スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 文学部 > 教育・心理学科

文学部

教育・心理学科

2016/10/24

2016年度大谷学会研究発表会

教育 スペシャルサイト

学科別対談(教育・心理学科)

今、切り開く教育力(教育・心理学科)

教育・心理学科紹介動画

2016年3月13日(日)にサンテレビの「アサスマ!」にて、本学の教育・心理学科が紹介されました。おおたにキッズキャンパスの準備風景から、4・5号館の施設等を紹介していますので、ぜひご覧ください!

教育学コース  心理学コース 

教育・心理学科コース概念図

教育・心理学科での学び

いのちを尊ぶ宗教的情操を涵養するとともに、教育・心理に関する専門的な知見を身につけ、幼児・児童の教育において、豊かな人間理解の態度と能力を備えた人物の育成をめざします。

学びの特色

理論、心、そして人間そのものを学び知る機会を数多く準備しています。

教師としての専門性を身につけるにあたっての子ども理解の手法を、教育学などの教育理論や発達心理学・臨床心理学といった理論、また教育現場を見据えた実践・体験など、「教育」「心理」「実践・体験」の3つのアプローチで広く深く学んでいきます。さらに、4年間を通じて学ぶ「人間学」から、教育に大切な自己理解、他者理解を深めていきます。

1・2年次での学び-初年次教育の特色-

教育を学ぶためのベースを、体験と理論から構築します。

大学の学びに早い段階で馴れてほしいという狙いから、少人数制できめ細かい指導を実施(演習Ⅰ・Ⅱ)。クラスメイトが発表するテーマに対してそれぞれが意見を述べながら、コミュニケーション能力を養成します。「専門の技法」では、国語教育、図画工作教育、音楽教育の先生が交代で担当し、「想像する力・表現する力」を養う授業を行っています。また、「初等教育実践論」では、教育現場を体験するために1年次から学校ボランティアを推奨しています。

3・4年次以降の学び-専門研究の特色-

きめ細かい専門領域での学びを提供します。

それぞれが興味を持つ「教育学領域」又は「心理学領域」の少人数ゼミを選択し、指導教員による専門領域の学習を進めていきます(演習Ⅲ・Ⅳ)。さらに、教育学領域では「教育学(教職教育)」「実践教育学(教科教育)」を、心理学領域では「教育心理学」「発達心理学」「臨床心理学」といった専門性の高い学びの機会を提供。また、4年次で行う教育実習を控えた3年次では、小学校などへのインターンシップなど学外での体験型学習も積極的に行っています。

身につくチカラ

人間としての底力が身につきます。

教諭資格の取得だけではなく、子どもの行動や心を理解できる力が身につきます。その力は、今後、さまざまな場面で社会と子どもの橋渡しや子育てなどにも役立ちます。

卒業論文

卒業論文のテーマ

発達障がいのある子どもの社会自立を目指したよりよい支援を求めて
  ~家庭支援と学校支援を通して~
小学校の外国語活動のあり方を求めて
発達障がいのある児童の支援を通して
  ~小学校における学級経営について~
発達障害のある人の就労支援について
発達障がいのある子どもといじめについて
  ~その原因と支援を探る~
おりがみ遊びが子どもの成長に与える影響
図画工作科の授業における鑑賞の活動
小学校の図画工作科を面白くする指導
授業のユニバーサル・デザイン化を目指して
ダイエットにおける色彩の効果
色彩心理からみる現代の大学生のファッション
食器における色
食と子どもたちの成長
鑑賞の授業づくり
  ~音楽を可視化する~
音楽がもたらす効果
子どもにとって魅力のある音楽の授業とは
人間として生きるための教育
教育における環境構成の重要性
音楽劇が児童に与える影響
子どもにとっての音楽の役割と効果
  —保育現場での実践に向けて—
子どもの可能性を広げる絵本
  —選択と活用方法—
子どもの成長とスキンシップ
日本ラグビーの未来を考える
サッカーの可能性
相手に与える印象を変化させるノンバーバルコミュニケーション
考えを押し付けない道徳教育の学習展開とその考察
いじめ問題の現状と対策に関する考察
子どもの心に響く「道徳の時間」の学習展開
子どもの知的な発達の遅れに関する研究
学習意欲を高める授業についての考察
子どもの規範意識を高める教科等の指導
クレーマー化する保護者の実態についての考察
理科教育における教材研究の重要性
理科教育における天体の意義と授業方法
理科教育におけるアクティブラーニングの有効性
理科教育におけるアクティブ・ラーニングの重要性
小学校理科観察・実験百選
理科における言語活動の充実
理科教育における体験活動の重要性
対人コミュニケーションに関する研究
自閉症児への視覚的支援
スポーツにおける動機づけマネジメント
性格形成の要因
幼児の遊び
子どもの学習意欲を高める
幼児の遊び仲間関係
いじめについて
家庭教育
「中1ギャップ」とその対策
支援を必要とする児童について
情報社会における情報教育
子どものストレスについて
フレネ教育についての一考察
モンスターペアレントについての一考察
小学校における人権教育の一考察
術前の乳がん患者のボディイメージの変容への不安
菓子パッケージの配色における印象評価と性格特性との関連性
猫カフェ利用者の孤独感と猫への行動との関連性
東京ディズニーリゾートにおける魅力要素と来園回数との関連性
痩身願望と完全主義との関連について
現在の生命倫理の諸問題の考察
  —出生前診断・人工生殖を中心に—
児童虐待の現状と対応策の考察
高等学校運動部における勝利至上主義の変遷と影響
ユニバーサル化に向けた特別支援教育の考察
  —全ての子どもが学べる方法の開発—
競争教育と子どもの成長についての考察
キャリア教育とその意義の考察
日本における牛肉食の文化と歴史
日本とアメリカにおける教室の座席システムの比較
家事分担と希望の就労形態からみる学生の性別役割分業意識
悲しい気分時に音楽を聴くか聴くならどのような音楽を聴くか
青年期の対人恐怖と第一印象について
野球における個性を尊重した指導
サッカーにおける日本と海外の育成についての考察
認知症行方不明者の実態
柔道の国際化に伴って今後日本柔道に及ぼす影響
小学校における語彙力の育成について
  —教材研究・学習指導案・授業実践の流れの中で—
「話すこと・聞くこと」の授業について
  —「ともこさんはどこかな」の実践を中心に—
「スイミー」の指導法
  —五感を刺激する表現に着目して—
パネルシアターにおける指導法
物語教材の指導法
  —かいがらを中心に—
「読むこと」の指導法
  —「イーハトーヴの夢」の実践から—
説明的文章の指導法
  —「花の形に秘められたふしぎ」を中心に—
不登校の原因とその解決策についての考察
  —高垣 忠一郎の所論を通して—
道徳教育を通して何を学ぶのか
現代における読書教育
学校現場における教育相談の可能性
  ~他機関・他職種との連携~
シュタイナー教育におけるエポック授業の可能性
いじめとその背景
自立活動の実態と活用法児童の自立を目指した学級経営のために
通級指導教室の現状と課題
共生社会に向けたインクルーシブ教育
事例研究による幼稚園の現状とその解決策についての考察
デフリンピックに関する歴史と知名度調査
障がい者スポーツに関する競技内容と知名度調査
コンビニエンスストアでの深夜来店客の購買行動
移動中のスマートフォン等の操作に関する実態と意識の調査
児童の攻撃性における家庭用ゲームソフトの影響
親しい友人間における呼称と親密度の関係
犯罪者はなぜ犯罪を犯したのか

Home > 文学部 > 教育・心理学科

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです