スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 入試情報 > 学部/学科情報

入試情報

学部/学科情報

新しい大谷大学の始まり。伝統は深化する。

本学は開学以来、文学部の単科大学としてあるべき人間像を追究し、他者を敬って生きることのできる社会をめざして教育・研究を進めてきました。その理念をさらに鮮明化するために、2018年4月に学部・学科を改組。文学部の学問領域から社会学系と教育学系が独立・発展し、より社会とつながり学べる学部・学科がスタートしました。学生が学びたいことに、より近づき、より深く探究する、学びの広がりを感じてください。

あなたの興味・関心は?

文学部:人間を知り、自分らしく生きる力へ

先輩インタビュー
知的好奇心が刺激され、“知る”面白さを発見!

クリップス 花奈:国際文化学科 第4学年/京都府・京都精華女子(現京都精華学園)高等学校卒 大谷大学は幅広い学びが魅力です。仏教に関する授業では「人」や「生きること」について考え、ゼミではイギリス文化について、文学、歴史、食文化、教育、王室など、いろいろな角度から学んでいます。私はこれまで、興味のないことにはあまり積極的ではありませんでしたが、大谷大学でさまざまな先生方の授業を受けるうちに、“知る”面白さを感じるようになりました。知的好奇心を刺激される授業が多く、知識が増えるのはとても楽しいことです。

文学部 真宗学科[コース]思想探究コース/現代臨床コース/国際コース

親鸞の思想や生涯を知り、自己を見つめ社会を築く力を身につける。

釈尊の教説や親鸞の著作などによりながら、親鸞思想を究明し、仏教精神に基づく豊かな人物の育成をめざします。混迷の時代を生きた親鸞の生き方や思索に学ぶことを通して、人間にとっての「まこと」、すなわち人間が本当に大切にすべきことは何かを探究し、あらゆる人々とともに生きる社会の構築をめざすことのできる人物を養成します。

  • こんな人に学んでほしい

    ●浄土真宗や親鸞の考え方に興味をもつ人。
    ●浄土真宗の観点から現代のさまざまな社会問題を考えたい人。

  • 予想される進路

    宗教関係、地方公務員、NPO職員、福祉施設職員、中学・高等学校教諭(宗教) など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • 真宗学概論

    第1学年から修得してきた人間・社会・自然環境についての幅広い知識をもとに、『教行信証』の構造を学び、親鸞が顕らかにした「浄土真宗」を学びます。真宗とは人間にとっての真のよりどころを意味していますが、親鸞がどのような形で真宗を顕らかにしているかに特に注意して考えていきます。
  • 欧文仏典を読む

    『歎異抄』を英文で読み、読解力を養いながら『歎異抄』の教えが英語でどのように表現されるかを学びます。英文を和訳しながら学ぶことで、日本語で的確に他者に伝える技術も修得します。

OTANI TALK 2018 文学部真宗学科 対談ページ|(先生)藤原 正寿 × (学生)加来 鈴香 : 切り結ぶ 問いの姿こそ 己なり 踏み込みゆけば 見える真の道

文学部 仏教学科[コース]仏教思想コース/現代仏教コース*

仏教の考え方を現代の問題解決に生かし、「知恵と行動力」として培う。

「脳死は人の死か」「iPS細胞による人体再生は許されるのか」といった、自然科学だけでは解決不可能な倫理的問題が、昨今現代社会で取り沙汰されています。仏教学科では、長い歴史をかけて人間のあり様を問い続けてきた仏教の考え方を、現代社会に生じた問題解決に活かす知恵と行動力として培います。基礎となる語学力と文献を扱う基本的な能力を身につけながら、社会の複雑な事柄の本質を見きわめ、豊かな人生を築いていける人物をめざします。

  • こんな人に学んでほしい

    ●仏教の人間観から生き方のヒントを得たい人。
    ●社会問題を仏教の視点から考えたい人。
    ●世界の仏教の変遷を学びたい人。

  • 予想される進路

    宗教関係、地方公務員、NPO職員、福祉施設職員 など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • インド仏教思想論

    インドの深層心理学である唯識(ゆいしき)思想を学びます。生きるとは苦しいことです。その苦しみの原因は自分自身のこころの中にあります。瞑想を通して古代のインド人はそれを見つめてきました。古典を読むことによって現代に生きる自分のこころの中を探り、自分自身のこころとその働きを知る力を養います。
  • 仏教学演習IV

    インド仏教の古典テキストを読み、卒業論文の作成に取り組みます。各自が何を課題にし、どう書くべきか全員で議論し、助けあいながら進めます。どんな場面でも役立つ“考える力”が養われます。

OTANI TALK 2018 文学部仏教学科 対談ページ|(先生)織田 顕祐 × (学生)夏野 晃遵 : アリは主体性の芽を育てて、ゾウに遇い自己を知る。

文学部 哲学科[コース]哲学・西洋思想コース*/心理学・人間関係学コース*/倫理学・公共哲学コース*/宗教学・死生学コース

哲学への道は、日常にある身近な問題を粘り強く考えることから。

日常において常識的に前提していることを問い直し、その意味を改めて説き明かそうとするのが哲学です。重要なのは、文献を通した対話や、教員や友人との議論など、人との関わりの中で他者の見解を知ること。多様かつ柔軟な視点と論理的思考力を培い、学年を追って段階的に学びながら、自分を表現することを身につけ、現代の諸問題に対処できる力を育みます。

  • こんな人に学んでほしい

    ●哲学を学びながら日常の疑問を追究したい人。
    ●身近な人との関係を見直したい人。
    ●生死とは、といった問いに関心がある人。

  • 予想される進路

    地方公務員、NPO職員、福祉施設職員、高等学校教諭(公民) など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • 心理学入門

    この授業では、まず心理学がどのような学問かを学びます。現代までの心理学の軌跡を歴史とともにたどり、今後の学びの土台作りを行います。そして哲学科の心理学としてどのようなことを学ぶのか、これからの方向性を示し、哲学の視点から見る心理学を考えていきます。
  • 公共哲学

    私たちは一人で生きているのではなく、さまざまな価値観をもつ人々とともに、同じルールを共有する公共空間(社会)の中で生活しています。社会の成り立ちやあるべき社会について考えます。

OTANI TALK 2018 文学部哲学科 対談ページ|(先生)藤枝 真 × (学生)山﨑 星奈 : 君に、届け。思いがいっぱいのアクティブな哲学徒

歴史学科[コース]日本史コース/世界史コース*/歴史ミュージアムコース/京都探究コース*

歴史を「自分の視点」でとらえ直し、物事の「本質」を見極める力を。

これまでに学んできた歴史は人間がたどった道のりのほんの一部分であり、文献や史料を読み解けば、さまざまな出来事が浮かび上がります。歴史をとらえ直し、自分の視点で改めて考察していくのが歴史学。第2学年からは4コースに分かれ、本学が収蔵する豊富な史料や貴重な文化財を活用し、日本、世界、そして京都とあらゆる領域での研究を進めます。

  • こんな人に学んでほしい

    ●史料を読み解き、歴史の新たな仮説を立ててみたい人。
    ●広い視野で歴史をとらえたい人。
    ●文化財の調査に興味がある人。

  • 予想される進路

    地方公務員、学芸員、観光産業、中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史) など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • 古文書解読法

    博物館などで展示されている古文書を見て、「これを自分で読めたらいいな」と思った経験はありませんか。専用の辞典の使い方からはじまり、古文書の読み方について基礎から丁寧に指導します。決して簡単な授業ではありませんが、古文書のくずし字を自力で読めたときの喜びは格別です。
  • 歴史学演習Ⅰ

    大学で歴史を学ぶためのさまざまな基礎の修得をめざす科目です。教室での授業が主ですが、学内の博物館に行って展示を見たり、時には大学の近くへフィールドワークに出ることもあります。

OTANI TALK 2018 文学部歴史学科 対談ページ|(先生)川端 泰幸 × (学生)戸田 みず季 : 歴史や文化に触れて京都での学生生活を楽しむ

文学科[コース]日本文学コース*/現代文芸コース*

文学研究と表現実践を通して、社会にも自分にも役立つ教養と見識を習得。

言語による表現文化の精華である文学の研究を通して、社会に貢献できる教養と見識を身につけ、社会と自律的にかかわることのできる人物を育成します。日本と中国を中心とする文学作品を扱い、読解と分析に必要な理論や技術を習得します。人間にとっての文学の意義と醍醐味を追究し、研究の成果を論文化・作品化する表現技能も養います。

  • こんな人に学んでほしい

    ●作品の一言一句を深く理解したい人。
    ●漢文や中国文学に興味がある人。
    ●文学作品を創ることに関心がある人。

  • 予想される進路

    編集者、書店員、作家、研究者、図書館司書、学芸員、中学校・高等学校教諭(国語) など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • 文藝塾実践演習

    文藝の基本的な知識や理論を学び、小説を中心に多種多様な文章を書き上げます。作品は教員と受講生全員で講評しあい、お互いが納得いくまで議論します。これらの創作活動と相互批評を通して、自らの感性を言語化する力、作品を完成させる計画性、他者の意見に誠実に向きあう姿勢を養います。
  • 文学科演習Ⅲ

    百人一首、古今和歌集などの日本の古典和歌を読解します。複数の辞書から適切な語意を選択し、現代語訳を構築する過程で、和歌を含む古典文学一般に対しての理解力や洞察力も養います。

OTANI TALK 2018 文学部文学科 対談ページ|(先生)乾 源俊 × (学生)和田 雄三 : 為楽当及時 何能待来茲(いまこの時を摘み取れ)

国際文化学科[コース]英語コミュニケーションコース*/欧米文化コース/アジア文化コース*

グローカルな視点で世界を読み解き、多文化社会をともに生きる力を伸ばす。

グローバルな世界とローカルな地域社会を結びつける「グローカル」な視点に立ち、異文化という鏡で自文化を見直しながら、多様な文化の豊かさを人生の豊かさにつなげる方法を探究します。英米、西欧、東アジアの文化や社会を深く理解し、欧米とアジアから日本を、日本からアジアと欧米を見る複眼的学びを通して、幅広く柔軟な思考力と国際コミュニケーション力を養います。

  • こんな人に学んでほしい

    ●欧米やアジアの文化にふれてみたい人。
    ●異文化を学ぶことで自文化を理解したい人。
    ●語学力を高め、国際的に活躍したい人。

  • 予想される進路

    旅行代理店、地方公務員、NPO職員、翻訳家、中学校・高等学校教諭(英語) など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • English Workshop

    英語による京都観光案内や接客対応、英語キャンプといった学外実習を通して、語学力を高めます。英語集中プログラムを構成する科目の一つで、現地小学校でのプレゼンテーションを含む海外英語研修(カナダを予定)と並び、体験的な学びを通じて、異文化理解を深め、日本の文化を問い直します。
  • 越境するアジアの文化

    近現代アジアの諸地域が新たな関係を構築する可能性を探ります。中国を中心に、アジアの華人社会、日本人のアジア認識といったテーマを、歴史学・文学・政治学など多様な視点から考察します。

OTANI TALK 2018 文学部国際文化学科 対談ページ|(先生)廣川 智貴  × (学生)龍山 歩 : 好きなことを楽しむ王道の大学生活

PAGE TOPに戻る

【2018年4月設置】社会学部:社会と、地域と、つながる人へ。

先輩インタビュー
その土地に行き、人と話し、体験から知識を得る。

工藤 早紀:社会学科 第4学年/滋賀県・能登川高等学校卒 主に「まちづくり」をテーマに学んでいます。なかでもゼミは、毎週の楽しみのひとつ。メンバーとの絆も深まりますし、先生の行動力とパワフルさにはいつも驚かされます。車で40分ほどの中川学区に通ったり、地域の方々と「まちづくり」について考えたり、これらは大谷大学の規模だからこそできる貴重な体験だと思います。また、その中で出あったある女性は、私が滋賀出身なのも覚えてくれていて、「滋賀は天気どうやった?」と声をかけてくれたり。なにげない会話で笑顔になれます。

社会学部 現代社会学科[コース]現代社会学コース(公共社会/人間関係/現代文化)

社会のあらゆることが学問になる。専門的な物の見方や考え方を養っていく。

学生が興味・関心をもつ、あらゆることが学びの対象です。自由で幅広いテーマの中から課題設定を自身で行うことが探究のスタート。演習やプロジェクト型研究などのアクティブ・ラーニングを通して、社会学の専門的なものの見方や考え方、調査・分析方法を学んでいきます。進路には、地方公務員、販売やサービス、金融関係や出版などが想定されます。

  • こんな人に学んでほしい

    ●身近な問題を取り上げ、背景や原因を徹底的に調査したい人。
    ●社会を観察する鋭い視点や分析力を培いたい人。

  • 予想される進路

    地方公務員、福祉施設職員、社会起業家、販売・サービス業者、金融関係 など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • ソーシャル・ドキュメント分析

    学生が選択した映画やアニメーションなどの映像コンテンツを対象に、そこに描き込まれた現代社会のあり様についての社会学的分析を行います。この学びのプロセスでは、社会学の概念を古典から最新のものまでを幅広く修得し、具体的な例の研究を今後の学びに活用できる力を身につけます。
  • 地域社会論

    地域社会の特徴と課題を把握するための視点やノウハウを学びます。例として関西三大都市を取り上げ、地形や歴史、文化、都市政策課題などを比較することで、個性豊かな三都市について理解します。

社会学部 コミュニティデザイン学科[コース]地域政策学コース/社会福祉学コース

キャンパスを飛び出し、地域が学びの場に。現場主義のカリキュラムで実践力を身につける。

地域を訪れてさまざまな課題に向きあう現場主義の学びを重視。まちづくりや情報発信、社会福祉の援助(ソーシャルワーク)などの実践的な手法を習得しながら、解決の方向を見いだしていきます。「人とあう、聞く、話す、実践する」力が身につく4年間。地方公務員、NPO、教育、福祉、医療分野での活躍をめざします。

  • こんな人に学んでほしい

    ●少子高齢化、地方の過疎化、経済格差、自然災害などに悩む人々とつながり、問題解決に役立つ方法を考えたい人。

  • 予想される進路

    地方公務員、NPO・NGO職員、社会福祉施設・医療機関職員、社会起業家、コミュニティデザイナー など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • 社会福祉援助技術現場実習指導Ⅰ

    現場経験豊富な教員の講義やゲストスピーカーの話を聞いたり、施設見学を行い、現場の実態を学びます。また、記録のつけ方など実習に求められるスキルを、学生どうしでチェックしながら身につけます。授業を通じ、第3学年に実施される実習における希望領域(高齢・障害・地域など)を確認します。
  • プロジェクト研究入門

    大学周辺のまち情報をラジオやホームページで発信することで、まちの行事や団体などへの参加を幅広く進めます。また、インタビューを通じた情報の整理、発信のための作成スキルを身につけます。

OTANI TALK 2018 文学部社会学科 対談ページ|(先生)志藤 修史 × (学生)真砂 泉 : 伝統文化に惹かれて古都で学ぶ

PAGE TOPに戻る

【2018年4月設置】教育学部:「子どもが好き」のその先へ。

先輩インタビュー
なかなか巡りあえない、恵まれた学習環境。

下村 晃士:教育・心理学科 第4学年/京都府・西乙訓高等学校卒 小学校の教員をめざして、日々頑張っています。一人ひとりへの手厚い指導が、大谷大学の最大の魅力ではないでしょうか。先生との距離が近いので、どんな悩みや相談にも親身に応じてくださいますし、授業や実習の疑問もすぐに解決できます。模擬授業では、自分で気づかなかった弱点を的確に指摘し、アドバイスしてもらえるので助かっています。しかも、ユーモアがあり、親しみやすい先生ばかり。これほど恵まれた学習環境には、なかなか巡りあえません!

教育学部 教育学科[コース]初等教育コース/幼児教育コース

子どもたちの心の声を受け止めて、さまざまな困難に立ち向かえる先生をめざす。

小学校教員を取り巻く社会的なニーズに対応するために、教育学、心理学、教科教育学など教育に関する理論と実践を学ぶ「初等教育コース」。
乳幼児の世界をとらえ深くかかわるために、幼児教育と保育および子どもの福祉に関する理論と実践を学ぶ「幼児教育コース」。
どちらも、徹底した少人数制教育で、高い専門性と協働するチーム力を養います。

  • こんな人に学んでほしい

    ●子どもの視点に立ち、人として向きあうことのできる教育者をめざす人。
    ●子どものこころを育てる教育者をめざす人。

  • 予想される進路

    小学校教諭、幼稚園教諭、保育士、認定こども園職員、地方公務員、教育関係企業 など
    最新の就職情報はこちら

授業ピックアップ
  • <初等教育コース>
    おおたにキッズキャンパス演習Ⅰ

    8月のイベント(夏休みスマイルスクール)開催をめざした実践的な授業です。企画段階から話しあいを重ね準備を進め、実施後は問題点を検討して次回に生かすというプロセスを学びます。イベントを企画・運営する力とともに子どもにかかわる力を育成します。
  • <初等教育コース>
    発達心理学(小)

    小学校には、幼児のあどけなさが残る1年生から、大人びて見える6年生まで、さまざまな発達段階の子どもが存在します。子どもの物の見方や考え方、友人関係、体の発達などの変化やそれに伴う心理的特徴について学び、低学年から高学年まで各時期に応じた指導・支援方法を修得します。
  • <初等教育コース>
    初等科教育法(国語)

    小学校の国語を指導するうえで「何を」「どんなふうに」教えたら確かな学力を保証できるのかを考えます。『おおきなかぶ』や『ごんぎつね』といった教材の研究・学習指導案の作成・模擬授業といった実践的な取り組みを通し、教員として主体的に研究する態度と高度な授業力を養います。
  • <幼児教育コース>
    実践体験活動演習(幼)

    保育ボランティアを通して、“子ども理解”を体験します。事前指導では保育・幼児教育現場の保育者の講義、園見学への参加を実施し、保育ボランティアについて理解します。そして受講者全員が現場において活動し、実習後は各自の経験を小グループで振り返り、学びを確かなものとします。
  • <幼児教育コース>
    保育原理

    保育の理念や基礎理論、歴史的変遷、海外と日本の保育の違いを理解します。講義内では「保育の意義について理解する」「保育所保育指針における保育の基本」「保育の目標と方法」「保育の思想と歴史的変遷」「保育の現状と課題」の5点について具体例を交えながら学んでいきます。
  • <幼児教育コース>
    児童文化

    現代の子どもを取り巻く文化的環境はますます多様化しています。授業では、絵本やおもちゃなどの保育教材が子どもの心身の発達に及ぼす影響について学びます。作製した絵本・おもちゃなどを子どもが実際に使用する機会を設け、遊びを豊かにする保育教材の意義や役割を実践的に学びます。

OTANI TALK 2018 文学部教育・心理学科 対談ページ|(先生)市川 郁子 × (学生)麓 真結 : めざすのは、心を大切にする教育者

Home > 入試情報 > 学部/学科情報

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです