ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 水島 見一 【真宗学  仏教と教育】

教員一覧

水島 見一 【真宗学  仏教と教育】

水島 見一 教授 Mizushima, Kenichi

水島 見一 教授 Mizushima, Kenichi

博士(文学)

【専門分野・資格】
真宗学
仏教と教育

研究領域・テーマ

『教行信証』研究/近現代教学思想研究/宗教教育(教師論)研究

研究内容

真宗学(近代教学)

真宗学の中でも、近代教学、近代教学思想史を研究テーマとしています。特に課題としていることは、『教行信証』研究を基盤に、親鸞の思想が、近代から現代にかけての日本社会において、どのような思想的意義を有するものであるのか、あるいは、今日の混迷している信仰の状況に、如何にして親鸞思想を提示できるか、ということです。さらには、真宗学の学問の方法論や大谷派教団の同朋会運動も、『教行信証』研究の一環として取り組んでいます。

仏教と教育

「宗教なき教育は利口な悪魔を作る」とはウェリントンの言葉です。もちろん、彼のいう「宗教」とは、我々の思っている宗教ではないはずです。むしろ人間をして真の人間にまで育む叡智のことと思います。「教育は人なり」という言葉があります。それは、教育の基本は「人間」であるということです。すなわち、真の人間に対する叡智の学び、つまり「仏教と教育」こそ、教育における必須の学です。

主な担当授業科目

真宗学特殊講義/真宗学特殊演習/宗教科教育法/教育実習(中・高)

所属学会

日本印度学仏教学会/日本宗教学会/日本仏教教育学会/日本仏教福祉学会/日本仏教学会

経歴・活動歴

1950年富山県生まれ。大谷大学大学院後期博士課程単位取得退学。大谷高校教諭を経て2003年文学部着任。現在に至る。

主要著書・論文

著書 『近現代教学史研究序説』
『大谷派なる宗教的精神』
『新真宗教学史論』
『信は生活にあり』
『親鸞聖人の求めたもの』
『道を求めて』
『救済とは何か』
『浄土を開く』
共著 『生徒指導の方法と実際』
共編 『道ここに在り』
論文 「真宗と社会」他

Home > 教員一覧 > 水島 見一

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです