ここからサイトの主なメニューです

Home > 大学概要 > グランドデザイン【2012年度-2021年度】 > 社会貢献に関する方針/目標(行動計画)

大学概要

グランドデザイン【2012年度-2021年度】

社会貢献に関する方針/目標(行動計画)

社会貢献に関する方針

【大谷大学】
 本学は、教育・研究を通して、広く社会との連携を図り、以下の方向性をもって社会に貢献する。

 (1) 本学の学術資源を生かした社会貢献、国際貢献に取り組む。
 (2) 本学の教育研究の成果を基にしつつ、生涯学習の機会を社会に提供する。
 (3) 本学の教育活動を公開・提供する取り組みを推進する。
 (4) サービスラーニングを取り入れた教育プログラムを開発し推進するための準備室を、社会
     学科に設け、教育と地域の連携を図る。
 (5) 学内の社会連携・社会貢献の取り組みが相乗的に効果を上げることをめざし、学内横断的
     な会議体を設置する。

【大谷大学短期大学部】
 本学は、教育・研究を通して、広く社会との連携を図り、以下の方向性をもって社会に貢献する。

 (1) 本学の学術資源を生かした社会貢献、国際貢献に、大谷大学とともに取り組む。
 (2) 本学の教育研究の成果を基にしつつ、生涯学習の機会を社会に提供する。
 (3) 本学の教育活動を公開・提供する取り組みを推進する。
 (4) 行政との連携を深め、地域の子育て支援に取り組む。
 (5) 学内の社会連携・社会貢献の取り組みが相乗的に効果を上げることをめざし、学内横断的
     な会議体を設置する。

2014.3.14改訂

社会貢献に関する目標(行動計画)

1 社会貢献に関する目標

●「仏教的教養」を柱とした生涯学習機会の拠点となることをめざし、多様な学習ニーズへの対応を図る
●「人間学」を柱とした知的・人的資産を活用し、全国の同窓会支部と連携した、全国縦断型の生涯学習機能を充実させる
●大学の専門知識や経験を地域生活に密着した問題に活かす
●生涯学習講座の企画・立案、大学博物館の積極的な公開による生涯学習機能を強化する

Home > 大学概要 > グランドデザイン【2012年度-2021年度】 > 社会貢献に関する方針/目標(行動計画)

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです