ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 赤瀬 知子 【国文学】

教員一覧

赤瀬 知子 【国文学】

赤瀬 知子 教授 Akase, Tomoko

赤瀬 知子 教授 Akase, Tomoko

博士(文学)

【専門分野・資格】
国文学
(王朝・中世の和歌と歌学)

研究領域・テーマ

日本古典文学の中の和歌文学/歌学書の研究/歌学、歌語、歌の家/和歌注釈書の研究/注釈、享受史、百人一首/歌枕の研究/歌枕、名所、名所歌集

研究内容

わが国の古典文学、さらに広くは古典的美意識の中心となった王朝(平安時代)の和歌を、研究のテ-マとしています。王朝の和歌そのものについての理解を深めるとともに、王朝の和歌が、鎌倉時代以後、どのように理解されてきたかという問題-これを享受史という-にも興味をもって研究しています。その関連で、室町末期ころまでの歌学書や和歌の注釈書、名所・歌枕なども研究対象としています。

ゼミ紹介

中古すなわち平安時代文学のゼミとして、おもに古今和歌集を読んでいます。古今和歌集は源氏物語にも大きな影響を与えた歌集ながら、従来、万葉集にくらべて人気の上で劣っています。しかも、源氏物語だけでなく、わが国の1千年の諸文化のトップに立ちつづけた、たいへん重要な歌集でした。そうした古今和歌集を1首ずつ、学生と一緒に丁寧に読み、その美意識、日本人のこころの原点をさぐろうとしています。

主な担当授業科目

【院】仏教文化特殊研究(文献研究)/【院】仏教文化特殊研究(演習)/国文学概論/国文学演習

所属学会

和歌文学会/中古文学会/仏教文学会/文藝學會

主要著書・論文

単著 『院政期以後の歌学書と歌枕-享受史的視点から』(清文堂出版、2006年)
『内裏名所百首注 疎竹文庫蔵』(臨川書店、1982年)
分担執筆 『平凡社大百科事典』(平凡社)
論文 「俊頼から顕昭・定家へ-『俊頼髄脳』をめぐって-」
「『俊頼髄脳』における享受と諸本-諸本論のための試論-」

Home > 教員一覧 > 赤瀬 知子

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです