スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 学部での学び > 卒業研究

学部での学び

卒業研究

4年間の学びを可視化。各学部・学科によって、成果を多様なかたちで発表します。

本学の卒業研究は、「卒業論文」「卒業研究」「卒業制作」のいずれかの形で4年間の集大成をまとめ、発表します。学部・学科によってはグループで共同研究を行ったり、レポート、本、映像、音声など、研究内容に最適な提出物の形態を選ぶことができます。先生からのアドバイスや友人の意見、自分の疑問などと徹底して向きあい、長い時間をかけ準備していきます。提出後は「口述試問(発表・質疑応答)」が必須です。

大学の授業の種類

大学で行われる主な授業形態は次の4つです。

卒業論文 200字詰め原稿用紙100枚以内、文字数約20,000字におさめて仕上げます。ゼミナールの中で中間報告としてプレゼンテーションを行い、しっかりと自分の考えをまとめていきます。中には、和綴じで製本する学生もいます。
卒業研究 事業の企画・実践による成果報告書や、フィールドワークによる調査報告などを文字数約20,000字以内でまとめます。グループでの共同作業、共同調査を行うことも可能ですが、分担を決め報告書等は一人ひとり提出します。
卒業制作 文芸作品、翻訳作品、映像・音声作品を、卒業制作として発表できます。グループでの共同制作も認められています。作品とは別に6,000字程度で作品内容を解説した「作品解題」を一人ひとり提出することが求められます。

各学部・学科 卒業研究提出タイプ一覧

文学部

学  科 卒業論文 卒業研究 卒業制作
真宗学科
仏教学科
哲学科
歴史学科
文学科
国際文化学科

社会学部

学  科 卒業論文 卒業研究 卒業制作
現代社会学科
コミュニティデザイン学科

教育学部

学  科 卒業論文 卒業研究 卒業制作
教育学科

卒業研究完成までのスケジュール(一例)

第3学年 3月 これまでに学んできた内容の中から、自分のもっとも興味のあるテーマは何かを考えます。
第4学年 6月 さまざまな資料やデータを読み、必要な情報をまとめ、自分の卒業研究のテーマを決定します。
第4学年 10月 中間報告。ゼミの先生や他のゼミ生のアドバイスをもとに、軌道修正をすることもあります。
第4学年 11月 月に数回は先生の指導を受けながら、熟考しつつ執筆・作成を進めます。
第4学年 1月 完成、提出。口述試問を受けます。先生の前で研究内容について発表し、質疑応答を行います。

Home > 学部での学び > 卒業研究

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです