えてきました。「戦国時代と仏教について掘り下げる」という明確な目標を持って、お気に入りの図書館通いを続ける毎日です。

01:勧められて大谷へ

山本:大学は何を基準に決めましたか?

川村さん 川村:自分がやりたいことができる大学かどうかということと、親に出してもらうので、学費については気にしました。高校の進路部の先生に歴史を勉強したいと言ったら、「大谷だったら歴史も古いし、資料もあるからやりたいことできるよ」と言われたんです。オープンキャンパスには2回来たんですけど、結構小さな大学だなと思いました。

山本:ウチは、大きな高校より小さいよね(笑)。

川村:でも小さいからコミュニケーションもとりやすいし、先生との距離も近いから、人と話すのがあんまり得意じゃない私にはすごくいいのかなという気がしました。

山本:仏教学科に決めた理由は?

川村:本当は歴史学科が希望だったんですけど、第二志望の仏教学科に受かってしまって。どうしようかと迷ったんですけど、歴史は仏教の中でも学べるし、いいかなと思って。今はその選択で正しかったと思います。

山本:私も大谷の出身なんだけど、私は東洋の思想をやりたくてね。調べたらやっぱり大谷が一番充実してていいかなと思って。いろんな人に大谷を勧められたんですよ。大谷なら看板学科が仏教だから東洋思想を学ぶには良いと。仏教なら大谷、というイメージも定着してたし。

大谷には、アカデミックな雰囲気があるでしょ。ここは正門を入ると「学校」っていう雰囲気がある。私はいろいろな大学に行きましたけど、中には工場とか証券取引所のような雰囲気があるところもある。何をするところなんだっていう感じの(笑)。でもアメリカではアカデミックな雰囲気がある大学は、チャペルがキャンパスの中央に位置していたりして、インドでもそうだけど、宗教=学問というところがあって、切り離せないんです。大谷にはそれがある。

Home > OTANI TALK > 2013 > 仏教学科 p.01

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです