ここからサイトの主なメニューです

Home > 大学概要 > 学長メッセージ

大学概要

学長メッセージ

大谷大学 第28代学長 /  木 越 康 (Kigoshi, Yasushi)

大谷大学の教育と研究

大谷大学は仏教精神に基づいて設立され、特に鎌倉期の仏教者、親鸞の思想を大切にする大学です。

ブッダは今からおよそ2500年前にインドで、親鸞はおよそ800年前に日本で生きられた方です。国も時代も異なりますが、お二人とも「人として、本来いかにあるべきか」、また「他者とどのような関係をもって生きるべきか」に苦悩し、正しい道を求めた方です。したがって大谷大学では、全ての学部、学科において「人として本来いかにあるべきか」、「他者とどのような関係をもって生きるべきか」を大切に問う学びを深めていきます。

現代社会は、たいへんな混乱状況にあります。多様な人々との交流が可能となるグローバル社会を迎えながら、互いに友好な関係を築くことができず、異なる他者を攻撃し、自分や自国のみの繁栄を願い求める状況があちらこちらで見られます。さまざまな困難を人一倍引き受けて生きなければならない人々を排除して、誤った栄華を誇ろうとするたいへん痛ましい事件も頻発しています。また、技術の発達によって、SNSなど、他者と容易につながる環境が整いましたが、それによって人間関係が友好的なものになったかと言えば、決してそうではありません。つながりを深めるためのツールが、逆に人を傷つけ、排除するための道具となる事件も多く見られます。

個人にとって世界が広がりを持つことは、人間生活を豊かにするうえで重要な発展であります。また、さまざま道具や技術の発達も、そのような社会の維持には不可欠なことでありましょう。しかし、私たち人間にとって最も大切なことは、そのような環境や技術の間にあってどのような自分となり、他者とどのように友好な関係を築こうとするのかという問題にあると言えます。他者を排除するのではなく理解し、弱者を切り捨てるのではなく寄り添って生きようとする自分をどう形成するのか。大谷大学はそのような課題のもとに、本来あるべき自分を見つめ、社会を創る、そのような意欲をもった人間を育てたいという願いのもとにある仏教の大学です。

異なる歴史、異なる環境に生まれればそれぞれに現実は異なります。現実が異なれば、個々の経験が異なってきます。経験が異なれば、そこから生まれる理念や信念も異なります。理念・信念が異なれば当然、意見も異なってきます。そして意見が異なれば、互いにどうしても衝突が生まれてしまいます。しかし私たちは、衝突で終わってはいけません。必ずその先にある世界へと、突き抜けていかなくてはならないのです。先にある世界とは、異なる他者が互いに敬って生きることのできる世界です。私たちは、自らの人生に誇りを持ちつつ、決して他者を蔑むことのない世界を求める心を失わずに、前に進んでいかなくてはなりません。ブッダも親鸞も、そのような世界へ進めと教えてくださった大切な先輩の一人です。

もちろんこのことの実現は、簡単なことではありません。私を含め、今なおそれを完成させられずにいます。その意味では、皆さんと課題を同じくする者です。今日からそのような私たちの仲間となって、共に新しい大谷大学を作りあげていって欲しいと思います。
※2017年度入学式告辞より

大谷大学第28代学長 木越 康
Kigoshi, Yasushi

略歴

1985年大谷大学大学院文学研究科真宗学専攻修士課程入学。1987年大谷大学大学院文学研究科真宗学専攻博士後期課程進学。1990年大谷大学大学院文学研究科真宗学専攻博士後期課程満期退学。1992年私学研修福祉会国内研修員(研修先:東京大学文学部 宗教学科)。1994年私学研修福祉会国内研修終了。1994年大谷大学短期大学部助手。1995年大谷大学非常勤講師。1998年大谷大学短期大学部講師。2002年大谷大学短期大学部助教授(2007年4月職制変更により大谷大学短期大学部准教授)。2007年立命館大学非常勤講師、仁愛大学非常勤講師(現在に至る)。2009年大谷大学文学部准教授。2013年同大学教授。

Home > 大学概要 > 学長メッセージ

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです