ここからサイトの主なメニューです

Home > 学術研究 > 真宗総合研究所研究紀要 > 『真宗総合研究所研究紀要』36号

学術研究

真宗総合研究所研究紀要

『真宗総合研究所研究紀要』36号

目次

 

川口 淳 <調査報告>
上宮寺所蔵・清沢満之直筆「俗諦と道徳との交渉」注解
<翻刻>
上宮寺所蔵・清沢満之直筆「俗諦と道徳との交渉」の翻刻
川邉 雄大 <翻刻>
上海別院「河崎輪番日記」(写本)について
藤原 智 親鸞『教行信証』「化身土巻」における『論語』引用について
—法琳・遵式の引用を通して—
徳田 剛
山下 憲昭
松岡 淳爾
中山間地域に立地する真宗寺院の現状と課題
—人口動態と他出子対応の視点から
大原 ゆい 地域福祉実践が内包する<よりそう支援>の構造分析
—ドナルド・ショーンの省察的実践者を手がかりに—
阿部 利洋 カンボジア・サッカーのグローバル化
上田 敏樹 ウェアラブル端末を利用して改善する学生の睡眠時間帯についての考察
TANAKA Masataka In the Hope for Change: Media and Audience in the Post-Charisma Era in Benin and Togo
西沢 史仁 チベット初期中観思想における二諦説
—トルンパとギャマルワの二諦を巡る論争—
渡邊 温子 <訳注研究>
『大尊者ミーラレーパの甚深なる伝記』試訳(2)
宮崎 展昌 <訳注研究>
蔵訳『阿闍世王経』第Ⅲ章前半部分訳注研究
小谷 信千代
秋本 勝
上野 牧生
加納 和雄
福田 琢
本庄 良文
松下 俊英
松田 和信
箕浦 暁雄
<資料>
新出梵本『俱舎論安慧疏』(界品)試訳(6)
2017(平成29年度)研究所報告

論文の本文は大谷大学学術情報リポジトリに掲載しています。

Home > 学術研究 > 真宗総合研究所研究紀要 > 『真宗総合研究所研究紀要』36号

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです