ここからサイトの主なメニューです

Home > 大学概要 > 大学評価 >

大学概要

大学評価

大学基準協会による機関別認証評価結果(2008年度受審)

大谷大学に対する大学評価結果ならびに認証評価結果

大谷大学は、2008(平成20)年度に(財)大学基準協会による大学評価ならびに認証評価を受けた結果、同協会の大学基準に適合していると認定されました。認定の期間は2009(平成21)年4月1日から2016(平成28)年3月31日までです。

大谷大学短期大学部に対する認証評価結果

大谷大学短期大学部は、2008(平成20)年度に(財)大学基準協会による短期大学認証評価を受けた結果、同協会の短期大学基準に適合していると認定されました。認定の期間は2009(平成21)年4月1日から2016(平成28)年3月31日までです。

改善報告書

大谷大学 「提言に対する改善報告書」の提出

大谷大学では、2008(平成20)年度に大学基準協会の大学評価(認証評価)を受審し、「適合」の判定を受けておりますが、その際に指摘事項として、13項目の「助言」ならびに1項目の「勧告」を付されました。

本学としては、これまでこの「助言」ならびに「勧告」への対応に取り組んでまいりましたが、2012(平成24)年7月、「提言に対する改善報告書」を大学基準協会に提出いたしました。

大谷大学短期大学部 「提言に対する改善報告書」の提出

大谷大学短期大学部では、2008(平成20)年度に大学基準協会の大学評価(認証評価)を受審し、「適合」の判定を受けておりますが、その際に指摘事項として、4項目の「助言」ならびに1項目の「勧告」を付されました。

本学としては、これまでこの「助言」ならびに「勧告」への対応に取り組んでまいりましたが、2012(平成24)年7月、「提言に対する改善報告書」を大学基準協会に提出いたしました。

「改善報告書検討結果」の受理

大谷大学 「改善報告書検討結果」の受理

2012(平成24)年7月に、本学が大学基準協会に提出した「提言に対する改善報告書」について、2013(平成25)年3月15日に、大学基準協会から検討結果を受理いたしました。

検討結果では、14点の改善報告について、「提言・勧告を真摯に受け止め、意欲的に改善に取り組んでいることが確認できる」とされている一方、いくつかの項目については、「取り組みの成果が十分に表れて」おらず、「引き続き一層の努力が望まれる」とされています。

本学としては、これらについて今後も引き続き、一層の努力を行っていきます。

大谷大学短期大学部 「改善報告書検討結果」の受理

2012(平成24)年7月に、本学が大学基準協会に提出した「提言に対する改善報告書」について、2013(平成25)年3月19日に、大学基準協会から検討結果を受理いたしました。

検討結果では、5点の改善報告について、「提言を受け止め、改善に取り組んでいることが確認できる」とされている一方、いくつかの項目については、「取り組みの成果が十分に表れて」おらず、「引き続き一層の努力が望まれる」とされています。

本学としては、これらについて今後も引き続き、一層の努力を行っていきます。

Home > 大学概要 > 大学評価 >

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです