スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 文学部 > 歴史学科

文学部

歴史学科オリジナルサイトへ

2016/06/08

学科別対談ページ(歴史学科)

歴史学科スペシャルコンテンツ わたしとれきし

今、切り開く教育力(歴史学科)

日本史コース  東洋史コース  交流アジアコース  歴史ミュージアムコース

歴史学科コース概念図

歴史学科での学び 

日本を含む東アジアの歴史およびそれと不可分な仏教など諸宗教・思想を対象とした歴史学研究を通じて、現代社会で直面するさまざまな課題を多角的かつ的確に分析し、それに対処しうる人物の育成をめざします。

学びの特色

理論、心、そして人間そのものを学び知る機会を数多く提供します。

歴史はなんのためにあるのか?今ある現象はどこで生まれて、どこから来ているのか?…そんな考えを含め、歴史学科では今を生きる力や現代社会の有り様を、歴史を考察することから学んでいきます。古代から近現代に至る日本や中国を中心とした東アジアの歴史から、モノ(文化財)や交流まで、バラエティに富んだ領域から真の歴史を紐解き、自分で考える力や自分が生きる力を育てます。

1年次での学び-初年次教育の特色-

「覚える歴史」から、「考える歴史」へスムーズにシフトします。

高校時代までの「覚える歴史」から大学での「考える歴史」にスムーズにシフトするため、1年次では、歴史を学ぶ材料(史・資料)を自在に使う方法論や与えられた課題のグループ考察・発表などを通して、歴史を学ぶ上で必要となる基本的なスキルや発想法を養います。また、1年次の後半では、2年次以降に選択するコースのガイダンスの時間も設けています。「歴史学科で何を学ぶべきなのか」を考えるキッカケやヒントになるよう、4つの方向性を示していきます。

2年次以降の学び-専門研究の特色-

文献をもとに、検証・考察し、自分の手で歴史を書き直します。

文献の読解や知識とともに歴史を自分で考えるために重要となるのは、多岐にわたる事象やその背景を整理し処理する能力です。2年次以降の学びでは、講義やゼミ、フィールドワークといったさまざまな教育手法で知見を広げながら、情報処理能力を磨いていきます。文献を元にさまざまな角度から歴史を検証・体感し、考察していく…。その結果、自分自身の考えによる新しい歴史を書き直すという一つの頂上にたどり着くことができるのです。

身につくチカラ

情報処理能力と、多角的な視野と眼力を身につけます。

歴史は宗教や思想、政治、文化、生活など、さまざまな情報から成り立っています。つまり歴史を理解し、書き直すには、それら膨大な情報を処理しなければいけません。そのために、歴史を深く学ぶことで、情報処理能力が身につきます。さらに、さまざまな歴史を考察することで、多角的な視野と真偽を見極める力も身につきます。

卒業論文

卒業論文のテーマ

戦国大名と国人
  ~大内氏を中心に~
通信使における朝鮮観の二面性
応仁・文明の乱と京都近郊荘園
豊臣秀吉の天下統一と神国思想
紀貫之論
  —歴史的位置づけをめぐって—
鈴木大拙論
  —その親鸞論をめぐって—
磯部浅一の思想と言動
寺社勢力と朝廷—中世前期における南都北嶺の争いを中心に—
大宰府考
都のモード
  —描かれた衣装の模様と彩色—
日本中世の医療体制
  —医官の活躍を中心に—
奥州藤原氏と鎌倉幕府
  —『吾妻鏡』における記述を中心に—
近世遊郭史
ヤケ考
雑賀衆の内部構成と信長の雑賀攻め
院政と院御所
  —後白河上皇と法住寺殿を中心に—
中世惣村の生存をめぐって
  ~湖北菅浦を中心に~
応仁・文明の乱と室町幕府
  —東西幕府論をめぐって—
信州遠山郷 霜月祭の歴史と文化
  ~伝承と儀式の変遷~
近代日本の女性同性愛者
  —婦人誌の記事を手がかりに—
宮古島人頭税廃止請願運動について
藤原不比等と天武皇統
  —「黒作懸佩刀」と「横刀」—
大蔵経の受容と展開
平安貴族の衣服について
  —禁色と過差の問題を中心に—
豊臣秀吉の朝鮮侵略
鎌倉御家人の所領獲得と幕府法
幕末京都の政治と民衆
中世における死穢の観念
豊臣秀吉政権における茶会と饗応の政治性
前期摂関政治に関する一考察
  —藤原氏による“他氏排斥”の評価をめぐって—
草創期における源頼朝の東国支配
  —寿永二年十月宣旨の研究—
幸徳秋水論
  —その思想と大逆事件—
豊臣政権における船手衆の役割
祖先顕彰にみる仲麻呂政権の性格
中継ぎとされた女帝たち
  —元明・元正をめぐって—
箱館戦争と庶民について
後醍醐新政の理想と実像
戦国期分国法の特質
本能寺の変における信長・光秀・朝廷の関係
近江商人外村与左衛門家の真宗信仰と「家訓」からみる天人合一思想と理気論
織豊期の政治と茶頭
  —堺衆を中心に—
平安中期における社会と仏教
  —法会における僧侶の動向を中心に—
乳母の歴史的展開
  —中世社会における役割の重要性—
織田信長の四国政策と本能寺の変
毛利隆元の生涯とその役割 
奈良時代の陰陽寮官人の動向
祐天上人の女性救済
  —『祐天大僧正利益記』を中心に—
織田信長と宗教勢力の関係
  —法華宗を中心に—
武田信玄の北進政策
尼崎の地域史的研究
豊臣秀吉の京都改造と神聖都市論
戦国期の政治と結婚
  —浅井三姉妹お江の生涯を通じて—
平安京の市について
  —官営市の変遷を中心に—
芹沢鴨暗殺事件と新選組の誕生
ヤマトタケル考
中世における商人の動向
  —保内商人を中心に—
近世前期土佐藩における郷土制度の役割
近世京都における借家人問題
  —町共同体との関連において—
糸賀一雄論
近世後期における無宿と身分制社会—『藤岡屋日記』を中心に—
唐の括戸政策
始皇帝政権の思想
明代における山西商人と官僚たち—張四維を中心に
モンゴル帝国の軍事
  ~チンギス・カンとクビライ・大カアンを中心に~
二十世紀初期の日中外交と鉄道問題
曹操の後継者について
「かざり」—会所の意匠—
黒田清輝と構想画
神護寺薬師如来立像
  ~形から読み解く造像背景~
広隆寺上宮王院の聖徳太子像について
中世日本における入浴行為と人々
御伽草子に見る食文化
御燈と由祓
中国の正史に見る星座
  —『史記』天官書と『晋書』天文志の比較を中心として—
熊野古神宝—輝く蒔絵の美—
仏師康尚の時代
  —日本的様式の成立—
浮世絵に見る江戸の園芸
西夏と北宋
徴兵令と徴兵忌避について
近代日本とハンセン病
霧社事件の全容
  その影響と動揺
日宋貿易に至るまでの日中交流
梁の武帝と南朝の黄金時代
満蒙開拓移民の歴史と実態
『サザエさん』からみる戦後史
中国神話と日本神話の比較
米の原点~稲作の軌跡をたどる~
曹操の人物像
太平天国の外交と対外姿勢

Home > 文学部 > 歴史学科

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです