スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 入試情報 > 施設&サポートガイド

入試情報

施設&サポートガイド

社会と向きあうための基礎を育成。それぞれの進路を支援する多彩な取り組みがあります

※このページの内容は、2018年度の情報です。

「卒業後、自分は何がしたいんだろう?」。誰もが不安に思う将来のこと。大谷大学では、入学直後からキャリアデザインを考え、資格取得や課外活動、国際交流など在学中のさまざまな経験を通して、段階的に社会を生きるための基礎力を育成します。さらに、学生一人ひとりの資質をふまえた丁寧なサポートを行っています。

慶聞館

2018年4月グランドオープン!主体的な学びをサポートする新しい教室棟

1階中央部には、学生ロビー「ミナイール・プラザ」を配置し、学生のさまざまな学びや活動をサポートする多目的スペースとして利用できます。そのまわりには、学生支援部事務室(教務課・学生支援課・キャリアセンター)をはじめ、学習支援室(LEARNING SQUARE)、語学学習支援室(GLOBAL SQUARE)、文藝塾などの学生支援施設やCAFEを設置しています。
2~5階には、ガラス張りで明るく開放的な教室が並び、情報系教室や教員の個人研究室も配置しています。また、アクティブ・ラーニングに対応するマルチスペース(マルチ・サブゼミ・コモン)なども多数備えており、学びに応じてさまざまな使い分けが可能です。



外観

外観



1F 大教室(スロープ教室)

300人収容の大教室を2室配置し、授業のほか、シンポジウムなどが開催できるよう対応しています。前方にあるプロジェクタや黒板を後方から見た際の視認性を向上させるため、室内は傾斜をつけて設計しています。さらに、車イスを利用した方でも最前列の教壇まで円滑に移動できるようにバリアフリーにも対応しています。

1F 大教室(スロープ教室)



2F~5F 教室

慶聞館では、全教室にプロジェクタを設置し、全館のWi-FiをはじめとするLAN設備やさまざまなデバイスを扱うAV設備と什器を充実させ、さまざまなスタイルの授業に対応できるように整備しています。

2F~5F 教室



2F ディスカッションルーム

教室内にある2台のプロジェクタで同じ映像を左右両面に投影したり、2グループの映像を個別に投影することが可能です。また、グループディスカッションの際には、教室内で一人がけの机を自由に移動させることができます。

2F ディスカッションルーム



3F セミナールーム

教室内にある5台のプロジェクタのうち、1台は教室前方に投影する教員用、残り4台は各グループの個別映像を投影することができます。グループワークはもちろん、遠隔地とのディスカッションの模様と教室内の資料を、プロジェクタで個別に指定して投影することも可能です。

3F セミナールーム



2F~5F マルチスペース/サブゼミスペース/コモンスペース

各フロア3ヶ所に設けられたマルチスペースは、本学のシンボルである尋源館を望みつつ、学生と教職員、学生どうしが交流を図る空間です。グループワークや輪読会、ミーティング、模擬授業、模擬プレゼンテーションなど、ラーニングコモンズとして学生の自由な発想を促し、主体的で活発なアクティブ・ラーニングを展開するなど、さまざまな場面で自らの学びのスタイルを実現するスペースです。

2F~5F マルチスペース/サブゼミスペース/コモンスペース



1F CAFE

焼きたてパンやドリンクメニューが充実しており、唐揚げやフライドポテト、お菓子も販売しています。シーズンメニューのドリンクやジェラート、毎月のベーカリーフェアなど数多くのイベントも実施されています。授業期間中の10時から17時で営業していますので、授業の合間にぜひご利用ください。

1F CAFE



トイレ(アロマ・パウダールーム)

慶聞館内のトイレはフロアごとに配色やデザインに変化をもたせつつ、バリアフリーに配慮し、1階中央の多目的トイレとは別に、車イスを利用した方が使用できるトイレを各階に設置しています。1階北西角のトイレ(男・女)には、アロマディフューザーも整備しました。また、各女性用トイレにはパウダーコーナーが設置され、1階北西角の女性用トイレにはパウダールームを整備しています。

トイレ(アロマ・パウダールーム)



キャンパスウォール・ウッドデッキ

駐輪場は、学生・教職員の安全を確保するため、キャンパスウォールと慶聞館で区画し、動線の干渉を回避させるよう整備しています。また、北門からの動線確保として響流館西北側には大階段と植栽によるオープンスペース、響流館西南側にはウッドデッキを整備し、尋源館を中心とするキャンパス全体の空間を演出しています。

キャンパスウォール・ウッドデッキ



響流館連結ブリッジ

教育・研究活動をより機能的に融合させるため、慶聞館4階と図書館・総合研究室・博物館・真宗総合研究所などの各研究施設を配置する響流館の3階部分をブリッジで連結させています。

響流館連結ブリッジ

   

キャリアセンター[慶聞館 1階]

一人ひとりの夢や目標にあわせて、きめ細やかにアドバイス

進路相談や就職活動の方法など、キャリアセンターのスタッフが学生一人ひとりの夢や希望にあわせて対応し、丁寧な支援を行っています。また、将来必要な力が身につけられるよう、筆記試験対策講座や個人模擬面接、ビジネスマナー講座などさまざまなプログラムを実施。新教室棟・慶聞館のオープンスペースで、気軽に立ち寄りやすいのも特長です。

キャリア形成支援の詳細 キャリアセンターの詳細

キャリアセンター


VOICE:「納得のいく進路選択」をめざして丁寧にバックアップ。

田邊 望:キャリアセンター/職員【CDA資格取得】 将来の進路を考え、自ら行動することは大きく成長できるチャンスです。キャリアセンターでは個性を大切に考え、それぞれが納得のいく進路選択ができるようサポートしています。もっとも重視しているのは、個別面談を通して希望や不安、悩みなどを丁寧に聞き、一緒に進路を考えていくこと。一人ひとりの学生がこれまでの自分自身を振り返り、目標を定め、それを実現するバックアップをしています。

   

免許状・資格取得もサポート!

専門的な学びに加え、免許状・資格の取得が不可欠な職業への就職をめざす学生のために、それぞれの取得課程を設置しています。また、各種対策講習も豊富に用意し、キャリアアップを支援しています。

各種免許状・資格の概要

教員免許状
中学校教諭一種
高等学校教諭一種
小学校教諭一種
幼稚園教諭一種

文学部においては、中学校・高等学校教諭一種免許状が取得できます。中学校・高等学校の免許状には教科があり、本学で認可を受けている教科は「国語」「社会」「地理歴史」「公民」「英語」「宗教」です。また、教育学部においては、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状が取得できます。

■中学校教諭一種
国  語(開設学科:文学科)
社  会(開設学科:歴史学科)
英  語(開設学科:国際文化学科)
宗  教(開設学科:真宗学科)

■高等学校教諭一種
国  語(開設学科:文学科)
地理歴史(開設学科:歴史学科)
公  民(開設学科:哲学科)
英  語(開設学科:国際文化学科)
宗  教(開設学科:真宗学科)
※「開設学科」は、文部科学省から免許開設の認可を受けている学科です。他学部・他学科の方も履修することはできますが、自学科以外の免許状を取得する時間割保障をしているわけではありませんので、第1学年より計画的な履修を心がけてください。また、履修状況によっては4年間で免許状が取得できない場合があります。

■小学校教諭一種 ※教育学部教育学科初等教育コースのみ

■幼稚園教諭一種 ※教育学部教育学科幼児教育コースのみ

保育士

保育士とは、保育所やその他の児童福祉施設において、児童を保護・育成する仕事に従事する職員です。児童の保護者とともに、あるいは保護者に代わって、養護と教育にかかわります。
※教育学部教育学科幼児教育コースのみ取得可能です。

保育心理士(二種)

保育心理士とは公益社団法人大谷保育協会の認定資格で、子どもたちや保護者に向きあい、こころのケアまでをカバーできる保育の専門家です。保育士資格を取得することが前提となります。
※教育学部教育学科幼児教育コースのみ取得可能です。

学校図書館司書教諭

学校図書館司書教諭とは、小学校・中学校・高等学校などの学校図書館で、専門的職務に従事する教諭です。教員免許状(小学校・中学校・高等学校)を有し、所定科目を修得する必要があります。

図書館司書

図書館法の規定に従って所定の単位を修得することにより、公共図書館・大学図書館などで活躍できる司書の資格を取得することができます。

文書情報管理士(2級)

組織における文書情報管理の基礎知識の修得および方法論を議論し、実践に活用させることを目的としています。所定の科目に合格し、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会に資格認定申し込みをすることにより取得することができます。

ファイリング・デザイナー検定(3級)

IT社会に“生かす・役立つ”、文書・記録管理のスキルをもち、文書管理のルールを体系的に理解している人物を育成することを目的としています。所定の科目に合格し、一般社団法人日本経営協会に資格認定申し込みをすることにより取得することができます。

真宗大谷派教師

所定の科目・教師修練を履修すると、真宗大谷派の教師資格が授与されます。

社会教育主事任用資格

都道府県や市町村の公務員となった場合に、任用されることがあります。また、社会教育関係団体(青少年、婦人会、PTA等)の運営や活動の場において助言や指導を行う場合に役立ちます。

社会福祉主事任用資格

都道府県や市町村の公務員となって福祉行政の仕事に従事する場合に、任用されることがあります。ケースワーカー、老人ホームや身体障がい者施設などの指導員として活躍する場合にも役立ちます。

社会福祉士国家試験受験資格

社会福祉士とは、身体・精神の障がいなどによって日常生活を営むことに支障のある人の福祉に関する相談・援助を行う専門職の国家資格で、資格取得には国家試験を受験し合格することが必要です。本学では、所定の単位を修得し実習に参加することで、卒業時に国家試験受験資格を取得することができます。
※社会学部コミュニティデザイン学科社会福祉学コースのみ取得可能です。

博物館学芸員

博物館法の規定に従って所定の単位を修得することにより、公立・私立博物館などで活躍する学芸員の資格を取得することができます。



学部・学科別 取得可能免許状・資格 一覧


VOICE:現場を肌で知る体験で意欲がより高まります。

藤原 みちる(社会福祉士国家試験受験資格 取得予定):文学部 社会学科 第4学年/滋賀県・甲西高等学校卒 福祉施設の見学や実習など、福祉の現場を知ることのできるチャンスが数多くあるので、利用者の目線に立った援助の考え方を身につけたいと真剣に取り組んでいます。国家試験の準備も早々に始めました。他大学と合同の対策講座のほか先生の親身なアドバイスなど、心強いサポートを存分に活用してがんばりたいと思います。

   
VOICE:学内博物館がある充実した実習環境。

川中 詩織(博物館学芸員資格 取得予定):歴史学科 第4学年/大阪府・交野高等学校卒 大谷大学の博物館学課程では古文書の読み方をしっかり学びます。史料を扱う仕事や研究に欠かせない大切なこのスキルは、歴史学科での学習にも役立ち、歴史の事実を自分で解読できる喜びがあります。また、学内に博物館があり、展示の事例を目のあたりにしたり、重要文化財が身近にあることも理想的な学びの環境です。

   
VOICE:ヒューマンスキルも磨かれる授業です。

熊野 健太郎(図書館司書資格 取得予定):歴史学科 第4学年/富山県・龍谷富山高等学校卒 山本貴子教授の授業がグループワーク中心でおもしろいです。利用者の質問に対する回答を用意する課題では、チームで討論して意見をまとめるいい経験になりました。実際の図書館業務もグループワークが基本。図書館での業務内容を体験するとともに、積極的に発言する姿勢も養われました。

   

ガイダンスや講座、就業体験などを通して、未来の自分を具体化する

キャリアセンターでの個別面談とあわせて、適性に応じた仕事に就くために必要なガイダンスや準備講座を実施しています。また、就職活動で求められるスキルやマナーを学ぶ実践形式のセミナーや対策講座、対策模試などの支援プログラムも豊富です。
そして、在学中に一般企業や団体などで就業体験できるのがインターンシップ制度。大谷大学では、就業体験をより有意義なものにするための事前講義を行うとともに、参加後のフィードバックの機会も設けています。自らのキャリア形成を具体的に考えるきっかけとなる貴重な経験を積むことができます。

インターンシップ・プログラムの詳細 キャリア支援プログラムの詳細


VOICE:発見ばかりの福祉の現場を経験。

池邉 京子(インターンシップ参加):[インターンシップ先:社会福祉法人 清和園]国際文化学科 第4学年/京都府・花園高等学校卒 高齢者福祉施設でイベントの企画を担当。「介護予防」をテーマに元気な高齢者向けの講演内容を考え発表しました。利用者の方に健康に対する考え方を聞くなどの情報収集も勉強になりましたし、介護だけでなく企画の業務があるなんて、この経験がなかったらわからなかったことです。就職活動を前に、社会や仕事に対する視野が大きく広がりました。

   
VOICE:学芸員をめざし仏教の歴史と美術を研究。

篠塚 瑞希(大学院進学):大谷大学大学院 文学研究科 修士課程 仏教文化専攻 第2学年/大谷大学 文学部 歴史学科 2016年度卒/石川県・飯田高等学校卒 古代の女性の信仰について研究しています。実は日本で初めて出家したのは奈良時代の貴族の女性なんです。当時は男性が政治を担い、仏教信仰や仏教美術は女性中心だったんですよ。大学院では古代史料を読み解く機会が増えるので、発見も増えました。また専攻が違う大学院生と討論する機会があり、違う視点を知ることができるので勉強になります。

   
VOICE:38歳での編入学。若者と学ぶ毎日が新鮮です。

千賀 貴信(編入学):文学部社会学科 第4学年/大阪大学工学部 2000年度卒/大阪府・富田林高等学校卒 技術開発の仕事をしていたのですが、実家の寺院を継ぐために真宗学科に編入学しました。当初は企業人的な考え方が抜けずにいましたが、授業を通じて、人を能力で差別しない、他者と歩む生き方の大切さに気づかせていただきました。また大谷大学はゼミの懇親会があるなど人との関係が親密です。先生や若い学生との交流が新鮮で、編入学してよかったと感じています。

   

教職支援センター[4号館 1階]

教員をめざす学生を、あらゆる方面からバックアップする心強い存在

教職課程を履修する学生をサポートする「教職支援センター」。教員免許状取得に向けての単位修得方法の相談や各種説明会の開催、学校ボランティアの紹介のほか、現場経験豊富なアドバイザーが個別対応でアドバイスを行っています。

教職支援センターの詳細

教職支援センター 資料室


VOICE:理想をめざし自分を見つめよう。

吉川 栄一:教職アドバイザー 社会の価値観が多様化し、学校現場でも対応の難しい問題が増えてきています。教員には、どんな状況にあっても確かな教育観をもって子どもたちに向きあう資質が求められます。単なる面接対策ではなく、自分なりの教員像を確立し熱意をもって伝えられるようサポートしています。

   

教職支援センターのサポート

POINT1 特別教室が充実

教職支援センターが入っている4・5号館には、音楽室・理科室・図工室など、実際の学校や幼稚園での授業や指導をイメージしやすい各種特別教室が充実。建物全体が、教員をめざす学生のために整えられた環境になっています。

POINT2 幼稚園・学校での活動をサポート

京都府・京都市・滋賀県・草津市の各教育委員会と協定を結び、2017年度は123の幼稚園・学校等で199名の学生が活動。学級担任や授業の補助などのボランティア活動に参加しました。その中には、3泊4日で行う京都市野外活動施設「花背山の家」などでの宿泊体験学習のお手伝いをしている学生も多くいます。

POINT3 約4,100冊の資料を活用

資料室には、小学校・中学校・高等学校の教科書や指導書のほか、模擬授業のための教材、各自治体の過去問題集や教育新聞など、多くの資料を設置しています。自由に使える学習スペースでは、仲間たちとともに勉強することもできます。

POINT4 教員採用試験への対策一例

■教員採用試験対策講習
試験科目の講座や面接など、各自治体での試験を想定した実践的な試験対策を行います。
●筆記試験対策講習(教職教養、一般教養、小学校全科・模試)
●直前講習(個人面接・集団面接・討論・小論文)

■願書記入相談会
アドバイザーによる願書の記入方法の指導や添削を、受験先ごとに行います。

■面接・小論文対策セミナー
●面接基礎(第3学年夏期)
●小論文対策・面接対策セミナー(第3学年春・秋)

■教員採用試験等個別相談会
自治体ごとのブースに分かれ、採用試験を受験した第4学年の先輩たちに、勉強方法や採用試験の様子などを聞くことができます。


VOICE:考えを徹底的に整理し臨んだ面接。

上野 竜太郎(小学校教諭一種免許状 取得):大阪府教育委員会 採用/教育・心理学科 2017年度卒業/大阪府・金光大阪高等学校卒 第2学年の冬から先生の指導で自己分析をし、自分のめざす教員像を考え抜きました。先生方はどんな小さな疑問にも丁寧に対応してくださる頼れる存在です。試験直前には10数回も面接指導を受け、自分の考えを徹底的に整理できたおかげで試験を突破することができたと思います。

   

学習支援室(LEARNING SQUARE)[慶聞館 1階]

基礎学力向上をめざす

POINT1 日本語表現・英語などの基礎を修得

日本語表現と英語を中心に、基礎学力の向上をめざします。レポートの作成法や初修外国語の修得も丁寧にサポートします。

POINT2 学習支援アドバイザーが常駐

学生と年齢の近いアドバイザーから、マンツーマンの個別指導が受けられます。授業の予習・復習など、自由に何でも気軽に相談できます。

学習支援の詳細

ラーニング・スクエア(学習支援室)

   

語学学習支援室(GLOBAL SQUARE)[慶聞館 1階]

世界に目を向けて学びを広げるための語学学習と国際交流の拠点

語学学習に関するアドバイスや、留学サポートなど、グローバルな学びを広く支援しています。海外からの留学生との交流も可能。気軽に異文化にふれられるスペースです。

GLOBAL SQUAREの詳細

語学学習支援室(GLOBAL SQUARE)

GLOBAL SQUAREのサポート

1. 留学サポート

留学説明会や学術交流協定校の紹介など、個別相談を行います。有意義な留学のための事前オリエンテーションを実施したり、留学中の相談にも対応したりと、目的にあわせてきめ細かくサポートします。

2. 外国語学習サポート

さまざまな言語を対象とした外国語勉強会を開いています。アットホームな雰囲気の少人数制で、楽しく語学力アップがめざせます。「語学検定試験料補助制度」を利用することもできます。

3. 留学生との交流

本学に留学中の外国人留学生が、アシスタントとして毎週決まった時間に「GLOBAL SQUARE」に在室しています。さらに外国語カフェやかるた大会などのイベントも開催しています。


VOICE:外国文化にふれあおう。

ジョウ チャンソン[ZHOU CHANGSONG](留学生アシスタント):歴史学科 第4学年/中国・首都師範大学 日本語学科 第4学年 「GLOBAL SQUARE」での中国語会話のレッスンにお手伝いとして参加し、ネイティブの中国語にふれてもらっています。ここはとてもアットホームで、昼休みには留学生と在学生とがマンガや食べ物の話で盛り上がったり、一緒に京都を巡る楽しい行事もたくさんあります。ぜひ遊びに来て、世界への視野が広がる体験をしてみてください。

   

世界で学び体験する、国際交流プログラム

語学力だけでなく、異文化やその中で暮らす人々への理解を深めれば、将来の選択肢が広がります。世界で学びたい、その思いを実現するための多彩なプログラムを用意しています。

学術交流協定校 一覧



自分の目的に合わせて、世界を知る — 多様な留学スタイル

大谷大学の留学には、大きく分けて「長期留学」と「短期語学・文化研修」があり、目的や期間、自分らしいスタイルを選んで学ぶことができます。

長期留学〈6か月〜1年間〉

一定の要件を満たせば本学の在学期間として認められ、通常の修業年数で卒業でき、留学先の単位も認定されます。

海外留学制度の詳細


VOICE:日本の価値観から飛び出せた。

田中 海知(長期留学):文学部 国際文化学科 第3学年/和歌山県・田辺高等学校卒 オカナガンカレッジは世界中から留学生が集まっていて、海外の友達がたくさんできました。授業ではリーディング、ライティング、ディスカッションの3クラスを受講。一緒に授業を受けている留学生の積極的な態度には驚きました。僕も「負けじと授業に参加するぞ!」と思いましたし、帰国後もその姿勢は忘れないようにしようと思っています。将来、目標である英語教員になれたら、僕が留学で学んだことを生徒に伝えたいです。

   

短期語学・文化研修〈2〜3週間〉

事前学習後、夏または春の長期休暇に実施。語学研修と文化研修の2種類があります。

海外研修プログラムの詳細


VOICE:一生かけ考えたいリアルを発見。

新田 真寿(短期語学・文化研修):仏教学科 第4学年/長野県・須坂高等学校卒 インドでは貧富の格差の中でたくましく生きる人々がいる反面、俗世を超越した仙人のような人もいます。さまざまな生き方を内包しているインドに、日本とは違う自由を感じました。また仏教遺跡見学では、僧侶と参拝する機会に恵まれる一方、貧しい子どもたちとの出あいに「仏教を学びに来ているのに自分は無力だ」という思いを抱くように。でも僕は「この気持ちを割り切るのは簡単だけど、一生考え続けよう」と決めました。

   

留学に関するQ&A

  • 留学には、どれくらいの準備期間が必要ですか?

    情報収集、費用の準備、希望大学の資料請求など、最低1年間の準備期間が必要です。長期留学の場合は、帰国後の就職活動の準備もあるため、留学時期をよく考えましょう。
    ※留学制度を利用した留学は、第2学年からになります。

  • 留学には、どれくらいの費用がかかりますか?

    留学先や滞在期間によって異なります。交換留学の場合は、原則、留学先の学費が免除されます。交換留学以外は、一部を除き助成金の申請も可能です。助成金は協定校でなくても利用できる場合もありますので、詳しくは「GLOBAL SQUARE」で相談してください。

  • 海外での生活は安全面で不安があります。

    大学では万一の場合に備え、海外危機管理サポートの保険に加入しています。学術交流協定校との情報共有もしており、留学先での支援や相談にもできる限りの対応をしています。

文藝塾[慶聞館 1階]

プロに学び文章力を鍛える

POINT1 プロの文章技術を学ぶ)

第一線で活躍する小説家、編集者など「文藝」のプロによる講義やセミナーを開催。学外の出版社を訪れ、現場を見学することもあります。

POINT2 学生どうしで高めあう

小説やエッセイなどさまざまな文章を執筆し、学生どうしで批評を行います。実践的表現力を鍛え、文章力アップをめざします。


文藝塾の詳細

文藝塾演習の様子

   

地域連携室(コミュ・ラボ)[響流館 1階]

地域連携プロジェクトの支援

POINT1 行動力と課題解決力を現場で培う

大谷大学では、学生の学びと地域貢献を目的とし、地域の多様な団体と連携して取り組む「地域連携プロジェクト」を展開しています。

POINT2 学部・学科を超えた出あい

地域連携プロジェクトは、学部・学科・学年の垣根を超えて全学的に取り組むものや、学科の専門性を生かしたものなど、多様な活動を展開しています。


地域連携室(コミュ・ラボ)の詳細

地域連携室(コミュ・ラボ)

   

総合研究室[響流館 3階]

より専門的な学習を

POINT1 学部・学科の枠を超えて、自由に集う

学部・学科の区切りがない総合研究室では、違う専門領域の学生たちが同じ空間に集います。ときには同じ対象でも異なった視点からアプローチする仲間に刺激を受け、新たな解釈が生まれるかもしれません。そんな学びの視野を広げます。

POINT2 助教15名と情報教育アシスタントが常駐

各学部・学科・専攻の助教が15名常駐し、授業でわからなかったことや参考資料の探し方、レポート・論文の書き方などさまざまな質問に答えます。またパソコン、インターネットの使い方については情報教育アシスタントがサポートします。

情報教育アシスタントについて



総合研究室


VOICE:研究とともに討論もできる 便利な空間です。

塚島 真実:国際文化学科 助教 総合研究室は図書館とつながっている施設ですが、図書館とは違い会話ができるため、勉強会や研究会、読書会のほか、学生たちがプロジェクトの打ち合わせをしていることもありますね。もちろん、論文・レポート作成をする環境も整っています。勉強の仕方、論文の書き方などでわからないことがあれば、私たちが質問に答えるので積極的に利用してください。じっくり腰を据えて勉強する姿勢が身につきますよ。

   

図書館[響流館 地上2階〜地下2階]

学びを深める84万冊の蔵書

地下2階から地上2階まで、4フロアにわたって膨大な図書資料を収蔵しています。幅広い分野の入門書や辞書、専門書、雑誌・新聞などを所蔵。検索・貸出パソコンも整備し、学生の日々の学びを支えています。また、DVDを視聴できるAVコーナーや、学生が選んだ本を集めた「学生選書コーナー」もあります。

大谷大学図書館の詳細 SSPJ(学生選書プロジェクト)について

大谷大学図書館<蔵書数:840,000冊以上>/自動図書貸出システム/AVコーナー/地下書庫/大谷大学図書館「トピックス」/学園祭バザー(リユースできる本を集めたSSPJ企画)

   

博物館[響流館 1階]

重要文化財のある知の宝庫

真宗学、仏教学、哲学、歴史学など多分野を網羅した博物館を学内に設置。世界的にも貴重な典籍や民俗資料など約12,000点を所蔵しており、重要文化財を間近で鑑賞することのできる施設です。また、年4回の企画展、年1回の特別展は地域にも広く公開しており、一般の方も多数来館され、博物館展示解説ガイドの学生が案内することもあります。

大谷大学博物館の詳細 博物館展示解説ガイドについて

大谷大学博物館<収蔵数:約12,000点(内、国指定重要文化財 10点収蔵)>/博物館学課程受講学生による実習生展準備風景/オリジナルグッズ

   

Home > 入試情報 > 施設&サポートガイド

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです