ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 松井 玲子 【教育学 教育人間学 幼児教育】

教員一覧

松井 玲子 【教育学 教育人間学 幼児教育】

松井 玲子 教授 Matsui, Reiko

松井 玲子 教授 Matsui, Reiko

博士(文学)

【専門分野・資格】
教育学・教育人間学・幼児教育

研究領域・テーマ

人間形成/乳幼児教育/道徳教育

研究内容

ボルノーの解釈学的教育学を手掛かりとして、人間と人間、特に子どもと子ども、子どもと大人がどのように関わりあって成長していくのかということに関心を持っています。
具体的には、気分、被護性、基礎的理解の世界、言語、対話などボルノーらの思想を通して実際の子どもの成長を見ていくことで、子ども理解、人間理解を深めていこうとしています。
また、きまりやルールが人間形成に果たす役割を探究するなかで、道徳教育のあり方にも目を向けています。

ゼミ紹介

今、子どもたちのまわりで何が起こっているのでしょうか。こどもをめぐる社会現象、保育現場の実態に目を向け、そこでの子どもの姿を読み解いていきたいと思います。私たちはかつて子どもであり、子どもとして世界を体験していました。しかし、成長とともに大人としての視点を身につけ、子どもの姿が見えなくなってもいます。子どもたちの姿を丹念に見ていくなかで、子どもの視点と保育者・教育者としての視点を持ち、子どもとの応答的な姿勢を身につけていくことを目指します。

主な担当授業科目

仏教保育演習/幼児教育・保育課程論/保育内容総論/教育方法論

所属学会

日本教育学会/教育哲学会/関西教育学会

経歴・活動歴

経歴

1953年大阪府生まれ。奈良女子大学大学院人間文化研究科後期課程比較文化学専攻修了。博士(文学)。京都聖母女学院短期大学児童教育学科教授を経て、2018年大谷大学短期大学部幼児教育保育科着任。

活動歴

2011~2017年毎年 高大連携事業講師
2012年 伏見幼児交通事故防止対策連絡会研修講師
2015年 京都府警察本部研修会講師

主要作品

共著 『改訂版 蘇る教師のために』
『現代社会と教育の構造変容』
論文 「子どもと気分」
「特別な教科である道徳」
「子どもの生活とルール」

Home > 教員一覧 > 松井 玲子

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです