スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 入試情報 > オープンキャンパス > 2019年8月3・4日開催情報

入試情報

オープンキャンパス

2019年8月3・4日開催情報

2019年度オープンキャンパス  8/3(土)・4(日) 9:45-15:00<終了しました>
このイベントは終了しました。8/3・4当日レポートはこちら!

“なるほど”が、君をかえる。
今回のオープンキャンパスでは、文学部、社会学部、教育学部の全学部・学科で模擬授業を実施します。あなたにぴったりの学びを見つけよう! その他にも、「人間学模擬授業」・「学習支援室模擬授業(3日のみ)」・「哲学カフェ(3日のみ)」・といった各種イベント、「前年度入試の振り返りから見る2020年度入試の対策」・「入試制度紹介/自己推薦・公募制推薦入試対策講義」といった入試に関する説明会など、おススメのイベントが盛りだくさん!
また、学寮の生活紹介コーナーや見学ツアー、本学の学生・教職員と直接話ができるブースも設置します!「なるほど!」体験ができる大谷大学のオープンキャンパスにぜひお越しください!

DMを持って、オープンキャンパスへGO♪おうちにDMが届いた方には、素敵なプレゼントをさしあげます。


当日、大谷大学新聞社がオープンキャンパスの様子を取材します。取材した内容は、後日大学ホームページに公開します!ぜひご協力ください。

2019年度オープンキャンパス&進学相談会 スケジュール

大谷大学 オープンキャンパス 総合案内ページ

PAGE TOPに戻る

今回のプログラム紹介

    2日間共通(8月3・4日 両日開催)のプログラム
  • 大学説明会

    時間:
    (1回目)10:00-10:50
    (2回目)14:10-15:00
    場所:
    (1回目)講堂
    (2回目)講堂

    【大学説明/進路就職支援について】

    大谷大学の学部・学科や学びの概要をはじめ、進路就職支援などについてご説明します。

    ※1回目と2回目は同じ内容です。

    昨年度「大学説明会」の様子

  • 入試対策

    時間:
    (1)12:40-13:30
    (2)13:30-14:00
    場所:
    講堂

    【(1)入試制度紹介/自己推薦・公募制推薦入試対策講義】

    自己推薦入試、公募制推薦入試についての詳細や提出書類の書き方について講義を行います。

    【(2)前年度入試の振り返りから見る2020年度入試の対策】

    前年度の入試結果をふまえて、受験生と保護者を対象に2020年度入試の対策を説明します。

    ※ どちらも事前申込不要、参加無料。

    昨年度「入試対策」の様子

  • 模擬授業(8月4日は全学部・学科開講)

    昨年度「文学部文学科 模擬授業」の様子

    普段、大学の授業は、1コマ90分ですが、今回は30〜60分に短縮した模擬授業を行います。谷大生になった気分で本学の授業を受けてみてください。


    【注目の模擬授業】

    <8月3日>

    ● LEARNING SQUARE(学習支援室)
    これが大学の授業!? –– 個別サポート型語学学習

    ● 文学部
    [国際文化学科]ドイツといえば○○!

    ● 教育学部
    [教育学科 初等教育コース]絵本のなかの子どもたち

    ≫ 8月3日 各模擬授業の詳細はこちら

    <8月4日>

    ● 文学部
    [仏教学科]漢訳仏典講読
    [哲学科]社会と哲学 —公共哲学という視点から—

    ● 社会学部(合同開催)
    [現代社会学科]罪を犯す人とはどのような人なのか?
    [コミュニティデザイン学科]「社会福祉士」という資格はどんなものなのか?

    ● 教育学部
    [教育学科 幼児教育コース]赤ちゃんの心理学

    ≫ 8月4日 各模擬授業の詳細はこちら

  • おおたにワクワクひろば

    2019年3月オープンキャンパス「おおたにワクワクひろば」の様子

    時間:
    10:00-15:00
    場所:
    慶聞館2階 K205教室
    教育学部教育学科幼児教育コースの学生が数名滞在しており、壁などに学生たちが制作したパネルなどを展示しています。また、小さな子どもたちが遊べるスペースも設置されています。

  • わたしの研究室 ちょっとのぞいてみませんか?

    過去の「わたしの研究室ちょっとのぞいてみませんか?」の様子

    時間:
    10:30-15:00
    場所:
    博綜館、慶聞館
    高校には先生がいらっしゃる場所として主に職員室がありますが、大学には先生それぞれの個人研究室があります。この機会にぜひ、先生の個人研究室を訪問してみてください。
    ≫ 先生方からのメッセージはこちら
    ※ 当日開室する教員とは異なる場合があります。

    【見学場所】
    <8月3日>

    浅若 裕彦 教授【英文学・文体論】研究室[慶聞館 5階]
    志藤 修史 教授【社会福祉学(地域福祉論・社会福祉援助技術論)】研究室[博綜館 5階]

    <8月4日>

    滝口 直子 教授【社会学・文化人類学】研究室[博綜館 4階]
    宮﨑 健司 教授【日本古代史・日本古代宗教史】研究室[博綜館 3階]
  • 個別相談コーナー

    昨年度「個別相談コーナー」の様子

    時間:
    10:30-15:00
    場所:
    慶聞館1階 学生ロビー(ミナイール・プラザ)
    ※教育学部教育学科幼児教育コースは、慶聞館2階マルチスペース(K205教室付近)で行います。

    【先生にきく学部・学科別相談/入試相談/なんでも相談】

    学生生活の不安や学部・学科への疑問を個別に相談できます。大学での学びや入試の相談などあらゆる質問に答えます。じっくり聞いて不安や疑問を解消しよう!
  • 仏教研究紹介コーナー

    昨年度「仏教研究紹介コーナー」の様子

    時間:
    10:30-15:00
    場所:
    慶聞館1階 キャリアセンター
    大谷大学の取り組みが、文部科学省平成29年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択されました。このコーナーでは、採択された研究プロジェクト「仏教を基軸とする国際的研究拠点の形成と〈人間学〉の推進」の内容を中心に、研究機関としての大谷大学を紹介します。
  • 学生コミュニケーションブース

    時間:
    9:45-15:00
    場所:
    ・慶聞館1階 キャリアセンター
    ・4号館1階 4101教室
    オープンキャンパスに参加する醍醐味は、在学生の話を直接聞くことができること!
    「学生コミュニケーションブース」では、大谷大学での学生生活について、在学生から直接聞くことができます。ぜひ、不安や疑問に思っていることを先輩に聞いて解消してください。

    昨年度「学生コミュニケーションブース」の様子

  • 在学生にきく国際交流コーナー

    時間:
    9:45-15:00
    場所:
    慶聞館1階 GLOBAL SQUARE(語学学習支援室)
    留学生との交流や異文化に興味がある方にお勧めです!GLOBAL SQUAREの学生スタッフや留学生とお話しませんか?
    ※ GLOBAL SQUARE(語学学習支援室)の見学も可能です。

    ≫ 施設見学の詳細はこちら

    昨年度「在学生にきく国際交流コーナー」の様子

  • 学寮生活紹介コーナー

    時間:
    10:30-15:00
    場所:
    慶聞館1階 キャリアセンター分室前
    大谷大学には貫練学寮(男子寮)と自灯学寮(女子寮)の2学寮があります。このコーナーでは、実際に学寮で生活している寮生の話を聞くことができます。親元を離れて初めての大学生活に不安がある方、友達ができるか不安な方など、学寮生活に興味関心があるかたはぜひ、この機会に先輩の話を聞いてみてください。京都での新しい生活を、一生の仲間とスタートさせてみませんか。

    昨年度「学寮紹介コーナー」の様子

  • クラブ紹介コーナー

    時間:
    9:45-15:00
    場所:
    慶聞館1階 キャリアセンター分室
    大谷大学にはさまざまなクラブ・サークルがあります。そのクラブ・サークルを学生会が相談ブースや展示で紹介します。クラブやサークルの活動写真やPR文が載った資料を用意していますので、どんなクラブやサークルがあるのかいち早く知りたい方は、ぜひ来てください。

    昨年度「クラブ紹介コーナー」の様子

  • キャンパス見学ツアー

    時間:
    9:45-15:00
    集合場所:
    慶聞館前

    【 出発時間 】

    (1) 12:00
    (2) 14:00
    ※ 上記以外でも随時出発しますのでスタッフにお声かけください。

    在学生が学内を案内する「キャンパス見学ツアー」を実施します。参加を希望する方は集合場所にお集まりください。

    昨年度「キャンパス見学ツアー」の様子

  • 施設見学

    時間:
    9:45-15:00
    場所:
    【慶聞館】1階:GLOBAL SQUARE(語学学習支援室)/1階:LEARNING SQUARE(学習支援室)〈8月3日(土)のみ〉/1階:キャリアセンター
    【響流館】B2階〜2階:図書館(見学は1階〜2階)/3階:総合研究室
    【4・5号館】教育学部の学舎
    オープンキャンパス開催中は、大谷大学にあるさまざまな施設を開放しています。この機会にぜひいろいろ見学してください。

    慶聞館(きょうもんかん)

  • OTANI POINT COLLECTION

    昨年度「プレゼントコーナー」の様子

    時間:
    9:45-15:00
    プレゼントコーナー:
    慶聞館1階 キャリアセンター
    各施設に谷コレポイントを設置。ポイントを5つ以上集めた方には、大谷大学入試アプリ内のスタンプおよび記念品をプレゼント!ぜひご参加ください。
  • 8月3日のみ開催のプログラム
  • 哲学カフェ

    昨年度「哲学カフェ」の様子

    時間:
    11:00-12:00
    場所:
    慶聞館2階 サブゼミスペース
    テーマ:
    欲は悪いことか
    日常の中の気になる「なんで?」を一緒に考えてみる場です。いろいろな人の意見を聞いて自分なりに考えてみましょう!
  • 教育学部教育学科初等教育コース 在学生による学び紹介

    昨年度「教育学部 在学生による学び紹介」の様子

    時間:
    11:00-11:20
    場所:
    4号館1階 4102教室
    担当者:
    瀬古うた、髙松花帆
    (いずれも教育学科初等教育コース第2学年)
    テーマ:
    キッズキャンパスって何だろう?
    小学校の先生をめざす学生が、日ごろの勉強など大谷大学での取り組みについて紹介します。年齢の近い先輩が、小学校の先生になるために、どのような学びをしているかを聞いて、ぜひご自身の参考にしてください。
  • 8月4日のみ開催のプログラム
  • 学寮見学ツアー

    過去の「学寮見学ツアー」の様子

    時間:
    14:00-15:00
    集合場所:
    正門
    実際に学寮へ赴き、寮生の話を聞きながら寮内を見学することができます。学寮に関心のある方は、ぜひご参加ください。
    ※ 参加希望の方は、13:45に集合場所(正門)にお集まりください。

PAGE TOPに戻る

模擬授業・詳細内容

    8月3日の模擬授業
  • 【 時間:11:00-11:30 】

    LEARNING SQUARE(学習支援室)

    昨年度 LEARNING SQUARE(学習支援室)の様子

    場所:
    慶聞館2階 K213教室
    テーマ:
    これが大学の授業!? –– 個別サポート型語学学習
    大学の授業は先生がただ一方的に話すだけだと思っていませんか。「英語Ⅰ(再入門)」と「日本語表現(入門)」という最も基礎的な科目は、ラーニング・スクエア(学習支援室)との連携で先生と個別に学べるかたちになっているのです。ラーニング・スクエアって何? 本当に大学で個別授業のようなことができるの? そんな疑問をお持ちのかたはぜひ足を運んでください! 大学の授業のイメージが180度変わります!

    文学部 国際文化学科

    廣川 智貴 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K214教室
    講師:
    廣川 智貴 准教授
    テーマ:
    ドイツといえば○○!
    みなさんは「ドイツ」と聞いて何を連想するでしょうか?サッカーでしょうか、ロマンチックな街並みでしょうか、それともソーセージでしょうか?そうした身近なものを手がかりにして、知られざる「ドイツ」に迫りたいと思います。
  • 【 時間:11:00-12:00 】

    社会学部(現代社会学科・コミュニティデザイン学科 合同開催)

    (左)滝口 直子 教授/(右)志藤 修史 教授

    場所:
    慶聞館2階 K204教室

    【現代社会学科】

    講師:
    滝口 直子 教授
    テーマ:
    SOGI:性指向・性自認の多様性と人権について考えてみよう
    LGBTという言葉は、授業で聞いたことがあるかもしれませんね。ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーなど、性的少数者を表す言葉です。ではSOGIという言葉を聞いたことがありますか?
    国際的な人権を考えるときにはSOGIという言葉が使われます。
    全ての人がもつ、生まれながらの権利、そういう視点からなぜSOGIという言葉が使われるのか、人のもつ生まれながらの権利とは何か、それがどう、性的少数者と関係してくるのか、みなさんと一緒に考えていきましょう。

    【コミュニティデザイン学科】

    講師:
    志藤 修史 教授
    テーマ:
    地域を学ぶ・地域で学ぶ意味
    フィールドに出向き、インタビューや調査、諸活動への参加を通じた実践的な学びを重視するコミュニティデザイン学科。
    暮らしや地域生活と地域課題などにこだわりつつ、なにを行い、なぜ現場を重視した学びを進めているのか、いくつかの成果を紹介しながら確認します。
  • 【 時間:11:30-12:00 】

    教育学部 教育学科初等教育コース

    森田 裕之 教授

    場所:
    4号館1階 4102教室
    講師:
    森田 裕之 教授
    テーマ:
    絵本のなかの子どもたち
    私たちはだれでも、かつては子どもでした。しかし、成長した大人の多くは、かつて子どもであった自分がどんなに多様に生きていたかをすっかり忘れてしまいます。そして、子どもの成長ばかりに気をとられ、子どもを単に指導の対象としてしか見なくなります。この授業では、子どもを生き生きと描いた絵本を通して、子どもの生の多様性について考えたいと思います。

    教育学部 教育学科幼児教育コース

    川北 典子 教授

    場所:
    慶聞館2階 K205教室
    講師:
    川北 典子 教授
    テーマ:
    子どものおもちゃと遊び
    おもちゃは、子どもの遊びを楽しく豊かにします。子どもの頃、誰もがお気に入りのおもちゃで遊んできました。この授業では、次の2点について考えます。
    (1) 保育者の視点を踏まえた乳幼児にとってのおもちゃの意義と役割。
    (2) 長く愛用されてきたおもちゃの魅力-リカちゃん人形のひみつ。

    【模擬授業の紹介ムービー】

  • 【 時間:12:00-12:30 】

    人間学

    新田 智通 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K214教室
    講師:
    新田 智通 准教授
    テーマ:
    人間は何が特別なのか?
    人間も動物の一種であるが、他のすべての動物と比べた時、人間のみが際立って異なっている点がある。なぜ人間にのみそうした能力が備わっているのだろうか?この模擬授業では、この問題を考察の端緒にすえたうえで、人間はその能力をいかに用いつつ「いかに生きるべきか」という、人間にとっての根本的な問題に迫りたい。
  • 8月4日の模擬授業
  • 【 時間:11:00-11:30 】

    人間学

    藤原 正寿 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K211教室
    講師:
    藤原 正寿 准教授
    テーマ:
    現代と仏教 —人間とは何か—
    現在の成果主義に基づく利便性や生産性、勝ち抜くことばかりを是とするような社会のあり方は、人間が人間であることを自ら放棄していくことに繋がっているのではないか。自分さえよければというような非寛容な価値観によって他を排除し、他に対して非寛容な社会を作り出しているのが現代の私たちではないだろうか。仏教の視点からそもそも人間とは何かを考える。

    文学部 仏教学科

    三宅 伸一郎 教授

    場所:
    慶聞館2階 K212教室
    講師:
    三宅 伸一郎 教授
    テーマ:
    漢訳仏典講読
    漢訳仏典(漢語に翻訳された仏典)の読解は、仏教学上の基礎的素養と考えられています。そうした素養への入り口として、また、大学での授業の雰囲気を体験してもらうため、北涼(中国西北甘粛省にあった国)の王族に連なる沮渠京声が翻訳した『弟子死復生経』(地獄からの蘇生譚の一種)を、受講生と一緒に読んでみたいと思います。

    文学部 哲学科

    脇坂 真弥 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K213教室
    講師:
    脇坂 真弥 准教授
    テーマ:
    社会と哲学—公共哲学という視点から—
    この授業では「哲学」とはそもそもどのような学問なのかという問いを出発点として、その中でも「公共哲学」について少し取り上げてみます。私たちが生まれた時から生きている「社会」とは、いったいどのような理念のもとに作り上げられているのでしょうか。その理念は今どのような問題を抱え始めているのでしょうか。

    文学部 歴史学科

    大艸 啓 講師

    場所:
    慶聞館2階 K202教室
    講師:
    大艸 啓 講師
    テーマ:
    「京のへそ」から見た京都の歴史
    平安京の建設以来、ながらく都として栄えてきた京都ですが、その「おへそ」、つまり真ん中はどこか。京都に詳しい人であれば、「六角堂の『へそ石』だ」とお分かりになるでしょう。当授業では、この「へそ石」の正体をめぐって、文献・絵画史料から見えてくることや、フィールドワークを通じて考えられることなどを駆使して、京都の歴史を探究してみたいと思います。

    文学部 国際文化学科

    西川 幸余 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K214教室
    講師:
    西川 幸余 准教授
    テーマ:
    海外留学について
    大学へ進学して在学中に海外留学を考えている方に、大学時代の留学に関する意義と準備について、英語学習者、留学経験者、英語教員(中学校、高等学校、高等専門学校)の立場から、留学先での体験談を交えてお話します。
  • 【 時間:11:00-12:00 】

    社会学部(現代社会学科・コミュニティデザイン学科 合同開催)

    (左)脇中 洋 教授/(右)中野 加奈子 准教授

    場所:
    慶聞館2階 K204教室

    【現代社会学科】

    講師:
    脇中 洋 教授
    テーマ:
    罪を犯す人とはどのような人なのか?
    凶悪犯罪の報道がされて「世の中から犯罪が無くなればよいのに」と思わない人はいないだろう。では罪を犯すとどのような手続きが待っているのか。また罪を犯す人とはどのような人なのか。さらに犯罪を減らすためにはどのような取り組みがなされているのかを紹介し、究極の刑罰「死刑」についても考えてもらう機会を持ちたい。

    【コミュニティデザイン学科】

    講師:
    中野 加奈子 准教授
    テーマ:
    「社会福祉士」という資格はどんなものなのか?
    本学で国家試験受験資格を取得できる「社会福祉士」という資格について解説します。
    「社会福祉士」はどこで働いているのかといった具体的な事例や、現在社会福祉士を目指して学ぶ本学学生の姿を紹介します。また、現代社会における社会福祉問題(介護、ひきこもり、貧困など)についても解説します。

    【模擬授業の紹介ムービー】

  • 【 時間:11:30-12:00 】

    教育学部 教育学科初等教育コース

    田中 久美子 教授

    場所:
    4号館1階 4102教室
    講師:
    田中 久美子 教授
    テーマ:
    私の目指す先生像は? 心理テストでチェック!
    教職志望の学生たちの多くは,子どもの心に寄りそいたいと言います。しかし,そのためには,自分の性格や行動の傾向を知ることが必要です。本授業では,自分自身を見つめ直し,子ども (他者) との適切な関わり方を考えるきっかけとして,心理テストを体験してもらいます。知っているようで,知らない?自分の特性を明らかにしていきましょう。

    教育学部 教育学科幼児教育コース

    渡邉 大介 講師

    場所:
    慶聞館2階 K205教室
    講師:
    渡邉 大介 講師
    テーマ:
    赤ちゃんの心理学
    赤ちゃんはかつて,何もできない無力な存在だと考えられていました。しかし,近年の研究によって,赤ちゃんが持つ驚くべき能力が次々と明らかになっています。この授業では,そんな赤ちゃんの不思議に,心理学の立場から迫ります。実際の実験映像を見たり,クイズに答えたりしながら,一緒に楽しく学びましょう。
  • 【 時間:11:40-12:10 】

    文学部 真宗学科

    三木 彰円 教授

    場所:
    慶聞館2階 K213教室
    講師:
    三木 彰円 教授
    テーマ:
    “人”として生きる —真宗とは何か—
    「自分らしさ」、「人間らしさ」。よく聞く言葉ですが、それは何を通して明らかになることなのでしょうか。親鸞の確かめを通して考えてみます。

    文学部 文学科

    國中 治 教授

    場所:
    慶聞館2階 K214教室
    講師:
    國中 治 教授
    テーマ:
    夜汽車の物語を読み解く
    鉄道大国・日本には、電車や駅や線路を題材にした楽しい話や悲しい話がたくさんあります。有川浩の『阪急電車』は映画もヒットしましたから、あの切なくて心にしみる世界を記憶にとどめている方も多いと思います。
    もっとも、あれは昼の世界。人間ドラマに神秘と幻想の調味料をふりかけて、独特の妙味を堪能するには、やはり夜の世界の方が好都合です。夜の世界とは、つまり、「夜汽車」の世界。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』はいうまでもなく、夏目漱石の『虞美人草』や谷崎潤一郎の『細雪』といった近代小説の古典には、「夜汽車」が重要な役目を担って登場します。が、今回取り上げるのは詩です。小説に比べると、なんとも小さな世界です。でも、注意深く言葉の1つひとつを解いていくと、とてもドラマティックな光景があらわれます。
    今回の詩の世界は或る駅と密接にかかわっているのですが(京都に近い駅なので、皆さんご存じのはず)、その駅がどこか、なぜその駅が選ばれたのかは、ここには記しません。教室で御一緒に考えてみたいからです。

PAGE TOPに戻る

大谷大学 オープンキャンパス 総合案内ページ

Home > 入試情報 > オープンキャンパス > 2019年8月3・4日開催情報

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです