ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 髙井 康弘 【社会学   文化人類学   東南アジア地域研究】

教員一覧

髙井 康弘 【社会学   文化人類学   東南アジア地域研究】

髙井 康弘 教授 Takai, Yasuhiro

髙井 康弘 教授 Takai, Yasuhiro

文学修士

【専門分野・資格】
社会学・文化人類学
東南アジア地域研究

研究領域・テーマ

タイ・ラオス地域研究/コミュニティ/人・カミ・家畜

研究内容

タイ・ラオスにおける家畜・家禽と人々の関わりの変容が、最近のテーマです。当地では、焼畑や放し飼いの制限、市場農業振興、食肉流通の拡大と同業界への移民の参入、水環境の悪化、都市的消費生活様式の浸透、宴の日常化、儀礼の変容などの動きがみられます。これらを上記の関わりに焦点づけて調査し、人間と他者(自然・人・カミ)の関係の変質に関する一事例研究として、まとめたいと考えています。

ゼミ紹介

さまざまな立場・利害・価値観の人々がいる現代社会。彼ら(私たち)が、どのように自らや他者を認識、表現し、争ったり、共同したりしているのかの諸相を個別具体的な事例に即して調べます。事例はゼミ生が自由に持ち寄ります。湖や森など資源をめぐる関係、小集団の人間関係など何でも結構ですが、そのテーマに関する文献資料を広く収集し、実地調査をおこなうことを期待します。その成果を発表し、質疑応答しあうなかで理解を深めます。これらの作業を通じて、個人と社会の関係や文化の性格ないし役割について考えます。

主な担当授業科目

【院】社会学特殊研究(演習)/社会学・文化人類学演習/社会学演習/フィールドワーク/社会調査実習

所属学会

日本社会学会/東南アジア学会/文化人類学会/生きもの文化誌学会/日本タイ学会/関西社会学会/比較家族史学会/パーリ学仏教学会/アジア政経学会

経歴・活動歴

1956年大阪市生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士後期課程単位取得退学。文学修士。神戸大学文学部助手を経て、1990年大谷大学文学部専任講師、1995年助教授、2004年同教授、現在に至る。2012年大谷大学大学院文学研究科長。

主要著書・論文

共著 『Chickens and Humans in Thailand: Their Multiple Relationships and Domestication』(The Siam Society)
『An Illustrated Eco-history of the Mekong River Basin』(White Lotus)
『東アジア「地方的世界」の社会学』(晃洋書房)
『ヒトと動物の関係学 第2巻家畜の文化』(岩波書店)
『タイ文化圏の中のラオス』(慶友社)
『ラオス農山村地域研究』(めこん)
『論集 モンスーンアジアの生態史 第1巻生業の生態史』(弘文堂)
『メコンの世界』(弘文堂)
『越境する移動とコミュニティの再構築』(東方書店)
『東アジアの家族・地域・エスニシティ』(東信堂)
『タイを知るための60章』(明石書店)
『続・タイ農村の構造と変動』(勁草書房)
『タイ事典』(めこん)
『タイ:工業化と地域社会の変動』(法律文化社)
論文 "Conflict between Water Buffalo and Market-Oriented Agriculture: A Case Study from Northern Laos"

Home > 教員一覧 > 髙井 康弘

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです