ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 草野 顕之 【日本仏教史   真宗史】

教員一覧

草野 顕之 【日本仏教史   真宗史】

草野 顕之 教授 Kusano, Kenshi

草野 顕之 教授 Kusano, Kenshi

博士(文学)

【専門分野・資格】
日本仏教史(中世)・真宗史

研究領域・テーマ

真宗史/日本仏教史/親鸞伝

研究内容

これまで、戦国期本願寺教団の組織や制度の問題を、年中行事や儀式のあり方を分析することを通して明らかにしようと努めてきました。そして現在は、戦国期からさかのぼり、真宗初期教団が成立した南北朝時代、さらには鎌倉期における親鸞の生涯とその伝承などに研究対象を広げています。授業では、広く仏教文化に関する史料を読んでいます。

ゼミ紹介

修士課程においては、前期は日本の仏教文化に関する文献を解読し、そこに含まれる歴史上の諸問題を取り上げて、受講生それぞれがテーマを設定して報告します。また、後期には別の仏教文化文献の精読や、修士論文に向けた個別発表を行います。博士後期課程においては、学年の始めにその時点における博士論文の構想を報告し、前期後半から後期にかけては、その構想の一部分の個別的な報告を繰り返します。いずれも、他のクラスとの合同演習の形式をとっています。

主な担当授業科目

【院】仏教文化特殊研究(演習)/【院】仏教文化特殊研究(文献研究)/古文書演習/日本史学概論

所属学会

仏教史学会/真宗連合学会/日本史研究会/日本古文書学会/大阪歴史学会/中世史研究会

経歴・活動歴

経歴

1952年福岡県生まれ。大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。大谷大学特別研修員を経て、1985年大谷大学文学部専任講師に就任。1993年助教授、2000年に教授。現在に至る。

1998年大谷大学学生部長(2000年まで)、2006年文学部長(2008年まで)、2010年学長(2016年まで)。

活動歴

大阪市文化財保護委員会会長代理。

主要著書・論文

単著 『親鸞の伝記—『御伝鈔』の世界—』(筑摩書房、2010年)
『真宗教団の地域と歴史』(清文堂、2010年)
『戦国期本願寺教団史の研究』(法蔵館、2004年)
単編著 『信の念仏者 親鸞』(吉川弘文館、2004年)
『蓮如大系第4巻 蓮如と本願寺教団(下)』(法蔵館、1996年)
共著 『図説 日本仏教の歴史 室町時代』(佼正出版社、1996年)
『真宗大谷派の荘巌全書』(四季社、1994年)

Home > 教員一覧 > 草野 顕之

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです