スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 入試情報 > オープンキャンパス > 2020年8月 オープンキャンパス

入試情報

オープンキャンパス

2020年8月 オープンキャンパス

2020年度オープンキャンパス  8/1(土)・2(日) 9:45-15:00<終了しました>

【オープンキャンパス開催に関する重要なお知らせ】

本学の8月1日(土)・2日(日)オープンキャンパスにつきまして、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況に鑑みまして、以下の通り一部ご案内の内容を変更します。ご理解のうえ、ご協力をお願いします。

(1)各地域・自治体の要請などを考慮いただき、慎重なご判断のうえ、少しでも不安がある場合、来場をおやめください。
(2)申込のない場合、入構をお断りする場合があります。必ず事前申込のうえ、ご参加ください。下部にある関連リンクから申込フォームに入ることができます。
(3)申込をされた高校生ご本人に限り、各イベント会場に入場いただくことができます。保護者など付添者の方につきましては、イベントへの参加ができませんので、最小限の人数でご来場ください。
(4)今回、ご来場できない方につきましては、8月22日(土)にオンライン個別相談会、8月24日(月)から平日オンライン個別相談を開催しますので、そちらにお申込みください。

今後さらに状況が悪化した場合、各イベントの中止、またはオープンキャンパスの全面中止の判断をすることもございます。今回のオープンキャンパスには遠方からのお出かけはお控えいただき、上記オンライン企画への参加をご検討ください。

以上、ご理解・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

ご参加のお断り マスクの着用 手指の消毒 スタッフが誘導

2020年度オープンキャンパス&進学相談会 スケジュール

大谷大学 オープンキャンパス 総合案内ページ

PAGE TOPに戻る

今回のプログラム紹介

    2日間共通(8月1・2日 両日開催)のプログラム
  • 大学説明会

    時間:
    (1回目)10:00-10:30
    (2回目)11:00-11:30
    (3回目)14:00-14:30
    場所:
    (全回)講堂

    【大学説明/進路就職支援について】

    大谷大学の学部・学科や学びの概要をはじめ、進路就職支援などについてご説明します。

    ※全回、同じ内容です。

    昨年度「大学説明会」の様子

  • 新入試対策

    時間:
    (1回目)11:40-12:30
    (2回目)13:00-13:50
    場所:
    (全回)講堂

    【入試制度紹介/AO入試・公募制推薦入試対策講義】

    大谷大学の最新入試情報について、AO入試、公募制推薦入試の詳細や提出書類の書き方について講義を行います。

    ※全回、同じ内容です。

    昨年度「入試対策」の様子

  • 模擬授業(両日、全学部・学科開講)

    昨年度「文学部文学科 模擬授業」の様子

    普段、大学の授業は、1コマ90分ですが、今回は30〜60分に短縮した模擬授業を行います。谷大生になった気分で本学の授業を受けてみてください。各学科のアドミッションポリシーについても説明します。


    【注目の模擬授業】

    <8月1日>

    ● 国際学部(※)
    [国際文化学科]洋楽を通じてアメリカ社会を考えよう

    ● 文学部
    [仏教学科]仏教って古臭い?

    ● 教育学部
    [教育学科 幼児教育コース]子どもの玩具と遊び -リカちゃん人形の秘密

    ≫ 8月1日 各模擬授業の詳細はこちら

    <8月2日>

    ● 国際学部(※)
    [国際文化学科]楽々に中国語

    ● 人間学
    〈テーマ〉コロナによって明らかになった人間の問題

    ● 社会学部
    [コミュニティデザイン学科]マイクロプラスチック汚染の現状と課題

    ≫ 8月2日 各模擬授業の詳細はこちら
  • 個別相談コーナー

    昨年度「個別相談コーナー」の様子

    時間:
    10:00-15:00
    場所:
    (先生にきく学部・学科別相談)
    慶聞館2階 K215〜220
    慶聞館3階 K316〜319
    (入試相談)
    慶聞館2階 K206
    (なんでも相談)
    慶聞館2階 K207

    【先生にきく学部・学科別相談/学生生活・入試相談/なんでも相談】

    学生生活の不安や学部・学科への疑問を個別に相談できます。大学での学びや入試の相談などあらゆる質問に答えます。じっくり聞いて不安や疑問を解消しよう!
  • 施設見学

    慶聞館(きょうもんかん)

    時間:
    9:45-15:00
    場所:
    【慶聞館】1階:GLOBAL SQUARE(語学学習支援室)/1階:LEARNING SQUARE(学習支援室)/1階:キャリアセンター
    【響流館】B2階〜2階:図書館(見学は1階〜2階)/3階:総合研究室
    【4・5号館】教育学部の学舎
    オープンキャンパス開催中は、大谷大学にあるさまざまな施設を開放しています。この機会にぜひいろいろ見学してください。

PAGE TOPに戻る

模擬授業・詳細内容

    8月1日の模擬授業
  • 【 時間:11:00-11:30 】

    文学部 仏教学科

    ダシュ ショバ ラニ 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K212教室
    講師:
    ダシュ ショバ ラニ 准教授
    テーマ:
    仏教って古臭い?
    数千年前、それもまた日本から大分離れた地域に仏陀の教えは誕生しました。そのような教えを学問として現代に学ぶ必要があるのでしょうか?ちょっと古臭くおもうでしょう!
    現代社会において仏教を学ぶことの意義を仏典の事例から考えてみましょう。

    文学部 歴史学科

    宮﨑 健司 教授

    場所:
    慶聞館2階 K204教室
    講師:
    宮﨑 健司 教授
    テーマ:
    光明皇后の追慕~正倉院宝物の語るもの~
    約1300年前、奈良時代の文化をあざやかに今日に伝える正倉院宝物。そこにはともに波乱の人生を歩んだ聖武天皇と光明皇后の軌跡が深く刻み込まれています。
    本講義では、宝物一つ一つにこめられた、光明皇后の亡夫聖武帝への深い愛情に思いを馳せ、天平時代の息吹にともにふれてみましょう。
  • 【 時間:11:00-12:00 】

    社会学部(現代社会学科・コミュニティデザイン学科 合同開催)

    (左)野村 明宏 教授/(右)松川 節 教授

    場所:
    慶聞館1階 K102

    【現代社会学科】

    講師:
    野村 明宏 教授
    テーマ:
    相反する感情の混在について、社会学はどう考えるか?
    人と人との関係はときに複雑で、「好きなのに嫌い」であったり、「尊敬しているのに憎んでいたり」することがあります。この講義では、社会学の視点からそうしたアンビヴァレント(両面価値的)な感情に焦点を合わせ、社会の中で葛藤を伴いながら自己が形成されるプロセスについて考えていきます。

    【コミュニティデザイン学科】

    講師:
    松川 節 教授
    テーマ:
    「情報」をキーワードにした地域のデザインとは?
    大谷大学社会学部コミュニティデザイン学科は,地域社会のさまざまな事柄に関心を持ち,他者や地域社会,福祉課題に積極的に関わっていきたい学生を求めています。今回は,「情報」をキーワードに地域の活性化に取り組む私のゼミ活動の中から「時代祭プロジェクト」と「駅ナカアートプロジェクト」を紹介しますので,地域の活性化において情報技術の活用がいかに有効であるかを一緒に考えてみましょう。
  • 【 時間:11:40-12:10 】

    国際学部(※) 国際文化学科

    三浦 誉史加 准教授

    場所:
    慶聞館1階 K101教室
    講師:
    三浦 誉史加 准教授
    テーマ:
    洋楽を通じてアメリカ社会を考えよう
    テレビのCMなどで耳にする機会も多い洋楽には、アメリカの文化や社会のありようが隠されています。ワークショップを通じて、恋愛や家庭のあり方など皆さんが身近に体験して感じることと比較したり、洋楽のクイズで英語リスニングのコツを学んだりしながら、アメリカ文化について考えてみましょう。

    文学部 真宗学科

    藤原 正寿 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K213教室
    講師:
    藤原 正寿 准教授
    テーマ:
    真宗学って何を学ぶの?
    仏教の基本的学びの意義、なかでも親鸞という人が浄土真宗というふうに確かめた仏教とは、どのようなことなのか、何を学ぶことなのかを一緒に確かめます。

    文学部 文学科

    中川 眞二 教授

    場所:
    慶聞館2階 K202教室
    講師:
    中川 眞二 教授
    テーマ:
    文学のなかの「幽霊」
    —「幽霊」って本当に怖いの—
    文学、とくに古典文学のなかに現れた「幽霊」について、いくつかの例を見ながら、考えていきます。
    例えば、文学作品のなかに「幽霊」ということばが登場するのは、何時代か?そのなかで、「幽霊」はどのように描かれているのか?「幽霊」って本当に怖いだけの存在なの?
    みなさんの「幽霊」についての印象が少し変わるかもしれませんよ。

    【模擬授業の紹介ムービー】

    教育学部 教育学科初等教育コース

    谷 哲弥 講師

    場所:
    慶聞館2階 K201教室
    講師:
    谷 哲弥 講師
    テーマ:
    理科の学びを活かす活動とは
    理科という教科は実験や観察があり、楽しい授業であると小学生は考えます。しかしながら、中学校・高等学校へと進級すると、すこしずつ理科の学びから遠ざかる傾向があると指摘されています。当日は、与えられたものの性質を調べる方法を考えたり、発表したりして、考え応用する理科授業をみんなでつくっていきましょう。

    教育学部 教育学科幼児教育コース

    川北 典子 教授

    場所:
    慶聞館2階 K205教室
    講師:
    川北 典子 教授
    テーマ:
    子どもの玩具と遊び
    -リカちゃん人形の秘密
    乳幼児にとって、遊びは、発達の源泉であるといえますが、玩具は、そんな遊びの世界を、より楽しく、より豊かにしてくれます。そしてまた、絵本や紙芝居と同じく、人と人とをつなぐことのできる優れた保育教材でもあります。この授業では、人形遊びを題材に、そんな玩具の魅力と秘密を解き明かしてみましょう。
  • 【 時間:12:20-12:50 】

    人間学

    藤原 正寿 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K214教室
    講師:
    藤原 正寿 准教授
    テーマ:
    現代社会と仏教
    ブッダ(釈尊)がそれまでの生活環境を離れて道を求めたのは、人間にとって生・老・病・死という避けることの出来ない事実と向き合ったからに他なりません。
    現在私たちが直面している新型コロナの状況は、まさに私たちに、これまでの生き方の根本的な問い直しを突きつけてきているのではないでしょうか。老・病・死を限りなく遠ざける歩みをしてきた私たちに、避けることの出来ない事実としてそれを受け止める力を獲得する道をブッダの教えに聞いていきたいと思います。
  • 【 時間:13:00-13:30 】

    文学部 哲学科

    谷口 奈青理 教授

    場所:
    慶聞館2階 K203教室
    講師:
    谷口 奈青理 教授
    テーマ:
    人間関係の心理学 背景に着目して
    最も身近な家族に始まり、友達、恋人、先生、先輩後輩など、さまざまな人との関係が私たちの心に大きな影響を与えています。そこでは現実のその人たちとの関係に加えて、願望、期待、想像、思い込みなど、自分自身の心の動きも影響を及ぼしています。人間関係の背後にはたらいている、そのような心の動きについて考えてみましょう。
  • 8月2日の模擬授業
  • 【 時間:11:00-11:30 】

    仏教学科

    釆睪 晃 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K212教室
    講師:
    釆睪 晃 准教授
    テーマ:
    仏教でどうなる?
    仏教を学ぶとどうなるのでしょうか?
    仏教を学ぶことは、単に仏教についての物知りになるというだけではありません。
    仏教を学ぶことによって、どのような可能性がひらけてくるのか、考えてみましょう。

    哲学科

    渡辺 啓真 教授

    場所:
    慶聞館2階 K203教室
    講師:
    渡辺 啓真 教授
    テーマ:
    あなたは「経験機械」につながれたいですか?
    哲学の議論では、わたしたちが当たり前だと思っていることについて、各自の理解をはっきりさせるために、さまざまな思考実験が考案されてきました。今回は、「あなたが望むどんな経験でも与えてくれる経験機械」というものがあるとすればという設定で、人間の「幸福」についていっしょに考えてみたいと思います。

    歴史学科

    浅見 直一郎 教授

    場所:
    慶聞館2階 K204教室
    講師:
    浅見 直一郎 教授
    テーマ:
    古代中国の木簡と紙
    古代の日本と同じく、古代の中国でも文字を書くためには木簡が使われていました。この授業では、木簡の形態と使い方、木簡以外の書写材料などについて、画像を使ってお話ししていきます。また、のちには文字を書くために使われるようになった紙について、最近わかった最古の使用法についてご紹介します。
  • 【 時間:11:00-12:00 】

    社会学部(現代社会学科・コミュニティデザイン学科 合同開催)

    (左)滝口 直子 教授/(右)鈴木 寿志 教授

    場所:
    慶聞館1階 K102教室

    【現代社会学科】

    講師:
    滝口 直子 教授
    テーマ:
    困った問題を抱えた人が集まったら、どうして問題をのり越えられるの?
    この授業では、自助グループの「不思議」を取り上げます。自助グループとは、同じ「困った」問題を抱える人たち(若い人から高齢者まで)が集まって、お互いの助け合いの中で、問題を克服していく仲間の集いです。
    「問題を持った人たちが集まったら、問題が悪くなるだけじゃないの?」不思議ですね。この授業では「共感」と「つながり」に注目して、その不思議を解き明かします。

    【コミュニティデザイン学科】

    講師:
    鈴木 寿志 教授
    テーマ:
    マイクロプラスチック汚染の現状と課題
    近年国際的な課題として取り上げられることが多い海洋マイクロプラスチック汚染の現状について、京丹後市で行ってきた調査清掃活動の一端を紹介する。そして今後の私たちの消費行動について考えてみたい。
  • 【 時間:11:40-12:10 】

    国際学部(※) 国際文化学科

    李  青 教授

    場所:
    慶聞館1階 K101教室
    講師:
    李  青 教授
    テーマ:
    楽々に中国語
    近年、中国や台湾からの観光客が年々増え、京都の街角のどこに行っても、中国語が聞こえてくるようになりました。ビジネスをはじめ観光業も中国語の需要が高まってきています。本模擬授業では、本学のネーティブ教員が大学の中国語授業の成果を踏まえつつ、担当します。楽しさの中で発音の仕方、日中の漢字の相違、簡単な実用フレーズを受講者と一体になって、授業を体験していただきます。

    【模擬授業の紹介ムービー】

    真宗学科

    マイケル コンウェイ 講師

    場所:
    慶聞館2階 K213教室
    講師:
    マイケル コンウェイ 講師
    テーマ:
    人間の深い願い
    —「本願」の英訳から—
    真宗学科の国際コースでは、真宗の専門用語の英訳について考察することによってその意味合いを明確にしようとします。
    今回の模擬授業では、「本願」という言葉がどのように英訳できるかということを紹介することを通して、真宗の伝統では私たち人間の最も深い願望がいかに捉えられているかということを一緒に考えていきたいです。

    文学科

    安藤 香苗 講師

    場所:
    慶聞館2階 K202教室
    講師:
    安藤 香苗 講師
    テーマ:
    近代小説の「書き出し」を読む
    皆さんは小説を読もうかどうか迷っているときに、試しにその小説の最初のページを読んでから決めたことはありませんか? 物語がどこから・どのように書き出されるかは、その小説の方向性を読み取る重要なポイントとなるのです。今回は日本近代の名作を生み出した文豪たちがどのように小説を書き出しているのかについて共に追ってみましょう。

    教育学部 教育学科初等教育コース

    江森 英世 教授

    場所:
    慶聞館2階 K201教室
    講師:
    江森 英世 教授
    テーマ:
    三人寄れば文殊の知恵ってどんな知恵?
    — 一緒に数学の問題を解いてみよう —
    易しい数学の問題も、見方しだいでは、これまでとは全く異なった姿を現すこともあります。ただ問題が解けたとか、知っているというレベルを超えて、大学では深い学びを追求します。深い学びは、学友との真剣な議論や協働での問題解決を通して達成されます。みんなで一緒に問題を解きながら、大学での学びを体験してみませんか。

    教育学部 教育学科幼児教育コース

    渡邉 大介 講師

    場所:
    慶聞館2階 K205教室
    講師:
    渡邉 大介 講師
    テーマ:
    赤ちゃんの心理学
    赤ちゃんはかつて,何もできない無力な存在だと考えられていました。しかし,近年の研究によって,赤ちゃんが持つ驚くべき能力が次々と明らかになっています。この授業では,そんな赤ちゃんの不思議に,心理学の立場から迫ります。実際の実験映像を見たり,クイズに答えたりしながら,一緒に楽しく学びましょう。
  • 【 時間:12:20-12:50 】

    人間学

    一楽 真 教授

    場所:
    慶聞館2階 K214教室
    講師:
    一楽 真 教授
    テーマ:
    コロナによって明らかになった人間の問題
    「コロナ禍」「コロナは災害」と言われるほど、新型コロナウイルスは私たちの日常に重大な影響を及ぼしています。ただ、ウィルスは人間を困らせようとして活動しているわけではありません。人間にとって不都合というだけです。最も大きな恐れは、感染したら死ぬということでしょうか。しかし、生まれた者は必ず死ぬというのはいのちの事実です。当たり前だと思っていたことが実は当たり前ではなかった、コロナから人間の問題が浮き彫りになってきたのではないでしょうか。

※2021年4月設置届出中(仮称)。計画内容は予定であり、変更する場合があります。

PAGE TOPに戻る

PAGE TOPに戻る

ムービーオープンキャンパス・セレクション

  • 【 施設紹介 】

    キャンパス見学ツアー

    本学のオープンキャンパススタッフ2名が、大谷大学のさまざまな施設を紹介しています。どんな学生生活をおくることができるのかイメージを膨らませてみてくださいね!

    福利厚生施設紹介【学内食堂・CAFE・コンビニ】

    大谷大学での学生生活をイメージしていただけるよう、福利厚生施設(学内食堂・CAFE・コンビニ)を紹介します。
    皆さんの食欲をそそるさまざまなメニューを展開していますので、ぜひご利用ください!

    体育施設【湖西キャンパスグラウンド】

    2020年3月、新しい人工芝に生まれ変わりました。
    硬式野球部やサッカー部、アメリカンフットボール部の練習などにメインとサブのグラウンドが使われています。

ムービーオープンキャンパス 詳細ページ

PAGE TOPに戻る

大谷大学 オープンキャンパス 総合案内ページ

Home > 入試情報 > オープンキャンパス > 2020年8月 オープンキャンパス

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです