ここからサイトの主なメニューです

Home > そして、教壇へ。~彼らと教職支援センターの日々~ > 先生になるにはどうすればいいですか?2014 > (2) 髙谷 奈未さん

そして、教壇へ。~彼らと教職支援センターの日々~

先生になるにはどうすればいいですか?2014

(2) 髙谷 奈未さん

幅広い視点で考えられる教師を目指して。(髙谷 奈未)[2014年3月 教育・心理学科卒/2014年度大阪府教育委員会採用(小学校)]

小学校の先生は、教科を教えるだけだと思っていた— 実は髙谷はもともと、保育士か幼稚園の先生になりたかった。高校3年生のときに大谷大学のオープンキャンパスに来たのも、短期大学部の幼児教育保育科がどんなものか見るためだった。
「小学生の頃から小さい子が好きで、大きくなったら子どもと関わる仕事をしたいなと思っていました。大谷大学に来たときに教育・心理学科の存在を知り、ふと『せっかくだから4年間勉強してみるのもアリだな』と思ったんです」
その「ふと」が、髙谷のその後の人生をくるりと変えてしまうとは、当時の彼女は思ってもいなかった。後日、改めて大谷大学へ見学に訪れた彼女は、岩渕教授と直接話をする中で、小学校の先生という仕事の魅力を知る。
「発達障害のある児童のことや、小学校の教師としてのやりがいなど、現場での具体的なお話を伺いました。児童の心を読み取って、学級運営をしていく。なんて深みのある仕事だろうって思ったんです。先生のお話を聞き終わる頃には、すっかり目標が変わっていましたね」
小学校の先生に、絶対なる。気もちを新たにした髙谷は、大谷大学の教育・心理学科に入ることを決めたのだった。

現場でも、キャンパスでも。実体験が、私を強くしてくれた。

「小学生の机と椅子って、こんな小さかったっけ!?」1年次の授業「初等教育実践論」の一環で訪れた京都市立桃山南小学校で、まず思った。
「こんな小さな机と椅子で頑張る子どもたちだから、内面ももっと幼いのかと思っていました。ボランティアとして算数の授業補助をしていたんですが、みんな思った以上にしっかりと、子どもなりに考えていて、ビックリしましたね」
児童たちと接すれば接するほど、教えることや子どもたちと触れあうことの楽しさに魅了されていく。母校であることも心強かったし、親しみも湧いた。それから実に4年間、髙谷は桃山南小学校で学校ボランティアや教育実習に勤しんだ。
大学では、小川先生の理科ゼミに所属。理科の体験活動や畑づくりなど、熱意ある先生の指導の下、実験を想定しながら、知識や経験を重ねてきた。

髙谷さん

「教職支援センターの裏にちょっとした畑があって、そこで花や野菜を育てるんです。肥料と土とを混ぜることから始まって。私、虫が苦手で全然触れなかったんですけど、今ではもう見事に平気。ヒョイって、つまめちゃいます(笑)虫も触れない先生なんて、自分が児童だったらイヤですもんね」
教師として、人間として。必要な強さを、髙谷は少しずつ身につけていった。

大切な子どもたちの時間を預かっている責任感。

何でもこなすしっかり者の印象が強い髙谷だが、実は教育実習で苦戦した。何が、というわけではないが、うまく授業を進行できなかったのだという。
「焦りましたね。でもそのとき、クラスで一番手のかかる子が『先生、今日緊張してるなぁ』と笑って声を掛けてくれたり、授業後、離れた席に座っていた子がわざわざ駆け寄ってきて『今日の授業おもしろかったで!』って言ってくれて。ああ、見てくれているんだなあ、と思いました」
一方で、責任の大きさも感じた。大切な子どもたちの時間をもらっている立場なのだ。授業は1分も無駄にできない。採用試験に受かったら、この反省点を現場で必ず生かしてみせる。その強い思いで教職支援センターに足を運び、履歴書や自己アピール文、授業作成に取り組んだ。春からは、教壇に立つ。子どもの視点にも保護者の視点にも立って物事を考えられる教師を目指して。

教師を目指す出発点となった本

大学入学当初、教育現場や子どもたちについてわかりやすく書かれた本は教育への学びの基礎となった。興味のあるところにラインを引いて知識を広げていった。

Home > そして、教壇へ。~彼らと教職支援センターの日々~ > 先生になるにはどうすればいいですか?2014 > (2) 髙谷 奈未さん

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです