ここからサイトの主なメニューです

Home > 文学部 > 共通基礎科目・学科専門科目

文学部

共通基礎科目・学科専門科目

共通基礎科目

全学生が履修する大谷大学の学びの基礎

全学科の学生が共通して履修する科目。「学びの発見」「人間学」などがあります。また、必修の英語に加え、第2外国語としてドイツ語、フランス語、中国語、韓国・朝鮮語のうちから一つを選択します。

学科専門科目

各学科・コースごとの専門的な学び

各学科での学びの中心となる科目。第1学年の後期には「専門の技法」の授業で辞書や資料などの基本ツールの使い方を習得し、研究方法の基礎を身につけます。第4学年次には4年間の集大成として卒業論文を作成します。

授業の構成

演習 各学科の学習の中心となる授業で「ゼミナール」ともいいます。発表とディスカッ
ションを重ねて、コースに応じた体系的な学習を進めます。
概論 特定のテーマに絞らず、それぞれの学問体系を広く全体的に見渡し、コースの
あらましについて講義形式で学びます。
講義 教員が学生に授業テーマを解説していく授業スタイルです。授業内容は
教員の学問研究のテーマに基づいた専門的なものです。
実践研究 各学科の専門的な学習を深めていくために、多くのテキストを読みこなします。
実習系の科目も含みます。

Home > 文学部 > 共通基礎科目・学科専門科目

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです