ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 岸野 亮示 【仏教学】

教員一覧

岸野 亮示 【仏教学】

岸野 亮示 助教 Kishino, Ryōji

岸野 亮示 助教 Kishino, Ryōji

博士(文学)

【専門分野・資格】
仏教学

研究領域・テーマ

戒律/仏教文化/仏教教団史/「根本説一切有部律」

研究内容

私は「律」という仏教テキストを専門的に解読しています。律とは、修行者や教団が遵守すべき法律集です。そこには、衣食住から儀礼・造形物・意匠に至るまで多様な情報が集められています。私は、特に、インドからチベット文化圏と漢字文化圏の双方に伝わった唯一の律である「根本説一切有部律(こんぽんせついっさいうぶりつ)」を主な研究対象として、仏教者の日常や信仰活動の実態を解明する研究を進めてきました。現在は「根本説一切有部律」の綱要書や注釈書も解読し、その律のインド・チベット・中国・日本における伝承過程の解明にも取り組んでいます。

主な担当授業科目

専門の技法<仏教学>/仏教学特殊演習

所属学会

日本印度学仏教学会/日本仏教学会/佛教大学仏教学会/International Association of Buddhist Studies

経歴・活動歴

京都市生まれ。京都大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科修士課程修了、博士課程指導認定退学。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)アジア言語文化学科PhDコース修了(Ph.D.)。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、2017年4月より現職。

主要著書・論文

論文 “Bu ston's Doubts on the Authenticity of the Vinaya-saṃgraha”
“A Further Study of the Muktaka: A Table of Contents and Parallels”
“The concept of sdom pa in the Mūlasarvāstivāda-vinaya: On Possible Misunderstandings of the Brahmacaryopasthana-samvrti”
“A Study of the Nidāna: An Underrated Canonical Text of the Mūlasarvāstivāda-vinaya”

Home > 教員一覧 > 岸野 亮示

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです