スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 文学部 > 人文情報学科

文学部

人文情報学科オリジナルサイトへ

2016/10/24

2016年度大谷学会研究発表会

学科別対談ページ(人文情報学科)

今、切り開く教育力(人文情報学科)

情報マネジメントコース  メディア表現コース

人文情報学科での学び

現代人に欠かせない情報技術(IT)を習得すると共に、文学部の勉学で得られる知見を総合して、人々の生活、職業や社会を豊かにする知識と技能を持つ人間を育成します。

大谷大学2015年6月 親鸞聖人御命日勤行・講話
「情報技術イノベーション 今昔物語」(人文情報学科 池田佳和教授)

この動画では、2015年6月26日(金)に厳修した御命日勤行・講話より、人文情報学科・池田佳和教授による講話「情報技術イノベーション 今昔物語」を紹介します。なお、人文情報学科の授業「情報表現学特殊演習1(担当:人文情報学科 上田敏樹准教授、人文情報学科アドバイザー 伴宙氏)」の一環として、動画の撮影と編集作業を学生有志が担当しました。

人文情報学科在学生による学び紹介(2014年6月15日オープンキャンパス)

人文情報学科松川ゼミ第4学年の学生たちが、学生目線で大学を紹介する「大谷大学紹介­動画」制作プロジェクトに取り組みました。
この動画では、「大谷大学紹介動画」のメイキング映像を流すとともに、学生たちが学科­で学んだ「情報伝達」の意味や、プロジェクトで感じたグループワークの困難さや楽しさ­の話も交えながら、大学生の実践的な学びを紹介します。また、人文情報学科でどのよう­な学びが出来るかも合わせて紹介しますので、ぜひご覧ください。

オープンキャンパス模擬授業/文化財をマルチメディアで表現する(2)デジタル・モーション・フォト —尋源館の光と影を映しだす—

この動画では、2013年8月4日(日)のオープンキャンパスにおいて実施された、人­文情報学科 伴宙講師による模擬授業「文化財をマルチメディアで表現する(2) デジタル・モーション・フォト —尋源館の光と影を映しだす—」の様子をご紹介します。

模擬授業概要

一眼デジタルカメラによる高精細撮影、超微速度撮影、モーションコントロールなどの技­術を組み合わせ、人の目では見る事のできない光と時間を捉えた尋源館の映像を制作して­います。
いかにして尋源館をビジュアライゼーションしていくのか? 撮影からポストプロダクション(編集)までの一連の流れを通して、最先端のデジタルイ­メージワークフローや次世代映像技術への試みを紹介していきます。

授業紹介/「デスクトップミュージック演習1」

この授業ではLogic pro(mac)を使って音、音楽サウンド制作、編集とメディアプロデュース解説について学んでいます。この授業から派生する形で「Ot Project」が立ち上がりました。このプロジェクトには、人文情報学科の学生だけでなく、学科の枠をこえた「Penki Factory」にて映像編集、楽器演奏、録音編集に興味のある学生が関わっており、映像撮影から編集、BGMの作詞、作曲、演奏までそのすべてが学生による手作りの作品です。
「Ot Project」は、大谷大学に関わる全ての“人”との繋がりをもとめてこれからも制作し続けます。

大谷大学 '13 Ot spring/summer_a

大谷大学 '13 Ot spring/summer_b

学びの特色

「人のためのIT」を中心に、幅広く奥深く、そしてバランス良く学びます。

情報系学科が文学部の中にあることが最大の特色です。プログラミングやITマネジメントなどを学ぶ「行動を支える技術」と、デジタルコンテンツやデータベースの制作などを学ぶ「表現を支える技術」が、本学科の大きな2本の柱です。
その2本の柱の上に乗せる屋根としての「情報社会における人間のあり方」を、文学部としての広い視野からバランス良く学んでいきます。
また、学科生全員にiPadを配布しています。教室だけでなく通学や自宅での実体験から、情報機器が「いつでも・どこでも・すぐに」使える情報社会の意味を考える機会を設けています。

1年次での学び-初年次教育の特色-

大学での学びや、コンピュータの基礎を理解します。

必修科目「人文情報学基礎演習」では、ITの知識と技能の基礎を1年間週2回、集中的に学びます。これが4年間の勉強の基礎となるため、学生一人ひとりのパソコン・スキルにあわせたクラス分けを行っています。担当教員陣で制作したオリジナルテキストを共通教科書としますので、クラスが違っても科目としての学びの質を保証します。
また、「インターネットに興味はあるが、パソコンや理数系は苦手」「大学と高校での勉強の違いがわからない」という人にも理解の糸口となる、さまざまなカリキュラムを用意しています。

2年次以降の学び-専門研究の特色-

身近なコンテンツ作成から高度なプログラミングまで、幅広く研究できます。

1年次での学びを基礎として、専門的なスキルを演習や実践研究で深めていきます。
「情報マネジメントコース」では、使う人の立場からアプリケーションや情報システムを構築する上での、さまざまなスキルを養います。
「メディア表現コース」では、デジタルライブラリーやデジタルミュージアムを意識した、デジタルコンテンツを制作するためのさまざまなスキルを養います。
それぞれの専門スキルを活用しながら、コース共通のキーワードである「人の役に立つ」とは何なのかを、情報社会における人間のあり方という面から深く考えていきます。

身につくチカラ

情報社会に必要な、ITの知識と技能に裏付けられた総合的な力が習得できます。

プログラム言語や情報システムの構築、Webや画像・映像作成のためのアプリケーションなど、複数のIT技能の利点・欠点を理解した上で適切な選択や組み合わせを行い、ソフトウェアやデジタルコンテンツなどを作る知識や技能が養えます。
また、制作の過程でグループワークや討論・発表などを行うことで、コミュニケーション能力が養われます。さらに、仏教を基礎とした人間の心のあり方や思想を学ぶことで、ITが人間社会に与える影響について理解を深められます。
これらを通して、具体的な技能を利用しながら抽象的な情報社会における人間のあり方について考えることのできる、情報社会で本当に必要となる総合的な力を習得できます。

卒業論文

卒業論文のテーマ

若者による違法行為自慢の心理
副業が本業になる未来
未来のテレビ文化
歩くまち京都
ビックデータ・マーケティング論
ITを活用した防災
車の自動運転システム
観光都市京都の交通インフラの改善
自転車駐輪場の未来
  —利用しやすい駐輪場—
スマートフォンとインターネットの文化
  —利便さが生む危険—
地方競馬の未来
情報社会におけるメディアの影響
ミーティング向けスケジュール調整アプリの提案
ゲームエンジンを使用したシューティングゲームの作成
学生への利便性を追求したスケジュール管理アプリ
旅行サポートアプリ「Tripic(トリピック)」の作成
学生の学生による学生のための大谷大学マップ
楽曲情報を管理するためのアプリ作成
ペンシルパズルの初心者向け支援システムの提案
画像を利用した観光案内システム
iosパスワード管理アプリの製作
寺院向け住所録管理ソフトの作成
訪日観光客に対する情報提示の一試案
  ~京都市内観光を例に~
提示媒体の違いがもたらすイメージ形成の影響
  —マンガを例に—
日米のヒーロー像の比較からみる「正義」感
動画配信による新たな経済活動
  —動画配信者の立場から—
原作付き映像作品の日本社会での受容
  —マーベル・コミックス作品を例に—
祝祭空間の演出の変遷
日本の少女マンガにみる表現の変遷
  —戦闘する少女像をもとに—
映画にみる規範意識とその逸脱
時代の変遷に伴うコンピュータゲームの変化
高校野球における犠牲バントの有効性
少年ジャンプ論
ネット依存と人の主体性との相関
バスケットボールにおけるシュート精度とプレッシャーの関連性
二輪業界とライフスタイル
プリウスはなぜイメージ戦略が成功したのか
自己意識と他者意識の影響
言論の自由と規制
  ~ヘイトスピーチを題材として~
ヒップホップの浸透性
バイクの三ない運動と市場
オンライン社会とインターネット中毒
  —その現状と問題解決についての考察—
ソーシャルゲームにおける課金コンテンツに関する考察
WordPressを用いた学会サイトの再構築
チベット仏教用語の定義集サイトの構築について
地元振興の為のfacebookの利用について
wordpressによる学術サイトの構築
研究文献管理システムの構築について
Wordpressを利用したまとめサイトの構築について
チベット仏教の語彙データベースの構築について
学術研究情報発信サイトの構築について
志願者を対象とした学科webサイトの構築
Youtubeはなぜ人気なのか
  —不正配信との関係—
若者言葉に与えるメディアの影響
3Dプリンターが社会に与える影響
パノラマウォークスルーを利用した彦根城バーチャルツアーの現実化
音楽業界における「リリックビデオ」普及の分析
映画実写化の増加傾向について
電子書籍の現状と将来性
テレビのアルコール飲料CMの自主規制と視聴者へ与える影響
電子教材としてのiPad
  —大谷大学での導入事例—
洋画における字幕と吹き替えの比較
画像処理を利用した大谷大学尋源館の復元
学校教育における情報機器利用の現状と課題
モンスターハンターデータベース
NBA選手データベース 2013年度~2014年度
京都市内の洋菓子店におけるシュークリームデータベース
関西企業データベース
酒量販店における酒類商品データベース
バス一日乗車券カードを用いて行ける京都市の神社と仏閣のデータベース
poppingダンスのデータベース

Home > 文学部 > 人文情報学科

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです