ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 塚島 真実 【フランス文学 フランス地域文化】

教員一覧

塚島 真実 【フランス文学 フランス地域文化】

塚島 真実 助教 Tsukashima, Mami

塚島 真実 助教 Tsukashima, Mami

博士(フランス文学・文明)

【専門分野・資格】
フランス文学・フランス地域文化

研究領域・テーマ

フランス語圏文学/フランス宗教文化/フランスの教育

研究内容

長期的な研究テーマは、19世紀フランスにおける詩と宗教です。現在は、19世紀後半における詩人の「自己表象」、つまり、詩人がどのような自画像を描き、自らをどのように社会的に位置づけていたのかを、特に神話的形象との関連から考えています。このテーマは、文学創造における学校教育の役割、教育における教会の役割、そしてライシテ(脱宗教性)への関心にもつながっています。

主な担当授業科目

フランス語のしくみと表現(上級)/専門の技法<国際文化学>

所属学会

日本フランス語フランス文学会/Amis de Rimbaud

経歴・活動歴

2005年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了、修士(学術)。2007年リエージュ大学DEA課程修了、DEA(哲学文学)。2014年東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得退学。2014年パリ=ソルボンヌ大学フランス文学比較文学研究科博士課程修了、博士(フランス文学・文明)。跡見学園女子大学兼任講師、国立音楽大学非常勤講師、東京大学大学院教務補佐員、立教大学兼任講師を経て、2017年4月より大谷大学助教。

主要著書・論文

共訳 『叢書「アナール 1929-2010」 歴史の対象と方法 2(1946-1957)』(藤原書店)
『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展』(日本経済新聞社)
論文 ランボーとイエス—「福音書的散文」より—
「精霊」への序奏、あるいは助走—ランボーにおけるイエスの諸相—
美しい身体—ランボーの自己造形—
聖職者の身体—ランボーにおける宗教教育と冒瀆の詩学—
Le corps dans les Illuminations de Rimbaud : le dépassement du dualisme chrétien de l’âme et du corps
Le corps amoureux dans la poésie de Rimbaud
星は瞬いているか—『ランボー全集』プレイヤッド第三版をめぐって—
Le corps dans Une saison en enfer d'Arthur Rimbaud
ランボーのヴィーナス

Home > 教員一覧 > 塚島 真実

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです