スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 大学院文学研究科 > 社会学専攻

大学院文学研究科

社会学専攻

2017/05/22

2016/10/24

2016年度大谷学会研究発表会

2016/06/08

教育研究目的

現代社会の現状と問題点を社会科学的な手法でグローバルな視点から研究し、客観性と共感性をもって、その解決に寄与することのできる人物の育成をめざす。

修士課程

現代社会が国の内外を問わず直面する課題に、「現代社会学」と「文化人類学」の2つの領域から社会科学的に探究していく。

不透明さを増しつつある現代社会のなかで、その基本的しくみと変化、そこでの人間の生き方を、社会科学の目を通し探究するのが、社会学専攻です。
このような課題を追求するためには、まず私たちの社会や文化の現状と問題点を正しく認識することが大切です。同時に、人や情報の交流が、従来の境界を容易に越えて成立する現代において、私たちとは異なった社会や文化に無関心でいることはできません。このような課題に対応して、修士課程では、「現代社会学」と「文化人類学」の2つの領域から研究を進めていきます。

●現代社会学研究
現代社会のあり方や問題点を、人間の行動様式や社会関係、集団や社会構造の性格を通して追究します。その際、現代社会を特徴づける社会制度や情報社会の問題は、特に重要だといえます。そこに生じるさまざまな問題、変貌する家族の実態、さらにマスコミや仮想現実などに関連する諸問題を、現代社会学の立場から探究します。

●文化人類学研究
異文化研究の理論と方法を体系的に学び、複雑に交錯する現代文化の特質や私たちの社会における共生のあり方を追究します。そのためには、現場と結びついたフィールドワークの手法、すなわちさまざまな社会において文化人類学が開拓してきた実証的な研究の手法を用いて、異文化の理解を試みます。

博士後期課程

修士課程における基礎研究を踏まえながら、その研究成果を現実社会にフィードバックし、問題解決を試みることをめざす。

博士後期課程では、修士課程における基礎研究を踏まえながら、さらにその展開をはかり、研究成果を現実社会にフィードバックして問題解決を試みることをめざします。また、研究課題を絞り込むために現代社会学、文化人類学という2つの研究領域を設定した修士課程とは異なり、研究者としての視野の拡大を促すために、研究領域の選択を特には求めません。
文献を中心にした理論研究、社会調査、フィールドワークなどの学生の研究活動と研究指導の連繋をはかるため、各人の研究テーマに対応して個別の研究指導を行います。

最近の修士論文題目(抜粋)

●日本における高齢者福祉の現状と課題
●現代タイ青年とタンマカーイ寺院 -青年ボランティア活動と功徳の分析-
●チベット文化圏北インド・ラダックにおける葬送儀礼の研究
●対人間葛藤の発生と保育士の介入
●中日青少年犯罪・非行の比較研究
●東北タイ農村社会における居住空間概念 -生活様式の中で-
●「教育言説」としての「地域」・「地域社会」の研究
●少年非行の現代的特徴 -精神・心理的側面との関わりで-
●ファシズムとプロパガンダ -ドイツと日本との比較を通して-
●監視と自由 —監視カメラを監視する—
●寺院の社会貢献 —保育園運営に注目して—
●現代タイ人の霊魂観と葬送儀礼 ~タイ北部の農村の事例を中心に~
●チベット・アムド地方レプコン地域における3歳男児の通過儀礼 —ジャワォガン村を事例として

最近の課程博士論文題目(抜粋)

●北タイ民間治療師(モー・ムアン)の民族誌-治療師- クライアント関係の変容を中心に
●個人の社会的関係が外界認知と外界の記憶とに及ぼす影響
●公立学校における民族学級の意義と可能性 -大阪府の事例を手がかりに-
●在日カンボジア難民におけるディアスポラ性 -多文化共生言説とそれにともなう葛藤-

Home > 大学院文学研究科 > 社会学専攻

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです