ここからサイトの主なメニューです

Home > 2018年度新着一覧 > 2018年度 大谷大学における省エネルギー・節電の取り組み

2018年度新着一覧

2018/04/12

2018年度 大谷大学における省エネルギー・節電の取り組み

本学では、引き続き省エネルギー・節電について、以下の通り取り組んでおります。
地球温暖化が懸念される中、省エネルギーおよび節電の取り組みについて、皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

【総務課】

クールビズ

実施期間 2018年5月1日(火)~2018年10月31日(水)
概 要 (1)教職員の服装の軽装化
(2)空調設備の設定温度 28℃【2018年6月1日(金)~9月30日(日)】

ウォームビズ

実施期間 2018年11月5日(月)~2019年4月初旬(オリエンテーション最終日まで)
概 要 (1)教職員による室温に応じた服装着用
(2)空調設備の設定温度 19℃【2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)】

2018年度アクションプラン

1.個人(教職員・学生)

(1)トイレ・廊下・教室・研究室等における照明・空調の不要時電源OFF
(2)パソコンの電力節減
   ①モニター自動消灯時間を5分に設定
   ②シャットダウン(90分以上離席時)の併用
   ③不要時・帰宅時のモニター電源OFF
   ④モニターの輝度40%設定
(3)事務機器(シュレッダー、プリンター、コピー機など)の待機電力削減  【不要時の電源OFF】
(4)エレベータの適正使用
(5)不要なコピー及び印刷回数の抑止

2.各部署・チーム

(1)事務室における休憩時の消灯または減灯
(2)空調稼働時における開扉厳禁
(3)サーキュレーターでの空気対流
(4)収蔵庫・書庫・サーバ室の管理温度調整
(5)電気ポット使用制限  【保温の場合は、電源コードを抜いて保温機能のみ利用】
(6)最終退勤者による省エネチェック
(7)就業時間より早め(30分前等)に空調停止

3.大学全体

(1)クールビズ・ウォームビズの実施
(2)空調設定温度の徹底  【冷房 28℃/暖房 19℃】
(3)建屋内共用部分(廊下など)照明の消灯または減灯
(4)高効率電球への更新を随時実施
(5)長期休暇中のエレベータ稼働台数の制御
(6)京都市が取り組むクールスポット・ライトダウン2018への参加
(7)自動販売機照明の消灯
(8)学内コンビニエンスストア減灯、及び夜間の照明消灯
(9)エアコンフィルターの清掃
(10)便座ヒーター・温水の停止(夏季・中間期)
(11)慶聞館における省エネシステムの利用
   ①クールヒートチューブの採用(地熱利用)
   ②自然換気システムの利用
   ③研究室における照明・空調機の人感センサー利用
   ④太陽光発電パネルの設置
   ⑤全館LED照明の採用

Home > 2018年度新着一覧 > 2018年度 大谷大学における省エネルギー・節電の取り組み

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです