ここからサイトの主なメニューです

Home > 就職情報/キャリア支援 > OB・OGからのメッセージ

就職情報/キャリア支援

OB・OGからのメッセージ

卒業後の進路

一人ひとりの未来に続く、多様な進路があります。

本学で「人間学」を学んだ卒業生たちは、大学院や社会に進み、それぞれの場でさらに人間的な成長を遂げています。本学では一人ひとりの個性や目標に応じた幅広い進路に対して、それらを力強く支える体制や環境を整えています。

文学部 社会学科 2011年度卒業
長友 拓路さん 伏見区役所(京都市) 勤務

文学部 真宗学科 1998年度卒業 畑野 円瑞さん 京都パナホーム(株) 営業職

窓口へ足を運ぶ相談者に寄り添い、安全な生活環境作りに励んでいます。

社会福祉学コースで学んだことを活かし、高齢者福祉に関する相談業務を担当しています。相談の内容は、入居する老人福祉施設の相談から、介護の問題などさまざま。それぞれの相談内容に適した対応方法を試行錯誤し、その方法によって相談者の方に安心できる暮らしを提供できたとき、仕事のやりがいを感じます。今後は幅広い知識を身につけ、より多くの人がよりよい暮らしができるよう業務を進めていきたいです。

私のOTANI LIFE

“自分たちの暮らしと社会福祉がどのように関係しているのか”という問いについて、疑問を持ち、文献や資料を読んで学び続けてきたことが、今の仕事に活きています。

文学部 国際文化学科 2012年度卒業
中西 鞠奈さん (株)鶴屋吉信 勤務 

国際文化を学ぶ中で京都の魅力を再発見。自分の進むべき道を見つけました。

世界のさまざまな文化を学び、今も伝統を重んじる京都に魅力を感じました。「この古き良き京都で働きたい」とキャリアセンターへ相談にいったことが、京菓子の老舗「鶴屋吉信」を知るきっかけに。現在は販売を担当し、大学での学びやアルバイトで培ったコミュニケーション力を活かしています。結婚や七五三など、人生の節目に寄り添えることも、この仕事の魅力のひとつ。江戸時代から続く会社の歴史を守るため、サービス向上に努めたいです。

私のOTANI LIFE

異文化を学び、広い視野で物事を見る習慣がつきました。接客のアルバイトでもその習慣を活かし、人の気持ちを汲み取る力を身につけてきたことが、今の仕事の糧になっています。

短期大学部 幼児教育保育科 2010年度卒業
山口 志織さん かもがわ幼稚園 勤務

子どもたちの成長を見守りながら自分の成長に向けた目標を設定。

幼稚園教諭とは、人の成長過程で最も重要な時期にかかわるもの。日々の保育で、真剣に子どもたちと向きあうほど、成長を実感したときの喜びは大きいです。今の目標は、行事で発表する歌やダンスの練習を子どもたちが楽しく前向きに取り組めるよう工夫のできる幼稚園教諭になることです。在学中は、実習や就職活動などで悩むことが多くありましたが、同じ夢を持った友だちと切磋琢磨しながら、前向きに頑張ったことが現在に活きています。

私のOTANI LIFE

幼稚園へボランティアに行ったことがよかったです。実習中には見る機会が少なかった、運動会や発表会の準備を経験。裏方としての地道な作業も幼稚園教諭には必要だと学びました。

Home > 就職情報/キャリア支援 > OB・OGからのメッセージ

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです