ここからサイトの主なメニューです

Home > そして、教壇へ。~彼らと教職支援センターの日々~ > 先生になるにはどうすればいいですか?2014 > (4) 片岡 朋香さん

そして、教壇へ。~彼らと教職支援センターの日々~

先生になるにはどうすればいいですか?2014

(4) 片岡 朋香さん

一度は迷った、教師という夢。出会いと経験が、再挑戦させてくれた。(片岡 朋香)[2013年3月 教育・心理学科卒/2014年度岡山県教育委員会採用(小学校)]

5歳下の妹がいるので、幼い頃から子どもの面倒を見るのは苦ではなかった。よく、妹の友だちと一緒になって遊んだりもした。そんなわけで自然と小学校の先生を目指すようになった片岡だが、実は大谷大学に入ってから、今後の進路を迷った時期がある。

片岡さん

「大学生になると、行動範囲が広がるでしょう?興味の範囲も広がって、『本当にこのまま教師1本でいいのかな…』と思い始めたんです。アルバイトで飲食店での経験を積んだこともあって、実はこっちのほうが向いているんじゃないか?と思ったりして」
実は2学年の頃から4学年まで、ひそかに迷っていたのだという。そんな片岡に「やっぱり教師しかない!」と再び思わせたのは、何だったのか。
「教育実習のときに出会った先生が、とても尊敬できる方で。『片岡先生に、教師になりたい!って思ってもらえるように、私たちも頑張るからね』って仰ってくれたんです。たくさんアドバイスをくださったり、無理のないペースで授業ができるよう設定してくれたり・・・。実は私、人の前に立ったり目立つのが苦手で、そのへんもネックになっていました。でも、教育実習では自分らしくいられたし、とにかく楽しくて」
実習先での出会いに恵まれ、片岡はもう一度、教師という夢に向き合うことができたのだった。

教職支援センターも、ゼミも。ここは、仲間と刺激し合える場。

教職支援センターには、3年次の後期から頻繁に通うようになった。主な目的は、保育士試験や採用試験の勉強のため。でも、ここに来れば知っている誰かが必ずいるという安心感や心強さも大きかった。誰かがいるから、頑張れる。同じ目標を持った者同士が集まり、刺激し合えるこの場所は、とても居心地が良かった。
センターだけではない。片岡にとっては、岩渕ゼミも「仲間と刺激をし合える場」。模擬授業などの活動だけでなく、「京都新聞@キャンパス」のプロジェクトにも参加した。「@キャンパス」は、大学生が取材、執筆、編集した記事を掲載する京都新聞の1コーナー。毎週夕刊に2面分掲載されていた、実に大きなコーナーなのだ。

@キャンパスではカメラマンになることも

「他のゼミが取り組んでいた『食育』をテーマに誌面を作ることにしたんですが、私たちはあくまでも記者の立場。第三者の視点で取材し、執筆しなければいけませんでした。それがすごく難しくて…」
採用試験の時期とも被り、多忙を極めていたが、なんとかやりきった。大変じゃなかったといえば嘘になるが、教育現場に立つ者として無視できない「食育」について深く知る機会になった。それに、京都新聞社を訪問し、大人に混ざって編集会議に参加するという貴重な経験もできた。こんな経験をさせてくれた岩渕先生に、感謝している。

「本当の責任感」を、現場で体感。その経験を活かし、春から教壇へ。

残念ながら、昨年度は不採用だった片岡。非常勤講師として美作市立美作第一小学校で音楽専科を担当して1年になる。
「学生の頃と全然違うな、と思うのは、やはり責任感。自分一人で何とかしなきゃ!と抱えがちだった私に対して、以前、尊敬する先輩が仰ったんです。『できないって判断することも、責任を持つということだよ』って。『その分できることは引き受けて、完璧にやるんだ』って。すごく心に響きました」
先輩の言葉や現場での経験を活かした結果、今年度の採用試験に見事合格。春からは、目の前の子どもたちとまっすぐ向き合い、一緒に感動できる先生として、教壇に立つ。

みんなで作った@キャンパスの記事

学内イベントだけでなく小学校や料亭への取材、新聞社での編集会議など貴重な体験ができた。

Home > そして、教壇へ。~彼らと教職支援センターの日々~ > 先生になるにはどうすればいいですか?2014 > (4) 片岡 朋香さん

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです