スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 入試情報 > アドミッション・オフィス入試 短期大学部全学科 【専願制/第2次審査受験以降】

入試情報

アドミッション・オフィス入試 短期大学部全学科 【専願制/第2次審査受験以降】

掲載しているものは、2017年度の内容です。2018年度の入試詳細については、6月上旬に掲載予定です。

ポイント

本学の教育理念をよく理解し、本学で学ぶことに強い意欲を持った学生を受け入れます。
(専願制*第2次審査受験以降)

(1)学科の求める人物像と受験生の意欲・適性との適合性を重視した入試です。
(2)仏教科は出願にあたってセミナーを受講することが必要です(事前申込不要)。
(3)幼児教育保育科は出願にあたってセミナーを受講し課題に取り組むことが必要です(事前申込不要)。
(4)高等学校等からの推薦書は不要です。
(5)社会人も受験可能です。

出願資格

本学で学ぶことに強い意欲を持ち、かつ大谷大学短期大学部に専願の者で、次のいずれかに該当する者。
(1)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者、又は2016年度卒業見込みの者。
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者、又は2016年度修了見込みの者。
(3)学校教育法施行規則第150条により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、又は2017年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

※個別の入学資格審査により出願を希望する場合は、事前に入学センターまでご連絡ください。
※このアドミッション・オフィス入試は、専願入試(本学を第1志望とし、合格した場合は必ず入学することを条件とした入試)であるため、合格した場合は、本学の他の入試及び他大学の入試に出願しないことを条件としています。(第2次審査受験以降を専願とします。)

※2016年4月1日以降、自然災害等により被災し、本学への出願、受験等に際してご相談がある場合は、出願開始日までに入学センターまでご連絡ください。

選考方法

仏教科

(1)セミナーを開催し、セミナー終了後、受験希望者に対して願書(志願票・エントリーシート等)を配付する。出願にはセミナーを受講することが必要。
(2)第1次審査・・・・・書類選考(出願時に提出された書類により審査を行う)
(3)第2次審査・・・・・面接(第1次審査で合格した者に面接[30分程度]を行う)
(4)判定・・・・・上記の内容により総合的に合否判定を行う。

幼児教育保育科

(1)セミナーを開催し、セミナー終了後、受験希望者に対して願書(志願票・セミナー受講証等)を配付する。出願には、セミナーでのエントリーシート作成と課題への取り組みが必要。いずれも評価対象とする。
(2)第1次審査・・・・・書類選考(エントリーシート及びセミナーでの課題により審査を行う)
(3)第2次審査・・・・・グループディスカッション・面接(第1次審査で合格した者にグループディスカッション[60分程度]・面接[15分程度]を行う)
(4)判定・・・・・上記の内容により総合的に合否判定を行う。

試験場

本学

試験日・出願期間・合格発表日・入学手続締切日(締切日消印有効)

日程
内容
8月2日(火) セミナー受講(場所=本学)
8月2日(火)
~8月6日(土)
出願期間
*出願書類の提出。
<志願票、卒業(見込)証明書又は在学証明書、エントリーシート(仏教科のみ)、
セミナー受講証(幼児教育保育科のみ)>
*8月6日(土)のみ、入学センター窓口にて持込受付を行う。(10:00~15:00)
第1次審査(書類選考)
8月24日(水) 第1次審査合格発表
8月24日(水)
~8月26日(金)
入学検定料(35,000円)納入
8月29日(金) 第2次審査 専願
仏教科 面接(30分程度)
幼児教育保育科 グループディスカッション(60分程度)・面接(15分程度)
9月2日(金) 第2次審査合格発表
11月10日(木) 第1次入学手続締切日
1月17日(火) 第2次入学手続締切日

セミナーの受講について

(1)この入試に出願するためには、セミナーの受講が必須条件となります。
(2)出願書類はセミナー終了後、希望者に配付します。他の日程での配付は行いません。
(3)セミナーは8月2日(火)のみの実施です。予備の日程は設けていません。
(4)セミナースケジュール

仏教科

14:30
受付開始 場所:本学北門(地下鉄「北大路」下車⑥番出口よりすぐ)
15:00
アドミッション・ポリシーの説明
質疑応答
学びの体験
(仏教科一般研究室の見学、仏教科一般研究室の辞書を使って言葉の意味を調べる等)
16:10
終了(願書配付)

幼児教育保育科

14:30
受付開始 場所:本学北門(地下鉄「北大路」下車⑥番出口よりすぐ)
15:00
アドミッション・ポリシーの説明
課題の説明
エントリーシート作成及び課題の取り組み
17:10
終了(受講証・願書配付)

(5)遅刻した場合はセミナーを受講することができません。
(6)セミナーを受講後、出願をするかどうかを決めることができます。
(7)セミナー会場での録音・録画は禁止します。ただし、手書きによるメモは認めますので、各自で筆記用具とメモ用紙を持参してください。
(8)代理者によるセミナーの受講は認めません。必ず志願者本人が受講してください。なお、付添者はセミナー会場に入場できません。
(9)セミナーの受講は無料で、事前予約は不要です。

入学前教育について

アドミッション・オフィス入試の合格者には、大学で学ぶための準備を行っていただくために、入学前教育を実施しています。入学前教育は「自習プログラム」と「学科プログラム」の2つに分かれています。「自習プログラム」は基礎的な学びを続けるために入学予定者に自主的に取り組んでもらうものであり、「学科プログラム」は大学入学後の学びの特質を簡潔に伝えるために大谷大学短期大学部の各学科が主導して入学予定者に課すものです。内容は学科により異なりますが、課題図書に対するレポート指導や、入学前に来学していただいての指導を行います。

Home > 入試情報 > アドミッション・オフィス入試 短期大学部全学科 【専願制/第2次審査受験以降】

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです